<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FRIENDS

お待っとさんでした!(←愛川欽也風でw)

・・・いや、誰もまってないよ、、、
という訳で、レコ紹介w

b0021026_23223687.jpg"Lucky Seven"
Bob James
(Tappan Zee 1979)
HIPHOP好き諸氏には、
「ネタの宝庫」と
云われるアルバム。
1曲目は"RUSH HOUR”。
Newのスポーツコーナー
の時にかかるような
爽やかな曲で、皆さんも
どこかで必ず聴いてるはず。


そりゃ、これを聴きながら"RUSH HOUR"の満員電車に乗って
通勤してたら気持ちよく出勤できるんだろうけど、
どちらかと言うと、"RUSH HOUR"から開放された週末の朝に
ピッタリだと思うんですが。苦笑。
いや、そーゆー意味で作られたに違いないw



2曲目の"BLUE LICK"は、DIGABLE PLANETSのネタで有名だけど、
ボクは、これを聴くとDa Ranjahzの方を思い浮かべますねw
(あれ、違ったっけなぁ?)



そして、そして。
怒涛の流れで"LOOK-ALIKE"!!
皆さん大好きなGANGSTAR"?REMAINZ"のネタと云えば、
泣く子も黙るはず。
どっちかというと、この"LOOK-ALIKE"は、可愛らしい感じの曲なのに、
あんなにDopeになるのは、やはりポメーの職人技という事がわかる曲。
途中からの展開も震えますよねぇ、この曲は。
(そこも使ってたなぁ、誰かが・・・)

とネタばかりの話をしているのもアレですので、
本筋としては、"FRIENDS"。

まぁ、この男性ボーカルが乗っかってるんですが、
まぁ、「しっとり」としていて・・・メローってヤツですよ。
癒やされます、フライデーナイトに、ゆっくり洋酒を傾けたくなります。
ウィスキーにレーズンチーズですかね?w



今月は、色々と友達(FRIENDS)に助けてもらってます。
あ、毎度やね・・・けど、今月は特に。

みんな、あんがとね。
by shinyasta | 2011-10-28 23:26 | MUSIC

NYORON (2011/10/15 OSAKA)

そこそこ混んだ電車に乗り込む。

乗り込んだドアから反対側のドアの方に押しやられ、
ふと目を落とすと、目の前に真ん中の穴に紐を通し何枚か連なった
5円玉(それは5枚だったように思う)をリュックのファスナーにぶら下げた女性がいた。

・・・・・

「何で100円と5円玉を入れるの?」

と、幼いボクは賽銭箱の前で聞くと、

「これからも"ご縁"があるように、ってね」

と母親は答えていた。

・・・・・・

この女性も、同じく"ご縁がありますように・・・"
ファスナーに5円玉を付けているのかな、、、と、
電車の揺れに身を任せながら先週末に想いを馳せる。


2011/10/15 sat. "NYORON "

ボクにとっては大阪で、この面子が集まるなんて、まさに夢心地。

きっと"ご縁"なんだろう、何となく、ここ何年かユルく繋がることが
できている人達が、そして、長年、付き合ってくれている人達が
ここ大阪に大集合してて、このPartyの打ち上げのメンバーに、
当然のように自分が加わっていて、みんなと酒を呑んでいる時に、
ふと、感謝の念が沸き上がり、同時に「んで、お前(ボク)、誰だよ?(苦笑)」
と自分に問いかけたりもした。

b0021026_2353492.jpg前エントリーのように、
つい1ヶ月前に2日間連続で
聴いた(←贅沢w)アズマさんの
DJも、また少し違った雰囲気で
まるで流れるように曲を紡いでいく。

タイムテーブルを作った人を
褒めたい、マニアには堪らない、
アスマさんからMura-T師匠へ
の流れ・・・。





b0021026_2355230.jpg勿論、Mura-T師匠はノーダゥなDJ。
妙に「男気」と「繊細さ」を
兼ね備えた選曲とPlay。

この二人のDJは、選曲、繋ぎ・・・
やってる事が、ホンマに
HIPHOPで"黒い”。
ボクはDJと名乗れるほどでは
ないけど、やっぱり、こういう
DJをやりたいな・・・と、いつも
この二人のDJを聴くと思う。


DJ陣も豪華でありながら、Liveも豪華。
LiveとDJ、2フロアで別れていたので、もう行ったり来たりでアッという間w

b0021026_236246.jpgDJ RIGO+加古川ウェルネス。
今回のシャングリラの雰囲気も
そうだけど、加古川ウェルネスは、
いつものClubで見るより数倍良かった。
(本人達は、そーでもないようだけどw)
どうせなら、ファーサイドのように、
みんなで同じ振り付けで踊っても
いいんじゃない?





なんて、酒の勢いに任せて、加古川ウェルネスの「心優しき・漢」 MC GLARE君に、
酒の勢いに任せて調子乗って、エラそうに云ったりしてた。苦笑。

今回のLiveを見ていて思ったのは、昔と違って、今は、本当にみんなRapも上手いし、
音も、まるでベイエリアと同時進行なんじゃない?とビックリするほどカッコいい。
(まぁ、そう感じる自分が歳が逝ったって事なんかもしれませんが。苦笑)

b0021026_2383832.jpgここまで来ると、もう、本当に
「(人の心に)響くか、響かないか」の
世界になってきているんだろうな・・・
と思いながら、
セイヤ君(ナイス橋本君)の
コール&レスポンスに対して、
「西田ひぃかぁ~るぅ~!」
と手をアゲつつ声を張り上げる。





b0021026_231031100.jpgちょうど先日、
ソロ・アルバム"RAP Amazing"を
発売したBASI君が大トリで。
Rapが上手いのは、
ここで話すまでもなく、
もう「貫禄」みたいなモノも感じつつも、
自分の言葉で人に何かを打ち明ける
ように「話す」のがBASI君の魅力。
そのストイックにさえ見える姿勢、
これからも貫いて欲しいな。



みんなと愉しい打ち上げの後、アズマさんの二人で散歩。
色々と話を聞いてもらう。

こうして「ご縁」で助けてもらってる。
忙しく雑然と、時には呆然とする日々が続いてるけど、
こうして「ご縁」で、何とか次へ次へと繋げてもらっているようにも思える。

「ツイてるな、ボク・・・」と、帰りのTaxiの後部座席で感謝した。

(↓ おまけ画像・・・カレーを食らうRIGO君とアズマさん。いい写真でしょ?w)

b0021026_23134517.jpg













*あまりおられないと思いますが、
 レコード/音紹介を期待していただいてる方、スイマセン、
 最近、何かLive感想文みたいなエントリーばかりで。苦笑。
 また、ボチボチやっていきますんで、よろしゅうお願いしMass !
by shinyasta | 2011-10-19 23:27 | MUSIC