VINYL ANSWER LOSS

「VINYL ANSWER、わかった?」

問われたら、


「ほんの少しだけ。」と答えるかな、ボクは。


だって、そんなに簡単にわからないと思うよ、実際?

b0021026_21261521.jpg














DJ RIGOクン主催「VINYL ANSWER」。


DJ RIGOクンが集めた、この面子のDeeJayを聴いていてわかったのは、


「音楽好きの中でも、さらにレコード(VINYL)が好きな人間がかける
レコードの音は、ずっしりと重く(それは、とても心地良い重さ)、
それでいて耳には違和感なくスッーと入ってきて、これほど心を揺さぶるものなのか。」


ということ。


b0021026_21305345.jpg














DJ Smokyee師匠が、笑顔でボクの肩を引き寄せ、耳元で言う。

「やっぱり、その時代が乗っかってるな、音に、、、凄いなぁ、、、」


それは、後半戦のB2Bの出来事。


b0021026_21283730.jpg















マイメン・ゲンちゃん(aka DOPE TOURIST)からフクバさん(DJ FUKUBA)さんが
少し前のめり気味に(なぜなら、フクバさんは1曲を大切にするので、前のDJの曲も
最後の方までかけてから繋ぐから)繋いでいったY.M.Oを聴いた時。

ボクは思わず、両手・両足を上げて、飛び跳ねてしまった。
ほんと、「思わず」という表現がぴったりなほど、身体が反応してしまった。


b0021026_21292684.jpg















その音だけを聴こうと思えば、この時代、どんなツールでも聴けるし、
お金を出せば、素晴らしい音響システムも揃えられる。

CDでもiTuneでもYou Tubeでも。
マッキントッシュにJBL、LINNにLAXMAN、BOSEにTANNOY。


でも、今回の「VINYL ANSWER」の出演DJは、それぞれ、その人達の「何か」が
「音」に乗っかっていて、その人(=DJ)しか出せない「音」だったように思う。
それぞれ、そのDJでしか出せない「空気感」が、そこにあったように思う。


そして、それが「会話」するB2Bという世界・・・。


b0021026_21312077.jpg














b0021026_21302946.jpg















b0021026_21310613.jpg















その時代のツールで聴くから、より良いんだよ」とかいう話を、よく聞く。

それは、ごもっとも、同感である。
1970年代の音楽は、レコードで聴く方が深みがあるように思うし、
新譜はPCで聴く方がカッコ良かったりする。
(まぁ、新譜については、沢山のツールのある今、作り手の意図が大変大きいように思う)

ただ、そこには、当たり前だが、アーティストや制作の気持ち以外、「何も」乗っかっていない。

iTuneやマッキンのパワーアンプが、そこに「何か」を乗っけてかけてくれるわけではない。

現場に行くと、「何か」が乗っかった「音」が聴くことができる。
それは「想い」であったり、「生きてきた時代や経験」なのかも知れない。



レコードが好きで好きで、堪(たま)らない。



それが、「レコード」を通して、「音」として身体に入ってくる。


そして、そんな「音」を、フロアで踊っている皆に感じてもらえるDJになりたい、ボクも。

いや、その前に、この面子に肩を並べて、DJさせてもらえてること自体を喜ぶべき。


b0021026_21373453.jpg














あと、大事だな、と思ったのが、DJの「しぐさ」。


レコードをターンテーブルに乗せる、ヘッドホンでBPMを合わせる、
フロアを見渡す、ツマミを調整しながら徐々にフェーダーを動かす、
繋ぎ終わった方の針を上げる、レコードを取り上げBAGに直す、、、、


「VINYL ANSWER」出演DJは、全員それぞれ、それに「色気」があった。


それを眺めながら、酒を呑む、踊って、呑んで、笑って、呑んで・・・
フロアにユルい空気が流れる、皆で笑いあう。

それこそ、「現場にいる楽しさ」なんだなぁ、ということを実感できたPartyだった。


イヤホンからは感じることができない感覚が、そこには確実に存在する。

自分なりに、これからに活かせるであろう反省点もあり、
その楽しさ(と心地好さ)が後日に(これを書いている今も)引き摺ってしまうほど、
実りの多いPartyだった。
(それは、まさに"VINYL ANSWER LOSS"だ。)

b0021026_21390532.jpg














これも、マイメン・DJ RIGOクンとチカ先生が、素晴らしい面子でPartyをして
くれたおかげ。ほんま、サイコーやで、RIGOクン。

そして、今回、「VINYL ANSWER」の出演者の皆さんも有難うございました。
皆さんのDJ、Rap、VJを、ずっと聴いていたいし、観ていたいし、みんなで踊っていたい。
これからも。


あ、それはそうと、RIGOクン!

b0021026_21394998.jpg


 ”O.P.P (ROUGH RHODES MIX) "
Naughty By Nature
(TOMMY BOY/BIG LIFE 1991)









コレ、かけ忘れたやん、ボクら?大笑。



ついでに、TV SHOWの映像も良かったので。






by shinyasta | 2018-10-10 22:08 | 日常


VINYL ANSWER 20... >>