谷九

三菱タクシー千日前なんば方面から鶴橋に向かっての軽い登り坂。

谷町九丁目の交差点。

そこにカウンター5名だけ座れるタコ焼き屋があります。
元・和食の板前さんが作るたこ焼き。

大阪を拠点にしながらも、そのデザインは「かわいい」と「カッコいい」をMIXしたBAGを
作っているメーカーの代表取締役にして、我が心の兄貴・HIROさんと、
九州でLe-Minorの服を作っていいのは、このメーカーだけ!の営業にして、
新婚なのに「雑貨屋さんで働いている女の子が大好きな」T君達と。
(T君、おめでとう)

ボクも今日は、Le-Minorのボーダー(白xイエロー)を着て駆けつける。

アイコンは、オシャレ。

けど、呑んでいるのは「いいちこ」、食べているのは「たこ焼き」。

HIROさんもT君もオシャレだし、仕事(作っているモノ)もオシャレ。

けど、谷町九丁目というDopeゾーンでのベタベタな内容の会話と空気感と笑顔。


この「バランス」が大好きですw

b0021026_18123497.jpg













「スイーツが食べたいっ」っていうご要望にて、タコ焼き屋さんを出て、
一体「開店」してるのか「閉店」してるのか、わからないタイのニオイが
プンプンしている雑貨屋。

「カフェあります」という看板が。

はへ?

HIROさん、ニヤリ、店内へ。

店内では、ヘンプ100%で作った「カリマー」もびっくりなリュックをハケーン。


はい、HIROさん、ご名答。
案の定、そこの若い店員の男の子は目の焦点が合ってないまま、奥から這い出てくるwww


HIROさん「この辺で、あまぁーいモン、食べれるとこあるぅ?」

店員「は、は、はぁ・・・アレれす、"ババロア"がウ、ウマイィ、イン、インド人が経営しているカレー屋
が、その坂を下った処にあ、ありやす。。。」

ババロア、って(ゲラ
すでに、ブルーのワークシャツを着た店員さん、呂律まわっておらず。

HIROさん「えっ、もう一回、言うて、旨い?そこ?」

店員「あ、ボ、ボク、、、、ふぅ、、、カレーしか食べたこと、ないれす、、、ふぅ」

・・・・アカンで、こんな時間から、ホンマぁwwwwww

「カレー」と「ババロア」だって。


この「バランス」が大好きですw

ゲラゲラ笑いながら、店外へ。
目指すは、「ババロア」w

けど、歩けど歩けど、インド人経営のカレー屋でババロアを食わせてくれる店は見つからず。
どうやら、ボク達は、店員の彼の妄想に迷い込んだ模様ww

歩き疲れた一行は、スーツ姿のサラリーマンと見るからにセシルマクビーなミニタイトスカートの
イケイケのおねえちゃんが寄り添ってニコニコ話しながら、ラブホに入っていくのを見つめる。


九州男児・T君、興奮するww


「スーツ」と「イケイケ」


この「バランス」が大好きですw

脱力感いっぱいの一行は、タクシーで南船場に移動・・・。

いやはや、楽しく呑めました。大笑い連発でした。

恐るべし谷九。

みなさん、おおきにッ!
by shinyasta | 2006-05-31 12:28 | 日常


<< うまいパン屋のパンの耳は美味し... RAP 50 ALBUM >>