Party Time

b0021026_1632860.jpg
K社長・奥様の"誕生日シークレットParty"が、先週末。
家族でお呼ばれにいく・・・
場所は普段、Discoがガンガンにかかる有名なクラブ。
ドレスコードは
"白いものを身につけて"。




プレゼントは、長女からの花束一つ、あとは、僭越ながら、ボクのDJにて。
粋なお二人に、ボクが出来る事、選曲にて「おめでとうございます」を
表すくらいしかないもの。。。

ただ、招待しているお客さんも年齢層も色々、会場となっているクラブには
Discoを得意とするDJさんも居られるので、
AOR~'80POP~OLD SCHOOLHIPHOP~ブラック・コンテポラリーのような流れで。

当日、Party自体の段取りが「ぶっつけ本番」という事もあり、
なかなか盛り上げるタイミングが難しく、

シャカタク~ダフト・パンク~ホール&オーツ~山下達郎~大沢誉志幸

を、"自己流HIPHOP"な繋ぎを披露できなかったのが残念であるが、
まぁ、主役はK夫妻とお客様、それはどちらでもいい事。

DJが終わり、Partyの終焉を迎える時に、奥様へお祝いを述べに行くと、
全身ホワイトの奥様より、

「Shinya☆Staクン、ちゃんとお嫁ちゃんにサプライズしてあげてる?」と。


どきっ。


あ、考えたら、そう確かに、お祝いやらプレゼントなんかはやっているけど、
それで終らせてるかも知れない。。。
また、ある時は、どうしても二人の娘達の事を優先させてしまってたかも知れないね。
「いつも一緒に居てくれる」「帰りを待ってくれている」事を当たり前に考えてたかもしれない。
貴女が求めているものを、ちゃんと応えているかどうか、、、

b0021026_1655043.jpg



そんな妻の誕生日=建国記念日。











出来の悪い旦那から、貴女に送る一枚はコレです。



b0021026_1642458.jpg"Greatest Hits"
Bill Withers
( Columbia 1981)
このPartyでかけた"Just the Two of Us"は
K夫妻に捧げたのと同時に、貴女に贈ったつもり。
"クリスタルな恋人達"というカッコ悪い邦題は
置いておいてw



後半部の「朝がやってきて、朝日が見える時、あなたのそばにいる人でいたい」
ヒネりなしで、そのまんま貴女に贈るよ。

・・・てか、直接言えよぉ、、、って、何を今更、、、苦笑。


ありがとう、そしてこれからも"駄目でドンくさい"亭主をヨロシクたのみますわ。

そして、すばらしいご夫婦・K夫妻、この機会を与えていただき感謝します。
by shinyasta | 2008-02-13 12:10 | 日常


<< Hey LOVE Arrange >>