Phife Dawg

b0021026_13421642.jpg


皆さんと同様、ボクにとっても「青春」だったPhife Dawg(Malik Isaac Taylor)が亡くなった、
という事を知ったのは、何年か振りに風邪を引いて寝込んでしまった翌日だった。

20歳前半の頃、ボクのHipHop熱を加速させてくれたことに間違えないA Tribe Called Quest。
新婚旅行では、彼らのPV撮影場所を、さして興味がないであろう妻を引き連れて訪れたほど。

ATCQと云えば、やはりQ氏の声やフロウに惹きつけられる、それは当時のボクもそうであった。
しかし、後に、ATCQを聴けば聴くほど、Phifeの少し舌足らずで捲くし立てるようなRapが
あったからこそ、Q氏も、そしてAliやDillaのトラックも映えているんだ、という事を思い知らされる。


ねぇ、よく考えてみて。

ClubでATCQの"Check The Ryime"が大音量でかかった時の事を。




Q氏のバースが終わり、"You on point Phife?" "All the time, tip."の掛け合いの後。


"Now here's a funky introduction of how nice I am.

 Tell your mother, tell your father, send a telegram."


あの声とフロウでの、このバースの入り方、、、
ボクは人目を憚らず、思わず踊りながら、このバースを大声で叫んでしまう。

いわんや、このバースをサンプリングしてループしてるWorld Renownの
"How Nice I Am"なんて、発狂するをや。




これを機会にATCQを振り返って「名曲が~、あの時が~」は、すでに色々な方が
語っているし、素晴らしいTribute MixもUpされているので、それはそちらにお任せすることにして、
ココでは、ボクなりのPhifeへの想いを。


b0021026_13424872.jpg"If Men Are Dogs
(Then What Are You)"
Phife Dawg
(Hong Kong Recordings
unknown)

Twitterでも呟いた謎の
レーベルもの。

どうなんだろ、2000年より前、ATCQの5thのアルバム前後だったような記憶があって、
ATCQの3人それぞれ自分達の道を探しはじめていた頃だったような気が。

Q氏が独自のラインで走り出していた頃に、レコ屋の新譜コーナーにあって、
「ブート臭いなぁ・・・でも、まぁ、最近はブートっぽい正規みたいのも
多いし、何よりATCQ絡みは買っとかないとねぇー」と軽い感じで購入した1枚。
家に帰って、針を落とした瞬間から「あー、(Q氏より)コッチの方が気持ち良いわ・・・」。
それから、繰り返し繰り返し聴いたし、Deejayの時にはかけてた。
それは、当然ながら、今も変わりない。

なんでもb/wの"Brooklyn Queens Allstars"の方は、Dilla作品のようで、
評価も高いようだけど、ボクは、この少し甘い、そしてATCQの5thアルバムでも
感じられる「儚さ」がある、この曲の方が大好きなんです。




b0021026_13445595.jpg"Artical"
Whitey DON
(JIVE 1995)

2009年8月の当方・
駄Blogにもエントリーを
しているけど、再エントリーを。

だって、少しラガなフロウを見せるPhifeと、このPVでの楽しそうなPhifeは、
どうしても思い浮かんでしまうんだもの。
そうです、このフードの被り方、追悼を込めて、みんなで真似しましょうね、ねぇ?
(↑ 7年前と何も変わらない発想。苦笑。)




こうやって、今、声を聴くだけで元気が出てくる。

b0021026_134632100.jpg

そう、自分にとって声だけでアガるラッパーって、どれほどいるのだろう?と考えてみる。

Phife、ありがとう。

闘病、辛かったでしょう、どうぞゆっくりして下さい。

どうぞ、むこうでDillaと再会して楽しんで下さい。

ボクは、この世で、これからも貴方のRapを聴き続けます。

b0021026_13473640.jpg

# by shinyasta | 2016-03-27 13:52 | MUSIC

DJ RIGO 20th Anniversary

RIGO君、DJ20周年おめでとう。

b0021026_1052492.jpg

DJに加えて、地元・加古川の音楽を中心としたカルチャーの発展の為に、
尽力を尽くしてきた結果、加古川だけでなく、リゴ君の周りにいる人達を
「楽しく」「幸せ」にしてきた20年だと思います。

その約半分位の付き合いになるのかな、RIGO君とは。。。早いよねぇ。

b0021026_1057323.jpg

加古川~大阪と離れているけど、常に「一緒に」いる感覚というか、
それは、言葉にしちゃうと気持ち悪いのだけど、どんなタイミングで逢っても、
なんかもう、すでに「家族的」というか、とにかく楽しいし、安心する。

ボクの持病"群発頭痛"で、ボク達共通の大親友「お酒」を酌み交わすことはできず、
ノン・アルコールでのPartyだったんだけど、RIGO君に縁のあるDeejay陣や
ボク達を引き合わせてくれた我がSmall Circle Of FriendsのLiveに
加古川の皆に混ぜてもらって揺れながら、そして笑い合いながら、
RIGO君と出逢ってからの事を色々と思い出しながら、
Party中、ずっと心の中で感謝してました。

しかし、まぁ、スモサのLive Deejay中のアナタの嬉しそうな顔といったら!大笑。

b0021026_10535922.jpg

そう、その表情が、皆を幸せにするんです。

b0021026_1054232.jpg"JUNGLE HITS VOLUME 1"
(street TUFF 1994)
今回のPartyには、光栄にも
RIGO君からDeejayのオファーを
頂いて、「何かけようかなぁ」
と思って、まず最初に思い
ついたのがJUNGLE。

もっとRIGO君が好きそうな曲をかければ良かったんだけど、
加古川・姫路勢の強靭なDeejay達に、それはお任せして、せっかくオファーしてくれたんだから、
ボクが、今、一番好きなモノをかけるのが、RIGO君に対しての礼儀かな、なんて。
そもそも、RIGO君が初めてボクのDeejayを聴いてくれた時もハチャメチャだったし(苦笑)、
それでも、こうして付き合ってくれる幅広い"受け皿"に、またまた甘えちゃった形に
なっちゃったけどね。。。

このコンピからは、UK Apachi/Shy FX "Original Nuttah"と
M.Beat feat.General Levy"Incredible"を。
ドラムンじゃないんだよね、Jungleなんだよ、ジャ・ン・グ・ル!笑。





まぁ、「コンピ、かけとんかいっ!(12inchで持ってないんかいっ!)」ってツッコミが入りそうですが、
いやいや、この頃のコンピ、当時はバカにしててスルーしてたクチなんですが、
結構、重要曲が入ってたりして、今なんかは要チェッキかもしれません。
CDなんかでは、105円常連組ですし、お試しあれw

もとい、うーん、伝えにくいんだけど、この楽しさ、というかPeace加減と、その中に潜む"黒さ"が、
なんとなくボクの中ではRIGO君に通じるんだよなぁ。。。

てなわけで、RIGO君、ありがとう。
そして、愛して・ま、、、いや、違った、これからも一緒に遊んでなっ!
(*残念ながら、二人とも根っからの女性好きで、男色ではありませんので悪しからずw)

b0021026_10545414.jpg
# by shinyasta | 2015-10-23 11:05 | 日常

SCHOOL OF TEMPLE 2015 Flyer

b0021026_1722378.jpg

(viva @Novoiski)

明後日です。

乾杯しましょう。

楽しみましょう。
# by shinyasta | 2015-05-28 17:06 | MUSIC

Before SCHOOL OF TEMPLE 2015

もうそろそろ選曲をしないといけないんですが、
まだ全く思い浮かんでいません...

今年で6回目になる「SCHOOL OF TEMPLE(SOT)」。

b0021026_12491028.jpg

年々、進化し続けてるPartyで、昨年は、本当に盛り上がりました。
(昨年の様子はコチラ → "After School Of Temple 2014")

アレもコレもかけたい!それで、みんなに踊ってもらいたい!
そんな欲張りなことを考えているから、いつまで経っても選曲が決まらない。苦笑。

選曲する時って、やっぱりお客さんの層とかParty自体のコンセプト、
あと共演するDeejayの事なんかを考えるんだけど、この"SOT"は、
ボクにとっては、そのどれもが"良い意味で”高度なんです。笑。

でも、その分、皆さんの表情や今までのPartyの雰囲気を思い出したりしながら
「ナニかけよっかなー」って、レコードを選んでいる楽しさを貰っているように思います。
オーガナイザーのゲンちゃん(aka MIC GENSPOOL/Dope Tourist)をはじめ、
津和野の皆さんには、本当に感謝しています。

まぁ、考え抜いた挙句、結局は、「今の自分の心に一番引っかかってる曲をかける」というのが、
その感謝に対するお返しになるのかも、なんて事を思ったりしています。

いや、しかし、このParty、本当に都市部や大きな野外フェスでは味わえない温かみが味わえます。
演者側も、それを味わいたくて、全国から集まってるようなもの。
是非、機会があれば、乾杯しましょう。


b0021026_12494781.jpg"SUICIDER MURDER"
BOUNTY KILLER
feat.JERU
(Massive B 1995)
本当は、'93年に出てる
FUNKMASTER FLEXの
"DOPE ON PLASTIC"を
UPしようと思っていたのですが、
動画が見つからないので、
同じMASSIVE Bから出てる
コイツを。

ちょっと最近、RAGGA続きですが・・・w
以前、今回も共演できるコウちゃん(aka Nylonizm)がウチに来たときにも、
この辺の話してたよなぁ、、、なんてのも思い出しつつ。

序盤、Blahzay Blahzayの"Danger"、Wuの"Ice Cream"ネタにBOUNTY KILLER、
そして、feat.のJeru The Damaja(!)が乗っかるだけでもアガるんですが、
後半では、KRS先生の"Rappaz R N Dainja"ネタにてJeruがRapするパートが
あったりして、俗にいう"追い込み系"、アガらずにはいられない代物。
さらに「Produced and Arranged by Blahzay Blahzay」(!!)なんて
クレジットされていて、B-BOY歓喜間違いなしの代物。
そう、紹介しようと前述しているFUNKMASTER FLEXも、クレジットを見ると、
「Co-Prod.&Mix by Salaam Remi」なんかも書いていて、この頃のMASSIVE B、
というより、HipHopサイドとの良い関わりを感じる事ができますね。




b0021026_12501080.jpg"RISE"
HERB ALPERT
(A&M 1979)
というわけで、
ちょっと方向転換。
所謂、ネタ物です。
聴いてもらうと、
一発でわかると思いますが、
そうです、MONICAなんかにも
使われていましたけど、
やっぱり、そうNotorious big
"HYPNOTIZE"ですよね。

「ああ、やっぱり原曲は良いなぁ」なんてのは、ここでも何度も書いちゃってるし、
まぁ、当たり前やん・・・的に思われると思いますが、何度も繰り返しで聴いてみるほど、
このNotorious bigの曲も、本当によく出来てるなぁ・・ビギーの曲だもの、
それもまた当たり前なのかも知れませんが。。。

そのサンプリングの仕方もそうだし、腰をクネクネしちゃうBPMとフックの作り方、
それに乗っかるビギーのフロウに声質、、、なるほど、この頃のBAD BOYは売れたわけだわ、
なんて、当時、「売れてる=コアじゃない」なんて浅はかな考えだった自分を恥じるわけです。苦笑。



このNotorious bigの方のPV、なんか安っぽい映画仕立てで、何か面白いです。
中盤、パフィとノートリアスがW124のカブリオレをバックで追っ手から逃れる処なんか
ニヤリとしてしまいますね。笑。

でも、SOTを控えた今の"ノリ"で云えば、原曲のPVの"ノリ"が合ってるような気がします。



2:23~の海辺での"ノリ"なんか、最高ですよね。苦笑。

こんな感じで、今年のSOTは逝けたら面白そうw
# by shinyasta | 2015-05-12 12:54 | MUSIC

As Them Talk

気がつけば、4月も終わり。
案の定、Blogのエントリーをサボっております。苦笑。

しかし、よい天気が続きますね。本当に気持ちイイ。

b0021026_1191566.jpg"As Them Talk"
Nubian Crackers
Featuring Don-T
(Big Beat 1993)
「気持ちよい天気=RAGGA」
っていうのは安易で、夏に想いを
馳せながら冬に聴くラガも好き
なんですが、まぁ、聴きたくなる
ものは仕方がない。笑。

さらに、RAGGA HIPHOPって、20年前位は、本当に大嫌いで、
「なにHIPHOP(のビート)をパクってんだよ!」って、
基本サンプリングミュージックのHIPHOPを差し置いて、
それをパクられると気分悪いという、まるでジャイアンの
「お前のモノはオレのもの、オレのモノはオレのもの」的な
狭い了見で判断していた自分が恥ずかしくもあり、
逆に、やっと、その洒落っ気がわかる歳になったようにも思います(←遅い)。

というわけで、NUBIAN CRACKERSのラガ。
NUBIAN CRACKERSというと、あの「ドレッドのお兄ちゃん」のイラストがトレード・マークで、
当時は、必ず、DJ BAGに忍ばせておいて、ダンサーの方々がフロアに増えてきた時に、
よくかけていたし、いざかけると、Beer片手に女のコを口説いていたダンサーが、
フロアに目掛けて一目散に来てくれたりして、楽しかった思い出があって、
まさに、どのビートも「キラー・チューン(恥)」なイメージがありました。

んで、本作なんて、考えてみれば、基本"The Bridge"ネタだから、結局マリー・マールが
ブッ太いって事じゃないの?なんて思っちゃいますが、NUBIAN CRACKERSらしいブレイクや
差し替え、そこにRAGGAを乗せたりする、その「組み立て」=「ブッ太い」って事なのかなぁ、
なんて今になると思えるし、そういう組み立て方がダンサーの方々が好む1つの理由なのかな、
なんて事を思うんですよね。



さらに、今の気分でいうと、同収録の"Nubian Crackamuffin Mix"がカッコ良いのだけど、
UPされてないので、今回は残念ながら割愛させて頂きます、、、

b0021026_1193865.jpg"Dem A Murderer"
Red Fox
(Elektra 1993)
もう、これなんて、大嫌いな
部類の典型でしたね。苦笑。
でも、今なんか、好んで
聴いちゃってるんですもんね、
本当に節操ない。。。

先のNUBIAN CRACKESもそうですが、1993産のNYCのRAGGA物って、丁度、
RAGGA HIPHOPが少しキテた年だったと思いますが、良作が多いような気がします。

ProduceにはMassive B Sound Productins(!)からBobby Konders、
レコーディングはD&D Studio(!!)だし、エンジニアには、あのEddie Sancho(!!!)だもん、
そりゃ、ブッ太くなりますわなぁ、、、


あと、ボクなんかは、そのProducer名を聞くと、Hard 2 ObtanとDelに結びつけちゃうんだけど、
その辺りがお好きな方には、お好きじゃないかしら、このSD50のRemix。


全然、関係ないですけど、最近、クルマではJungle/ドラムンを聴いているんですが、
そのJungleにも本作にも、頻繁に出てくる「ギャングスタ」っていうフレーズを、
今になって気に入ってるアラフォーの子持ちのオッサン、、、終わってますね。苦笑。
# by shinyasta | 2015-04-30 11:19 | MUSIC