<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Let it go

Rapの魅力って、俗に言う"哀愁系"というのがある。
哀しげなピアノやフルートのループに、
自己完結的な、悪く言えば自己反省会のようなライムが乗っかる。
ライムの気持ちはとてもわかるし、その気持ちを代弁するような
ひっそりと佇みながらも力強いトラック。

もちろん、ボクも好きなクチだし、よく聴いている方だと思う。
最近の流れで云えば、この哀愁系、ともすれば"やる気無さげ系"を
よく耳にするような気がする。
元々、日本人は、この"哀愁系"というものが好きだろうし、
「どう?オレ、こんなに哀しいんだぜ、でも、そんなオレもカッコいいだろ?」
って処も、わからないわけでもない。
でも、最近のソレには、その先に「諦め」に似た退廃的な音やライムを感じたりする。
「どの政党に1票投じても、なんも変わらないんじゃない?」的な。

「どうせ何やったって、無理っしょ?だから、自分の好きにやるわ。」
それは、それでイイんだろうけど・・・と個人的には思う。
けど、最近の色々な情勢やニュースを見ていると、
「なんだかなぁ、、、」という気持ちが沸々と湧き上ってくるのも事実。


b0021026_1714959.jpg" Prime Kuts Volume 2"
Various Artists
(BCM Records 1990)
そんな感じからか、ここ何日か、
OLD~MIDDLE SCHOOLを
中心に聴いている。
何故なら、そこには、
"Power"を感じるから。
"元気"が出てくるから。



フロアでは「快楽主義」的な使い方をされてる感も否めないが、
やはり、そこには差別や貧困に立ち向かっていくブラック特有の
"Power"と"誇り"がキックとスネア1つ1つに埋め込まれていて、
ライムにもネタの回し方にしても詰まっている感じが。
ただブラックに対しても憧れから、そう感じるだけじゃないような気がする。
ましてや、「オレ、怖いだろ?」=「ギャングスタ憧れ」ではないのは、
HIPHOPファンの諸兄には、お判りだと思います。

まぁ、ここで懐古的にOLD~MIDDLE SCHOOL HIPHOP讃歌を披露するつもりでもなく、
興味を持っていただけたなら、色々聴いてみて下さい、という位でご紹介を。

手っ取り早く聴く方法としては、コンピレーションやMIXを入手するというのは
非常に有効だと思います。
中には「なんで、こんな組み合わせなの?」っていうのも存在しますが、
この"PRIME KUTS"シリーズはSnoop以前の西海岸勢を中心に、
世界中にRapを広めていった良盤だと思います。

初っ端には、デヴィト・ボウイ「FAME」ネタにCHICAGO GANGSTERS声ネタが乗っかる
一度は聴いた事があるTODDY TEE featuring MIXMASTER SPADE
"GANGSTER BOOIGIE"で幕開け。
そしてDJ.Pooh絡み、そのスカスカ感こそ当時の空気感・KING TEE"THE COOLIST"、
チープ感満載ながら何度かやってくるブレイクでニヤリしてしまうKOOL ROCK JAY & DJ SLICE
"IT'S ABOUT TIME"、 James Brown"Hot Pants"のカウントから始まる「ほんわかGroove」な
Dezo Daz "It's My Turn"、DJマグスが在籍していた7A3の"7A3 WILL ROCK YOU"は
ご存知・QUEEN "WE WILL ROCK"ネタ、紅一点(いや二点か?w)で可愛いフロウを
カマしてくれるTHE MISTRESS & DJ MADAME E"Let it go"、
その他ICE CUBEや2 LIVE CREWなども収録。
エレクトロのような、マイアミのような、、、あまり西も東もなく、
ユルいけど、”勢い”を感じる時代の音こそ、モヤモヤした現代にピッタリくるように思うんです。






比較的、安価で入手しやすいと思いますので、
手に取っていただければ、と思います。
by shinyasta | 2012-11-29 17:19 | MUSIC

TUNG TWISTA

b0021026_15261749.jpgMR.TUNG TWISTA
TUNG TWISTA
(Zoo Entertainment 1991)
同郷の蟹江・西さんが絶頂期
2004年に全面プロデュース
したアルバム"Kamikaze"が
ビルボードでチャート1位、
その後、ロッカフェラとも
契約した"早口Rap"と云えば、
この人、Twistaのデビュー
シングルが本曲。


TUNG TWISTAとは「ねじれた舌」という意味らしく、
1997年までは、この名で通していたようです。

そう考えると、売れるまで年数がかかってて、
仲の良いDo Or Dieなんかを引き連れてレーベルを立ち上げたり、
結構、苦労人であり、また人の良さも滲み出てるラッパーの1人だとも云えます。
マシンガンのような"早口Rap"によって、独特のフロウが産まれてくるんですが、
それが逆に仇となり、ずっと聴いているのが辛くなってしまう一面も。
だけに、Feat.な仕事が多かったりもするのですが、Twistaの場合は、
Rapのスピードの調整が上手いというか、そのトラックの雰囲気や、
自分の役割をしっかり解ってRapしている感があります。

本曲においては、デビューという事もあって、元気一杯、
New Schoolの典型的な楽しいRapになっていて、
ハネたトラックにTwistaのフロウもバッチリ。
フロアで思わず、ピョンピョン飛び跳ねたくなっちゃいます。
KMDやY.B.T、UMC'S辺りとの相性も良さげですよねぇ。




b0021026_15264664.jpg"KEEP ON MOVIN'"
HOSTYLE
(Ligosa Records 1989)
さて、思わずピョンピョン
飛び跳ねたくなって、
思わず手に持ってる酒を
バシャーンと溢してしまう
曲と云えば、Uptownの
"DOPE ON PLASTIC"なんかが
ボクの場合そうなんですが、
この曲も同等クラスです。
苦笑。


1989年と云えば、Middle Schoolだっ!ゴールデン・エラだっ!なんつって
云われるんですが、実際は、本Blogでも何度か書かせてもらっている通り、
混沌としている時代だったので、言わずもがな、本曲のA面"SHE'S SO FINE"
なんかにはHip House Remixなんかも収録されています。
なんで、本曲が収録されているアルバム・ジャケも、KID N PLAYのような
ヘアスタイルの2人がカーディガンのペアルックみたいな感じで、
一瞬、こんな男気汁タラタラの本気印な曲が挿入されているとは思わないから、
レコード選びは止められない、ってことなんですよねー。笑。



本曲はWILSON PICKETT "ENGINE NUMBER #9"使いというのもあるので、
そちらもUpしておきMass!


by shinyasta | 2012-11-20 15:26 | MUSIC

TELL ME THAT YOU WAIT

"TELL ME THAT YOU WAIT"
b0021026_9584622.jpgCULTURE BEAT
(epic sony 1991)
云わずの名盤"Horizon"には
Rigoクンも大好きな"I LIKE YOU"
も収録されていますが(苦笑)、
本曲も非常にCULTURE BEAT
らしい1曲です。


Nomadや昔のColdcutなんかにも漂うのは、80年代後半にUKで産まれた
グラウンド・ビートな要素が入ってるからなんじゃないかな、とも思います。
MTVにて洋楽Popsにのめり込んだボクらの世代には、
この辺りの音が衝撃的だったわけで、凄く"洗練されたモノ"として
身体全体に刷り込まれているようです。
ちょうどRUN DMCやビースティやL.LなどのDef Jam勢によって、
Rapが市民権を得てきて、それに呼応するように
UKでは"リズム&ブルース"としても広義の意味を持つ
グラウンド・ビートにRapや歌を乗せていったら、
こんなにオシャレになっちゃったみたいな。
得てして、グラウンド・ビート系に乗るRapや歌って聴いていて
凄く上手なものが多く、聴いている側としても気持ち良いんですよね。
本曲のフックなんて、思わず一緒に口づさんでしまいますw

あ、書いていて思いましたけど、皆に嫌われてる感があるPM DAWNを
ボクが嫌いになれないのは、この要素があるからかも知れません。苦笑。

↓残念ながら音源は"埋め込み不可"の為、貼り付けておきます。
 クリックしてみて下さい。

Culture Beat - Tell Me That You Wait (First Class Mix) ´91

... よしっ!埋め込み不可なら、リゴ君の好きな"I LIKE YOU"の方をUpしてやるww
(こっちは、全然グラウンド・ビート的ではないけど。苦笑)





b0021026_959778.jpgDave & Kwame (Gimme Dat Girl)
Redhead Kingpin & The F.B.I.
(Virgin 1991)
"IT'S A LOVE THANG"のb/wに
収録されている本曲。
このアーティストに関しては、
以前にも当BlogでもNJS的な感じで
ご紹介させていただきましたが、
本曲は、どちらかというと、
ミドルスクールな印象。



本当に、この頃というのは"混沌"という言葉が似合うと思います。
前述のグラウンド・ビートからAcid Jazz、Jazz Funk、R&B、House、RAP...
さらに、それが混ぜ合わさったようなHip HouseなんてものやNJSなんて
色々な狭義な枠組みができてましたけど、当時、聴いている我々としては、
それがわからず、"Clubでかかってた曲"、"カッコいい兄ちゃんや姐ちゃんが
踊っている曲"という認識でしかなかったし、そういう意味では、
ちゃんと"ダンス・ミュージック"として聴いていたのかも知れません。

本曲にしてもそうですが、この人達のネタ選びって、
いつもHIPHOPサイドの観点を持っていて、今回はJ.B.'Sを使ったり
してるし、フレーズにしてもHipHopよりなモノが多いので、
普通に、ミドルのRap勢に混ぜて掛けたりしても良さそうですよねぇ。



こうして、1か月に1回位は、この頃の音を聴きたくなっちゃうんですよね。苦笑
by shinyasta | 2012-11-13 10:00 | MUSIC