<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

LOTUS CALIFORNIA

伯母の誕生日という事で、
神戸・オリエンタルホテル17階でランチ会。

帰りには、神戸という事で、当然ながら
南京町・LOTUS CALIFORNIAへT氏の顔を見に行く。

b0021026_22142386.jpg「クルマ?ほな丁度、ええわ」

と、昨年末の恒例の忘年会
→サウナ以来なのだが、
いつもの調子でT氏が
言いながら、地下室におりていく。

この、「いつもの調子」というのが肝。
仕事をご一緒にさせてもらってた時と、
何ら今も本当に変わらない。



店内に戻ってきたT氏の手には、昔に着ていたジャケット達。

「まぁ、(この大きさなら)Shinya☆Staやったら着れるかな、と思って」

実家を整理した時に、出てきた宝物達。

「着てみぃ。着れるんやったら、持ってかえりぃ~」

b0021026_22144433.jpg

ハリス・ツイードの生地を
使ったテーラードに、
BEAMSがリング・ヂャケットに
別注をかけた"VALOR"
ネームのJK達・・・。







袖を通す。

この肩に乗ってくる感じ、その生地の風合い。脇下に詰まる感覚。
そう、試着だけで憧れた当時のリング・ヂャケットそのもの。

気分が高揚してくる。
鏡に映る自分は、まるでセレクトショップに通い続けた
高校生の時のようだった。

どうや、エエもん貰ってん、ええやろ?
の話ではない。

何より、その服の程度を見れば、大事にしてきたか、安易に想像がつく。
そういう大切なものを「受け継ぐ」という喜び。

そして、当時、ファッションに関わってた人達が、本当に好きで服を作り、
服好きが服を売っていた事が、欧米大手SPAや日本の量販店が吐き出す
「消費される為に作られた安易で安価な無味無臭の商品」が横行する、
この2011年に感じられる事について。

音楽も一緒。

「今」を否定する気など毛頭ない。
その恩恵を授かっているのも事実。
「今」を消化し、自分にとって「良いも」「合わないもの」を
1つ1つ判断していく(セレクトしていく)。

ただ、明らかに、「今」と「昔」では"何か"が違う。
「人」から「人」へ"アナログ的に"受け継がれていく事に、
その"何か"を解く手がかりがあるような気がする。

b0021026_22201344.jpg"HOME COMING"
AMERICA
(Warner Bros. 1972)
このBlogでは、
すでに既出かもしれない。
この際、そんな事、
どーでもいい。
このメンバーの雰囲気が
T氏に似ているから・・・
というのでは毛頭なく。笑。



バンド名は「AMERICA」だけど、3人の両親がUK駐留の
アメリカ軍人だったためUKに在住、1stアルバムもUK録音だったのが、
この2ndアルバムではアメリカ録音だとか。
そのアメリカに対する想いが、全面に出ているからか、
実に、「良きアメリカ」を感じさせる1枚。

礼を述べ、近々、また逢う約束をして店を出る。
その帰りに、ふと頭に浮かんだのが、このアルバムの1発目に
収録されている"VENTURA HIGHWAY"。



「Shinya☆Sta、ベタやなぁ」と、音楽好き、レコード好きのT氏が
苦笑する姿が目に浮かぶ。

でも、ホンマなんですわ、これがふっと浮かんだんですわ。

そして、このジャケット達を着て、ボクは会社に行くのです。



LOTUS CALIFORNIA

神戸市中央区栄町通1-2-13福岡ビル1F
(南京町南門が目印)
by shinyasta | 2011-02-23 22:33 | MUSIC

Because I Got It Like That

ぱっと明るく行きたいもんですね。


b0021026_23242822.jpg"GREATEST HITS"
SLY&THE FAMILY STONE
(EPIC 1970)
恥ずかしながら、
ちゃんとSLY持って
ないんですよ。恥。
2枚位しかない(と思う)。
名盤と言われる"There's
A Riot Goin' On"や
"Fresh"とか持ってない
んですよね。。。


う~ん、考えたら、EW&Fとかもないなぁ・・・
KOOL&THE GANGも1~2枚・・・
偏ったレコード収集だな、と自分で改めて思いますw
そう思う瞬間には、「ちゃんと定番や名盤というものを、
1枚1枚しっかり聴こう(買おう)・・・その方が長い目でみれば、、、」
と思いつつ、「まずはベスト盤で勉強」なんて言い訳をしながら
このGREATEST HITSを聴いていると、「あれ、コレだけで良い?」
という錯覚を。苦笑。

かの渡辺祐さんも、最初に購入したのが、
このアルバムらしいっすよ、なんてトリビアは(懐っ!w)さておき、
何でも"Thank You(Falletime Be Mice Elf Agin)"は、このアルバムだけ、
つまり他アルバムには収録されていないとか。

さらに、皆様ご存知の"Deep Cover"のドラムネタ"Sing A Simple Song"、
ブレイクそのまんまループしているジャンブラ"Because I Got It Like That"ネタの
"You Can Make It If You Try"なんかも収録してます。

b0021026_23245314.jpgんで、おもむろにジャンブラを
引っ張り出して
聴いてみると、
これまた長い間、
聴いてなかったから、
新鮮に聴こえるんだなぁ、
これがw








↓んで、ジャンブラ。



ちなみに、RemixのPV。



非常に「しょーもない」話ですが、このRemixのPVを見ていて、
ふと思ったんですけど、マイクGって、あの○尻エリカの元(?)ダンナ、
ハイパーなんちゃらクリエイターの高○剛氏に雰囲気、なんか似てません?w
あ、ゴメンなさい、マイクGに失礼ですね。すいません。苦笑。

・・・もとい、SLYのこのアルバムには、勿論、"DANCE TO THE MUSIC"も
"I WANT TO TAKE YOU HIGHER""EVERYDAY PEOPLE"などの名曲がズラリ。



あれ、やっぱベスト盤だけでもいい?苦笑。
いやいや、ちゃんとアルバム単位で聴かないとw
by shinyasta | 2011-02-18 23:27 | MUSIC

IT'S ON!

b0021026_23225991.jpg"IT'S ON!"
MASTER FUOL
(GOOD VIBE 2001)
良質な再発や、
独特のアーティスト
の選び方が、ボクに
とっては好印象な
Good Vibe Records
からの2001年
ドロップの本作。



風営法やら何ちゃらで、Clubの方も大変ですが、
まさしく、そのClubで大音量で聴きたい1曲。
MASTER FUOLに関しては、詳しくわからないのですが、
故・Ol' Dirty Bastardとも仲が良かったようで、
同じく2001年に"Last Call"という曲を一緒にリリースしています。
どうやら、"リリシスト・ラウンジ"などにも参加していたようですね。
まぁ、「それやっちゃうと・・・」感もある、女性Vo.をトラックに
絡ませる、ベタやんか・・・と言えば、それまで。
それがいいです、Clubで聴くと。



b0021026_23231987.jpg"POPPIN' POCKETS"
GRIP GRAND
(Look 2004)
Twitterで呟きましたが、
最近のヘビロテ。
さらに良い意味で、
「ねちっこい」感じが
今の気分に合ってて。
苦笑。




その音の厚み、そしてRAPの声質とフロウを聴きながらクレジットを見ると
なるほど、FAT BEATS傘下のLOOKから、ドロップしている事が納得できる。
B面収録の"Radio Remix"には、あのAG(!)が参加。
夕方から酒を煽りながら聴くのも良し、Clubで身体を揺らすにも
持ってこいの1枚。




Club関係者の方、色々と大変でしょうが、応援しています。
また、家では聴けない爆音で、音楽と酒とダンスを楽しめるスペースが
以前のように戻ってくる事を、切に願いながら筆を置きます。
by shinyasta | 2011-02-15 23:24 | MUSIC

hardest working lover & DJ Natty

DJをしている時、何を思い描えていますか?

それは、皆が愉しく踊るフロアだったり、誰かを想いながらであったり、
その曲、そのアーティストを想ってのスピンする時ってのもある。
ただ、単純に、BPMの数字を合わせるゲームではないですよね、DJは。

そんな「想い」の伝わってくるDJが好きです。

それは、例え、レコードでなくてCDJでもSeratoでも一緒。
「伝わるもん」は「伝わる」。

嬉しい事に、このBlogやTwitterを始めてからというもの、
色々な方から「聴いてみてよ」なんてCDが渡される機会が増えた。
勿論、貰ったからBlogで紹介するなんて野暮な事はしない。
「良い」と思うから紹介したい。

ただ、単純でシンプルな話。

b0021026_1651366.jpgそんな訳で、はるばる遠方から
やってきたDJ NattyのMIX CD。
DJ NattyとはTwitter繋がり。
きっとツマラナイ話で
繋がったんだと思う、多分。苦笑。
DJを教えてたりもしてる、なんて
話をしてたような。






内容は、程よくアンダーとオーバーを行き来している気持ち良いMIX。
下世話な表現で言うと、所謂、「エロい」という表現になる。
初っ端から"JUST THE TWO OF US"を持ってきて、
中盤でも"2001REMIX"を持ってくる辺り、
INTELLIGENT HOODLUM辺りを引っ張り出しつつも
ACE OF BASEやSHABBA RANKSを持ってくる辺り。
その選曲とMIXには、明らかに、DJの向こう側に「女のコ」がいる事
は推測しやすい。笑。
そう、女のコの「あ、コレ、聴いた事ある~」という声もあり、
そういう子達にも、ドップリ濃いのも聴かせてやる、という意気込みも感じられ。

「オレ、みんなの知らん曲、知ってるでぇ=モテる」
「スクラッチと繋ぎが命でしょ=モテる」

と勘違いをしてしまっている”聴き手無視=フロア無視"な危篤DJには、
なかなかできない選曲とMIXだろうな、とも思う。

DJなんだから、BPMより曲が大事ですよ。
(ちなみに、DJ Nattyは繋ぎも上手いっすよw)

なんて、言いながら、このBlogでは、
主に一般的でない曲ばかり紹介しているという、
非常に「大人的・グレー、それは黒に近い白を意味する」自分が
言うのも何ですが。苦笑。

b0021026_1653388.jpg"FARWAY TO GO"
NUBIAN M.O.B.
(Cold Chillin 1992)
話はコロっと
変わります。
それが大人って
もんです。苦笑。
Cold Chillin'って、
確かにRapは良いけど、
歌モノに関しては・・・



どちらかというと、マーケティングがヘタ?なんて思ってましたけど、
それ、間違ってますね。聴き込むほどに良くなっていくし、
一般的に薄っぺらくなるR&Bを、ちゃんと「ブッとい」音に、
そこに乗っかるヘタウマな歌。
そう"CAKE & EAT IT DO"と同じ感覚。
歳行くと、こういうのに弱い。苦笑。





b0021026_1655179.jpg"hardest working lover"
TCF CREW
(Cold Chillin 1993)
んで、Cold Chillin'
といえば、以前にも
紹介しているTCF CREW。
ヒップホップR&Bとか
言われ出す前夜。
別にいいんですけどね、
今の日本R&Bディーヴァ
の皆様。


けど、これくらいドン臭く「筋が通ってる」のも良くないですかね?
あ、売れない?
あぁ、そう・・・。苦笑。

ちなみに、"radio mix"が主体でTodd Terry(!)のRemixも入ってます。
あと、かなりスムースな"album version"も収録されてて、
この時は、いかにRadioが重要(主力)だったのか、ってのがわかります。



まぁ、DJにしても、MIXにしても、選曲にしても、その1曲にしろ、レーベルにしても、
少し「鈍臭くても想いが詰まってる」方が良いナァと思うわけなんですよ、
MACK10とか聴きながら、コレ書いてると(←"ごじゃごーじゃ"w)。
by shinyasta | 2011-02-12 22:04 | MUSIC

EVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT

結局、MK5のシルバー1台だけにしました。

b0021026_2324359.jpg












というわけで、今は、MK3ブラックとの組み合わせ。
本当は、これからの事も考えて2台いってもうたろか・・・
とも思ったんですけどね。

なんか、これはこれで良い感じがしてきたw

というわけで、これで、ちょっとの間、
自分のDJのヘタさをターンテーブルのせいに
できなくなりました。苦笑。

んで、気になってた棚のガチャ受けも交換したし、
これで一安心。

なんて思ってたら、仕事では、色々と「ややこしい」案件が
降りかかってきている。

まぁ、人生、こんなもんなもんか・・・と
ウチに嫁入りしてきたMK5に、こんなレコードを載せます。


b0021026_235758.jpg"EVERYTHING'S GONNA 
BE ALRIGHT"
Naughty By Nature
(TOMMYBOY 1991)
ねぇ、皆さん、最近、どうですか?
「ああ昔は良く聞いたよねぇ、OPP」
って感じでしょうか?
気持ちいい音を作っているのに
ワッサワッサのパーティ系みたいな
括りにされて、ジャジー・ジェフ&
フレッシュ・プリンスほど
評価されてないような気がするのは
ボクだけですかね?苦笑。


当時でも、「好きぃ~」なんて言っちゃうと、何故か、
「ああ、Naughty ねぇ・・・」なんていう風潮もあったような。

でもね、結構、聴き込むと良い曲が多いと思います。ハードな部分もあるし。
Kay Gee(Keir Lamont Gist)自身が、後期にはR&B寄りに
ドンドン逝っちゃって、Rap好き諸氏からは、「おいおい、どこ行くの?」って
イメージもありましたが、反面、それだけメロディーがしっかりしていると
いう事も言えますよね。
実際、Naughty好きの女のコも多かったように思うし、当時。

あと、Naughtyは各12inchに収められているRemixが秀逸。
写真のシングルはUK向けの45回転、"CITY LICK MIX"を収録。
他アーティストのUK用と同様、スムースで少しネイティブタンな
匂いもしつつ、ドラムが粘ってる感じ。
B面”ROUGH RHODES MIX"は、さらにメロディアス。
アーバン(死語)ですねw

ここでは、それらMIXがYou Tubeに無かったのでLP Ver.を。
勿論カッコよろし。
この出だしでアガらないHIPHOP好きの方、います?



さらに、B面には"OPP"のLiveも収録されているというお得盤。

b0021026_2363978.jpg"TALKING BOOK"
STEVIE WONDER
(MOTOWN 1977)
どちらかと言うと
Soulというより
フリーソウルと
いう括りで語られる
事が多いアルバム。
スティービーの
数あるアルバムの中
でも、ボクの中では
上位に入ります。

全曲いいんですけど、「ベタやなぁ、もう」と言われようが、
"YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE"。
クサい内容かもとしても、音から、こちらに語りかけてくる
ような「優しさ」と「暖かさ」。
もしかしたら、現代の「より直接的な」日本R&Bの歌詞と
被るような歌詞内容なのかもしれないけど、そこには、
確実に違う「誠実さ」が込められているような気がしてならない。
他にも、アリシア・キースやジャネットもサンプリングする
ご機嫌な"SUPERSTITION"なども収録している、聴いていると
アッという間に時間が流れてしまうアルバム。

1974年LondonでのLive映像。



クサいし、ベタやし・・・。
けど、そんなんの方がエエねん、好きやねん。
by shinyasta | 2011-02-09 23:07 | MUSIC

昼呑会No.5 & more

まるで年頭のエントリーの決意、
「今の仲間たちとより深く」というのを
実行に移した1月だった。

次から次へと押し寄せてくる体調不良。
最後には、歯痛までやってきやがった。

でも、それも復調。
調子よく、MIC GENSPOOLが持ってきてくれた芋を
お湯割りにして、こうして書いている。

振り返れば、今年1発目、スタートしてから5回目を
数える事になった昼呑会。

b0021026_11121429.jpgアズマさんがお仕事で
参加できなかったのは
残念だったけど、
疲れからか、はたまた
前日のLiveでの呑みすぎか、
絶不調の中、RIGOクンと
M女史に助けられながら、
無事、参加する事ができた。

ありがとう。





b0021026_11134712.jpgしかし、まぁ、それだけ相変わらず
話す事があるなぁ、と
今まで最短ではあった
けど、5時間程度の
ぶっ続け呑みw
やっぱり、昼呑会と言えば、
呑み&ブラブラ&呑み・・・
が楽しいので、次は春にも
やろうねw




・・・・

b0021026_11165455.jpgそう、正月には、以前に書いたように
あ・基準氏 aka 人生論者&ミカchangが
来阪で、前エントリーのように
コウちゃん邸に伺ったわけだけど、
翌日には、商売繁盛のえべっさんを
お参りして、新世界で串カツ。

群発クンで呑めなかったけど、
何だか「ほんわりと」過ごせたよ。

ありがとう。






・・・・


b0021026_11181372.jpgそして、2月に入り、こないだは、
MIC GENSPOOLと
Heretikaz氏が参上。
まぁしかし、よく呑みました。
あれだけ動けなくなった
のは久しぶり。苦笑。

美味しい海の幸と
美味しい酒、
そして美味しい話。



ありがとう。

やってる事や話の内容は、いつまでも変わらないけどねw

・・・・

下記は、そんな事に想いを馳せつつ、昨晩2/4にやったUST。

後半、右のターンテーブルの不調で繋ぎがお聴き苦しい処があります、
と、自分のDJのヘタさ加減をMK3のせいにするのもどうかと思いつつも、
前半は、まだ聴けると思いますので、気が向いたらどうぞw









Video streaming by Ustream
by shinyasta | 2011-02-05 11:24 | 日常

Design 2011/01/29~01/30 @Kobe&Osaka

今回のKobe・Osaka2ヶ所でのDesignのLiveは、それぞれ違った。

b0021026_22211628.jpg













b0021026_22223398.jpgDesignが初めてliveをした
場所が@ラフレアという事
もあったからか、
Kobeでは、アズマさん&BASIクンは
非常にリラックスした雰囲気。
ほぼホームというのも手伝ってか、
滑り込みで聴けたRIGOクンの
DJプレイにも現れていたように思う。

リラックスした雰囲気といっても、
BASIクンのRAPと、そのフロウは、
相変わらずキレッキレだし、
アズマさんは、滑るようにRAPをしていた。




一方のOsaka。

b0021026_22252432.jpg












こちらは、どちらか言うと、二人ともキレッキレ。
所謂、「タイト」ってヤツ。



b0021026_22265811.jpg












前日は、どちらかというと、BASIクンが前に出て、
アズマさんが後ろ(そして、その後ろにマイメン・RIGOクンw)と
いう、「攻守」がハッキリしていたような感じ。
でも、Osakaは、見ている方がニヤニヤしてしまうパターン、
二人とも「攻」のヤツw

まぁ、すでにDesignのLiveの時には、生Beer2杯とラム・コークは
5杯目に突入していたわけだから、違う意味のニヤニヤかもしれないが。苦笑。

兎角、その"ニヤニヤ"加減について。
DesignのLiveの時、ふと横を見ると、ユタカ君もニヤニヤしながら
カメラのフェンダーを覗き、シャッターを切っていた。

そう、OsakaでのDesignは、非常にHIPHOP臭がしてた。

Live後、アズマさんとRIGOクンと酒を酌み交わしながら
話をするのが、楽しみで楽しみで。

前日の@ラフレアで、日本語RAPを聴かせてもらったせいも
あるのだろうか、話題が若干、日本語RAPについて、なんて
酒の肴になった時、すでに3杯目のジョッキーを片手に、
ぼんやりと「Design」と今の”俗に言われる”日本語RAPと
の事について考えていた。

「日本のRAPグループ」という観点から言うと、
そのスタンスとアズマさんとBASIクンのそれぞれのライム、
それぞれのフロウが絡み合ういう魅力的なDesignが、
その"俗に言われる"日本語RAPのリスナー達には、
一体、どう聴こえるんだろう、と。


(映像は、博多­「GOLD」での、"We Design")



ねぇ、どう聴こえていますか?



先日、Twitterで呟いた言葉、

「<あたらしいうた>の創造者であることに、
 皆、そろそろ気づいてもいい頃なんじゃないかナ」

これは、1998年にKitty/HIP LANDがSmall Circle Of Friendsの
販促用に配ったDEMO CDのライナーに書かれている北沢夏音さんの言葉。

本当にそうなんじゃないかな、と当時も思ったし、
Designにも感じるんです、同じ事を。

もっと皆に聴いて欲しい。

それって、ボクの「えこひいき」ですか?
by shinyasta | 2011-02-01 22:50 | MUSIC

DJ Kool Herc

DJ Kool HercさんにPayPalで送金するには

↑ 塚田さんが素晴らしく解り易い説明をしてくださってます。
クリックしてみてください。

レコードを1枚分でも我慢して、クール・ハークに募金してみよう。

だって、クール・ハークが居なかったら、こうしてHiphopを好きになってたか、
わかんないんだから。


by shinyasta | 2011-02-01 12:17 | MUSIC