<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Paper Moon 

ムシ暑いですね。

ムシムシムシムシ...

あー、暑っ...

こういう時って、レコードの買い方も、
そして朝イチにターンテーブルに乗っける
レコードも、どうしても「涼しげ」なモノを選んでしまいますよね。

クーラーをガンガンに効かせて、
氷を「カランカラン」いわせながら呑むアイス・レモンティー。

b0021026_11381017.jpg"Paper Moon"
大橋純子
(PHILIPS 1976)
相変わらず、和製AOR的な、
というかシティ・ポップって
いうのでしょうか・・・
そーゆー辺りをせっせと
買っている感じで。

ここでも石川セリさんなどもご紹介させていただいていますが、
この大橋純子さんの歌の上手さといったら!
その名前を聞いて「たそがれマイラブ」や「シルエット・ロマンス」を
思い浮かべちゃう大橋純子さんは北海道産まれ。

札幌の女子大を出た後は、ラジオのディスクジョッキーもしていた事もあるそうで。
ライナーに書かれている「ふだんは何を聴いているの?」という質問に対しても
「マレーナ・ショウはひと頃、一日中聴いてたけど・・・最近はナタリー・コール、
リンダ・ルイスが気に入っているの」というコメントがあるように、
何となく「黒っぽい」感じが全体に醸し出されているアルバムだと思います。

A面1曲目の"愛の祈り(Still A Boy)"で「しなやかに、しっとりと」歌い上げると
思えば、A面5曲目"心に住めない女"ではキャロル・キング的な歌い回し、
アルバム表題になっている"ペイパー・ムーン"では疾走感溢れる曲を乗りこなす。
というか、この声が持っている「安心感」と「爽涼感」が、全てなのかも
知れませんね。

残念ながら、上記している曲の音源がUPされてなく、唯一上がっていた
B面5曲目の"ジョーク"という曲を。
十二分に大橋純子さんの歌唱力がわかる曲だと思います。




b0021026_11385854.jpg"沙浪夢(SHALOM)"
大橋純子
&美乃家セントラル・
 ステイション
(PHILIPS 1978)
前述の「たそがれマイラブ」
が大ヒットしたのが、
丁度'78年という事なので、
そのちょっと前に、
美乃家セントラル・
スティション名義で出た
アルバムがコレ。

この名義では、本アルバムより2作前(通算では5枚ほど出ているようです)の
"RAINBOW"というアルバムが非常に評価が高いようですが、
アルバム・ジャケからわかるように、非常に「夏らしい」曲が満載、
ファンク・バンド的な黒さもありつつ、南国系音楽もスパイス的に
挿入されていたりして、今聴いても非常に楽しく「涼しい」アルバム。

・・・しかし、大橋純子さん、何故、バナナを抱えてるんだろうか、、、

ま、それは良しとして、A面4曲目"Soul Trainまっしぐら”(←名前がイイw)や
B面3曲目"Star-light Train"なんて、ブレイク満載で、トラック・メイカーで
なくてもループしたり刻んだりしたくなっちゃうんじゃないでしょうか。
このセントラル・ステイション、かなりファンク・バンドを意識してたのでは
ないかな、と聴いていてニヤニヤしながら推測を楽しむなんてのも1つです。
勿論、曲名からしてニヤニヤできる"Summer Dreamin'"なんてのも、
AOR的な楽しみもできますし、"(I'm)Just Fallin' In Love"なんて、
SalSoul的な要素もあるんじゃないかと思っちゃう位の出来栄え。
この時代に、コレやっちゃっているとか、ただ純粋に感服しちゃいます。。。

残念ながら、このアルバムの音源も全然UPされておられませんので、
ご紹介できないのですが、機会があれば手に取っていただければ、と思います。
by shinyasta | 2013-08-06 12:00 | MUSIC