<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Waver at adore 2018.06.03

不思議なことだ。


いや、きっと、たまたまなんだろうと思う。



ガラケーにSMS着信のランプ。

「○月○日空けといてや」もしくは「○日空いてる?」というSMS。

大体、そんな時は、ボクは消沈している時が多かったりする。

送信元には"DJ RIGO君"の表示。


RIGO君との付き合いは、、、に関しては、この駄Blogでも
散々書いているので省略するが、よくよく考えたら、
所謂「大人」になってからRIGO君と出逢えたこと、そして、
今もこうして遊んでくれていることは、「不思議なこと」だと思う。


毎週のように逢う時もあれば、数か月逢わない時もある。
逢ったら逢ったで、とことん酒を酌み交わし、そこで産れる「たわいもない」話の中に、
相手の「現在の状況」を、そして「気持ち」をお互い読み取ろうとする。


そして、「そやな、もう1杯、呑もか」とニコリと笑う。


本来2年周期でやってくる群発頭痛が、今回は半年タームでやってきてしまった。
主治医からは、「シンヤスタさん、もうわかってますよね?」と
群発頭痛のトリガーとなるアルコール禁止の宣告を受ける。
さらに、今回は、いつもと違って、痛みのキツさ、
頭痛がやってくる時間もまばら・・・と、なかなか辛い。

そんな時に、RIGO君からのタイムテーブルが着信する。


きっと、たまたまなんだろうと思う。


Liveは、我がSmall Circle Of Friendsを筆頭に、
弟子にした覚えはないのに「師匠、師匠」と言ってくれる
マイメン・MC Glare君、そしてソフィやん。
DJ陣には、こちらは、ボクが勝手に師事して「師匠」としている
DJ Smokyee氏と、いつも逢えば、「よ、まいど!シンヤ君!」と
元気づけてくれる、Deejayも素晴らしいキヨっさん(KIYOSHI URANO)、
そして、ここに書ききれないほど、いつも顔を合わす加古川のお客さん達・・・


b0021026_12004457.jpg















【Waver at adore】


6/3(日)
14:00〜24:00
live 21:00〜

料金: 3000円w1d / 高校生以下無料
16時まで入場500円OFF: 2500円w1d
※再入場できます

Special ︎Guest Live
Small Circle of Friends

Guest DJ
まおち (from 黄昏サウンドクラブ)

Spot Live
MC GLARE
Sophie TOMOKO

DJs
JUN (VILE)
smokyee (Bounce)
KIYOSHI URANO (生SOUL)
Shinya☆sta (大人のHIPHOP独り言)
TAKASHI (Loooooooop!)
MATSUMOTO (虹色アパートメント)
&
DJ RIGO (Small Circle of Friends)

VJs
870 (Studio Coup)
TAKANE (春夏秋冬)
NISHI YUTAKA

------------------------------------------------------------------


場所は、今回、RIGO君が立ち上げた「adore」というお店。


Partyの面子、そこから繰り出される音楽、そして場所。
なんか、色々と完璧すぎて、その日がくるのが怖いくらい。


ありがとう、ありがとう。


これを励みに、色々と頑張れる。



「シンヤ君、いっつも、おおげさやなぁ~」と言いながら、
RIGO君は笑いながら酒を煽るだろう。


そして、「ホンマやねぇ、重いよねぇ~。」と言いながら、
ボクは笑いながら、お替りを頼むだろう。


by shinyasta | 2018-05-19 12:08 | MUSIC

SCHOOL OF TEMPLE VOL.9

マイメン・ゲンちゃん(aka Mic Genspool)がニコニコ超会議2018の
「テクノ法要」でポエトリー・リーディング的に「説教」をするというので、
入部したばかりのクラブ活動を終え、帰ってきた次女と昼飯を食べながら観る。


TARIKI ECHOのLiveもカッコ良かったけど、ゲンちゃんのポエトリー・リーディングの
の映像を観ながら、「嗚呼、ある程度、ゲンちゃんがやろうとしていることが、
こうやって形になってきているやろな。。。」って感じた。


いや、ゲンちゃん的には、全然まだまだ、満足していないのだろうけど。


数十年前から、ゲンちゃんのやろうとしている事は、変わっていないという事を
再確認できたようにも思う。

・・・


何度も、マイクを握るゲンちゃんを、後ろから(Deejayとして)眺めてきた。
特に、ゲンちゃんが、今でもなお、名乗っている"DOPETOURIST"名義で、
Liveをしている時のことを思い返すと、今回のポエトリー・リーディング説教を
観ていると感慨深かった。


"DOPETOURIST"は、新しい試みとして、それは良かったと思うけれども、
少し詰め込みすぎてた感があって、ゲンちゃんの伝えたいものが、
見えにくく(聴こえにくく)なっていたのかもしれない。


1MC + 2DJ + MPC + 生演奏


ゲンちゃんが袈裟を着て説法、MPCのビートに、ボク達DJが擦りとウワ物を、
そこにディジュリドゥがフリースタイルで絡んでくる。

イメージ的に言えば、アブストラクトHipHopやTrip HipHop系?位で、
やってることはJAZZっぽい、、、位しか当時、DOPETOURISTに参加させてもらってた
ボクは思っていた、浅はかだけど。

けど、ゲンちゃんは、もう1つ、いや2つも3つも前を見ていたんだろうな。


所謂、HipHopの当時のシーンに飽きていた我々からすれば、それが新鮮だったし、
我々が送り出すビート(それは、明らかに不協和音になっていても)を
乗りこなそうとしてくれていたゲンちゃんを見て、
つくづく「この人、Rapperやな」と独りごちていた。


今回の映像を観ていても、そう。


うん、今も、その"意志"は変わっていない。というか、進化してんじゃない?
カッコ良いよ、ゲンちゃん。


・・・・


そんなマイメン・ゲンちゃんの主催するTE LA SOUL "SCHOOL OF TEMPLE"が、
今年で9回目。



b0021026_23163809.jpg



























毎年、5月の最終土曜日に行われるから、もう9年目ってことですね。


1年に1回、津和野町妙壽寺に集合。


皆、仕事や家庭、その他諸々、日々の色々なモノを抱えつつも、
こうして集まれる"縁(えん)"と喜び。


津和野の人も、そうでない人も、老若男女入り交じり、皆で乾杯して、
踊って、酔っぱらって、美味しいもの食べて、語り合ったり。





そんな"桃源郷"に集まりましょうよ、今年も。



by shinyasta | 2018-05-01 22:51 | MUSIC