Small Curcle of Friends "波よせて - Waver - "


日曜日の夕方、Beerを横に、久々にブログを書いている。

自分の携帯電話は、相変わらずガラケーだし、Twitterは気まぐれ、
Facebookで人の子供の成長にも、さほど興味は湧かないし、
そんなに人が美味しいモノを食べたり、旅に出てようが、
それほど関心がないので、ほとんど開かない。
インスタにも、当然ながら、興味がない。

高校2年生になった長女、中学1年生になった次女は、
iPhoneやiPodで、SNSのチェックに追われる日々。


「必要性」


SNSをチェックするのが面倒臭い、というのが第一だけど、
歳を取るに従って、それほど、「情報が得たい」という気持ちが
少なくなってきているのか。

画面を見れば、溢れんばかりに情報が自動的に入ってくる、
こちらから求めなくても。


それは便利でもあり、厄介でもある。


自由に、そして気軽に「情報」を得ることができるし、
何か言いたければ、自由に自分から「発信」もできる。


ふと、このBlogを始めた頃のことを考える。




Blogで「発信」することで、HipHopって、こんなに楽しい文化なんだよ!
レコードって素晴らしいよ!Deejayって楽しいよ!Clubって、全然怖くないよ!
なんてことを、このBlogを通して、伝えたかったんだと思う。

HipHopは、若者だけのモノじゃないんだ、ってつもりで「大人の~」と
いうBlog名にしたように思うし、その頃、WEBにも今ほど情報が無かったように思う。



やがて、月日は流れ、HipHopは、完全に市民権を得て、
連日、RapやR&Bはヒットチャートを賑わし、誰からも
「HipHopってさぁ~」って話題が、当然のように出てくる世の中。


WEBで調べれば、すぐに何でもわかるし、最新のPVも見れるし、音も聴ける。

特に自分が書く「必要性」を見い出せないし、「書きたい」「伝えたい」という
欲求も無く、やがて更新も怠りがちになっていった。。。


ただ、Blogを始めたことで、自分の世界が広がったのは事実。

もし、Blogを始めていなかったら、今では親友と呼べる皆には逢えていなかった
のだから・・・そういう意味では、SNSというものには感謝をしなければいけない。



・・・



久しぶり「あ、、、、Blog更新してみっかな、、、」と思ったのは、
やっぱり、この人達の音楽とレコードでした。


b0021026_22564401.jpg

"波よせて - Waver -"
(75records 2018)











実は、ずいぶん前に、隣で呑んでるアズマさんから「7inchやるんですよ」って
ことを聞いて、お酒を吹きそうになったのを覚えてる。


「いやはや、コレは、エライことになるんちゃうか(めちゃくちゃ売れるんちゃうんか)・・・」


と、ラムを呑みながら思ったのも、甦ってくる。


案の定、この7inchの発売以降、SNSで拝見していても、お二人は、とてもお忙しいようで、
ファンとしては、何とも嬉しい限り。
でも、どうぞお身体、無理なきよう・・・と思うだけ。

そして、ファンにとっては嬉しいセルフライナーが、こちら↓で見れます。



このセルフライナーが、また、とっても良い。

毎年、何度かアズマさんやサツキさんと(ほぼ強引に)お話しさせて頂いたり、
(ほぼ強引に)ご飯食べたり、(完全強引に)呑んだりしてる時に、
いつも感じていた「?」が、このライナーを通して、「なるほどなぁ」と腑に落ちた感じがした。




"そのあいだ、私たちはずっと不思議な気分でした。
自分たちでは、その曲だけを特別にアピールしているわけでもな
いのに、聴いた人たちはそれぞれに「大事な曲」としていろんな
想いをこの『波よせて』に持っている。たまにそんな「想い」に
圧倒される時もあるのです。"




まぁ、私も、他のファンの方々に漏れず、ご本人目の前に失礼極まりなく、
想いを伝えていますが、時折、お二人とも「ポカーン」とされているなぁ、、、
と思ってたんです(←これは、これで失礼な言い方なのですが)。

そりゃそうです、ファンの1人が「あの曲のココが好きー、この曲のココが好きー」
と言った処で、お二人からすれば、"その曲だけを特別にアピールしているわけでもな
い"んですもの。あと、ボクが言っていることが、ズレてる場合も多いでしょうが。


"波よせて"、それはとても心地よい曲で、大好きです。
Liveでは、"Fancy Free" "NEVER NEVER LAND""夕焼けの歌"などに並んで、
観客が大合唱、いや、場所によっては、"波よせて"が一番、みんなが歌っているかも知れない。
ウチは、家族全員、ライムを覚えています。

でも、実は、ボクが"波よせて"より好きなのは、ライナーにも書かれている
"Platform5"のリード曲の"Love Potion No.5"だったり、
"Sittin' on the Fence(Back to 1993)"だったりもするわけです。

皆さんが"波よせて"に対する「想い」と同じように、
ボクにも、それらの曲に「想い」があるわけで。


b0021026_23045575.jpg
















自宅で散々酔っぱらって、ターンテーブルにはスモサのレコード、
スモサ論を吹っかける私に、妻は、こう言います。


「昔の話が多いね・・・私は、今のスモサが、いつも一番好きやけどね。」


これには、参りました。

いや、私も今のスモサが大好きですし、最近の曲では「とけい」を何度も繰り返し
聴いたりしてますよ。

でも、スモサを語ってる時、サラッと、こういう事をいう妻の方が
もしかしたら、ファンの本筋なのかもしれない、と。。。

今回、もし、7inch目的で入手をされた方や、
「"波よせて"は聴いたことがあるし、好きだけど・・・他にどんな曲あったっけ?」
という方などがおられましたら、これを機会に、是非、Small Circle of Friendsの
"波よせて"以外の曲も聴いてみて下さい。

何かの節目の時、良いことがあった時、逆に嫌なことがあった時。

是非、Small Circle of Friendsの曲を聴いてみてください。
きっと、今の貴方にとって、"波よせて"と同じような名曲と巡り合えるはずです。



あれ、また、なんか論点ズレてる?酔っぱらってるか、って?


ええ、酔っぱらってますよ。



酔っ払いついでに、"Sittin' on the Fence”の2018年Ver.を聴きたいんです、とか言っとく。



by shinyasta | 2018-04-22 23:16 | MUSIC


<< SCHOOL OF TEMPL... SCHOOL OF TEMPL... >>