<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

The 40th Chamber

振り返ってみると、30歳代は、色々と勉強をした年代だった。
色々と苦しい事や嫌な事もあったけど、その分、楽しい事も一杯あった。
人を傷つけ、また傷つけられたりもした。

ある程度、30歳代になって、色々な事ができるようになって、
それに伴なって責任も増えていき、その責任のプレッシャーを跳ね除ける方法を模索した。
やがて、自分の力を過信する。
自分の周りにいてくれる人達の支えによって、それができていたにもかかわらず。。。

30歳後半になって、やっとボンヤリと、大切な事が見えてきたように思う。

でも、まだまだ。

22日で40歳になりました。

b0021026_5354888.jpg












まずは、こうして四十路を迎えられた事に、素直に感謝します。

そして、何より、こうしてまわりにいてくれる人達に心から感謝します。

ありがとうございます。


さて、そんな気分で迎えた四十路、
FBにてマイメン あ・基準氏がUpしていたPVが、
ちょうど今の気分にピッタリだったので。

ボクも四十路に"Knock Knock"です。





皆様、これからもよろしくお願いします。


さて、週末5/26(土)には、前エントリー通り、津和野です。
ブチかましますので、みんなで笑って踊りましょう!
by shinyasta | 2012-05-24 12:00 | 日常

ECD and SCHOOL OF TEMPLE 2012

5月5日に、前エントリーの通り、ECDさんのワンマンLiveの
アフターPartyでDeejayする機会に恵まれたんですが、
その前に、勿論、特に大阪ではなかなか見れないワンマンLiveを拝聴しにいく。

b0021026_6582533.jpg












ECDさんのLiveを見るのも、かなり久々。
けど、前より、全然パワフルに感じた。
今回、「ワンマンLive」というだけあって、約4時間、ECDさん満載で、
つまり、DeejayなんかもECDさんで、7inch和モノ~Rock~SKA~Funk、
さらに"男の"ブッコミ繋ぎという「HipHopとは、こーゆー事なんだ」と
いうのを身体で感じる事ができる内容。
フロアも、はじめは戸惑いもあるものの、すぐに皆、身体が揺らし、
最後には両手を挙げて踊っている姿を見て、Deejayって、
やっぱりこーゆー事なんやなぁ、、、と再認識する。

そのままLiveに突入するわけだが、さらにパワフル。
さらに"パワフル"なイリシット・ツボイさんに引っ張られているように、
一見、見えてしまうけど、ちゃんとツボイさんのECDさんに対する愛情も見えて、
見ていて安心するというか、落ち着くというか・・・。

b0021026_6591696.jpg












ボクらの世代、なんて云うと大げさでエラそうに聞こえるかもしれないけど、
新譜でECDさんのアルバムを買って聴いていた世代にとって、
こうして年上の方々が現役バリバリでやってくれてはるのを見ると、
何か元気が出るというか、嗚呼、ボクらも頑張らなっ!と思えてくる。

ただ1つだけ、ちょうど原発が止まった日でもあったので、
それに対しての想い・表現という意味合いも大きかったかもしれないけど、
プロパーを払って入っている1ファンの客としては、
激しいトラックだけでなく、少し"優しい"トラックに乗っかる
ユルめなECDさんのRapもナマで聴きたかったナァ、
というのもあります(偉そうにスイマセン)。

そんな偉そうに云ってるくせに、アフターPartyでのボクのDeejayは、
「別に・・・(by 沢尻)」なレベルだったので、ここでは割愛。
本来ならば、お二人の労をねぎらうようなDeejayをしないといけないのにね・・・。
申し訳ございません(←謝ってばっかりww)。

ECDさん、ツボイさんとお話をしたかったけど、お疲れのようだったし、
違う方達とお話をされていたので、挨拶だけさせてもらって遠慮しました。

あ、思い出した。
そーいや、そのアフターに来ていたお客さんで、
無礼でクソなヤツが2人ほどいてカチンときた腹立つエピソードがあるけど、
まぁ、ここで書いても気分が悪くなるだけなので割愛。苦笑。


というわけで、次は津和野に行ってきます。


b0021026_701331.jpg




















-------------------------------------------------

2012/05/26 sat.
"SCHOOL OF TEMPLE~Te La Soul~"
at myoujyuji temple

☆DJs

Nylonizm (Studio ALPHA/Moonbug)
Novoiski (Moonbug)
DJ BOUYA (jammin' from Sapporo)
DJ Lets (jammin' from Sapporo)
DOPETOURIST
Shinya☆sta(大人のHIPHOP独り言)

☆MC

Jinseironjha(論者's)

☆Food

Sukhavati Cafe
Bar AMITA
おでん屋三法印

---------------------------------------------------

毎年行われる、マイメン・MIC GENSPOOL住職のお寺で開催されるParty。
今年で3回目(3年目)を迎えます。

毎年、自分が参加させてもらえているのを感謝しつつも、
ECDさんetc.諸先輩方々のようにはいかないけど、
それでも「オモロかったわ」と来てもらえる人に云われたら、
こうしてオッサンがDeejayの真似事をしている意味が
少しでもあるんちゃうんかな、と思いますねん。。。
by shinyasta | 2012-05-15 12:00 | MUSIC

Scarface from "Abyssal fish"

もう1週間前になりますが、G.W.の事を少々。

大学時代の友人達との呑み会の前に、
タワー・レコード Nu茶屋町店で行われた
BASIクンのインストアLiveに寄せてもらった。

今回のインストアのLiveでは、midnight camp名義で
セイヤ君(aka ナイス橋本)も帰阪して参加。

b0021026_1018037.jpg1st miniアルバム"midnight camp"
からも数曲、
まさにRapの「言葉遊び」の
部分をうまく引き出した、
聴いていて楽しくなる曲
"何にみえる"も、
また生(ナマ)で聴けた
のでラッキーでした。





そして、BASIクンの登場。


b0021026_10182992.jpg













なんか、すでに「貫禄」というか「オーラ」というか。
BASIクンから何か「ドーン」と放たれている感じがして。

Liveでは、先日発売された"VOICERATION"に収録されている中でも、
お気に入りの"MAKE ME SMILE"と"スタンダート"を演ってくれた
のは自分としては嬉しかったが、特に"スタンダート"は
キーボード+ヒューマンビートボックスで、
アコーステックな雰囲気で行われ、非常にBASIクンの良い「ユルさ」も
出ていてカッコ良かった。

b0021026_10185436.jpgそして、このインストアLiveではあるが、
色々な「自分の仲間」を
登場させていく様は、
BASIクンの「繋がり」に
対しての想いの表れだろうし、
本人も曲の合間のMCで
云っていたように
「お爺ちゃんなっても
チェケラッチョー云うてたい」
というHIPHOP愛が充満し、
それを感じる事ができる、
無料にしては勿体ない位の
良いインストアLiveだった。


ボクもお爺ちゃんなっても、両手挙げて「アーイ」って言おうと思ったよ。


b0021026_1019138.jpg"Abyssal fish"
ナイス橋本
presents midnight camp
(MONOTONE LABEL 2012)
残念ながら、次の予定があり
Liveの後半で抜け出したのだが、
丁度、会場入り口でセイヤ君に
バッタリ。





ちょうど5/9(水)に発売されたmidnight campの第二弾。
本人も「ヤリたい事が形にできましたわ」と云っていたが、
確かに聴いていて非常にノビノビとやっている感があるように思う。

全体的には、そのノビノビ感が十分に出せるようなトラックで
構成されていて、すっと耳に入ってくるし、セイヤ君の声/フロウとも
非常にバランスが取れていて心地良い。

特に、注目なのが4曲目の"Scarface"。
我らが加古川Wellnessからグレア君、モモ君、ナオキショウ君、
さらにスクラッチにはマイメン・RIGOクンが参加のポッセカット。
ナオキ君⇒セイヤ君⇒グレア君⇒モモ君というリレーなんだけど、
この曲でのセイヤ君は、良い意味で「カッコけてない」感じがして、
ボクはこっちのスタイル/フロウの方が好き。
さらに「完全に贔屓やん」と云われようが、RIGOクンのスクラッチ⇒
若干、トラックが変調しながら3番バッターで突入していくグレア君のパンチラインは最高。

「云っとくけど/こっちは背負ってる/覚悟してから出しなよSOS」
「こっちはマジやから/何も恥ずかしない」

ではニヤニヤしてしまう。

モモ君も最終バースで「どんなに荒れ果てようが/流石、30over」と
かましていたけど、BASI君、セイヤ君含め、ある意味、
酸いも甘いも経験し、嗅ぎ分けてリアルに生きているRapper達の
言葉には一言一言に力があるし、熱いモノが伝わってくるもの。

自分も、もうすぐ40overに突入するわけだけど、
これからもずっとずっと幾つになってもHIPHOPを聴き続けよう、とふと思った。

だって、こっちはマジやから何も恥ずかしないからねぇ?
by shinyasta | 2012-05-13 10:25 | MUSIC

Adam 'MCA' Yauch

2012/05/04 早朝。
享年47歳。

まいったナ・・・

ちょうど7年前のG.W.にエントリーしてた、ビースティへの想い。。。

b0021026_10403981.jpg








b0021026_10411225.jpg




















b0021026_10413711.jpg今晩Deejay、
無理やりにでもビースティ、
かけなアカンやろ?





ありがとう、MCA。











by shinyasta | 2012-05-05 10:48 | MUSIC

2012/05/05 at CONTORT

G.W.いかがお過ごしですか?

もし、お時間があれば、明日、東心斎橋にお越しください。
明日の@コンパスでのECDさんワンマンLiveのアフターパーティ的な感じなので、
少し緊張気味ですが、別にオッサンの戯れヘタレDeejayですし、
せっかくハヤト君(狼煙)が声を掛けてくれたし、
もうカッコつけてもしぁ~ないので、そのまんまでイキます。苦笑。

そう、お客様は、ECDさん・イリシットツボイさんなどともお話できるかも?ですよw

--------------------------------

2012/05/05 Sat.
『プチノロ』
@Bar CONTORT (東心斎橋)

ハヤト
カウピー
チチョ
オパール7
ロッシ
ナオロック
シンヤスタ
ブンブン
ミス.プスムス噂の隣人:???店:仏食堂
「F.A.Z」活字旅行中
タコテ台湾漂流中
etc.

--------------------------------

乾杯しましょうねw

ちなみに、明日は、↓こんなノリで逝きますw

b0021026_2150203.jpg”Sunny Day in Harlem"
Alphabet Soup
(Akirfa Recordings
1991)







アーイ!w
by shinyasta | 2012-05-04 21:59 | 日常