<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Crazy For You

たまに朝早く、目が覚める時がある。
それは、歳のせい、でもあるだろうけど、
今までであれば「勿体無い、もう1回寝なきゃ」なんて
思っていたけど、最近は、そのまんま起きるようにしている。

レコード棚の前に立って、まずは・・・と考える。
最近は、この辺りに針を落とす機会が多くなってきた。

b0021026_6393555.jpg”Crazy For You"
Earl Klugh
(LIBERTY 1981)
いわゆる"フュージョン"
なんていわれる類のモノ。
聴いていて退屈を意味
するのだろう、
"エスカレーター・ミュージック"
なんて陰口を叩かれたりする
ジャンルなのだが、ボクは
嫌いではない。



そう、Radioの時代、ボクにとっての"FMのイメージ"が、そこにあるからかも知れない。
初期J-WAVE、関西であれば、初期α-stationの午前中。
81.3 FM J-WAVE&GRP(!)”pazz and jops"のCDなんてのは、
今でもこっそり聴いてたりする。
まぁ、「オッサン趣味」とでも何とでも言っておくれ。

というわけで、カットギターでフュージョンをやる男、アール・クルー。
「あれ、フュージョン、HIPHOPといえば、ジョージ・ベンソンちゃうのん?」
って方もおられるかもですが、そのジャージベンソンも、その実力を認めて、
共演もしていたのが、このアール・クルー(1971年CTI"WHITE RABBIT”などに参加)。
このアルバムは全体的にメロディアスな感じながらも、良い意味で聞き流せる、
"あれ、いつの間にやら終わってるや"的な心地よさがある。
クレジットにはRay Paker Jr.やPhil Upchurchの名前も見える、なるほど、
スムースな仕上がりな訳だ。
お気に入りは、"CALYPSO GETAWAY"。
勿論、HIPHOPファンには、ネタものとして楽しめるアルバムでもある。

b0021026_722027.jpg"TOUCHDOWN"
Bob James
(Tappan Zee 1978)
そのアール・クルーも
参加しているのが、
このボブ・ジェームスの
アルバム。
これまた、HipHopファン
からすれば、CTI時代の
ボブ以外は、ボブじゃねぇ!
なんて怒られちゃうかも
しれないですけど、
この辺りが最近の気分で。

というと、マイメン・コウちゃん aka Nylonizm(StudioALPHA / Moonbug) も、
最近、このアルバムを聴いているという事実に驚きを隠せない。苦笑。
前述、アール・クルーのアルバムに比べると、非常に都会的で(アーバンでw)あり
ながらも繊細な(時に神経質的にも思える)雰囲気を醸し出すのは、
さすがに「ミスターNY」と云われる所以か。
以降、常に「先を行く」ボブ・ジェームス、えらい方向に向かっていくわけで、
「ネタ=ボブ・ジェームス」的な発想を忘れて、
それを順序立てて聴いていくのも面白いかも知れない。
このアルバムでは、やっぱり"I WANT TO THANK YOU(VERY MUCH)"ですか。
頭の出だしで「ニヤリ」とするヘッズも多いのでは?w

どうですか、爽やかな朝を迎えてみませんか?

え、ただの「オッサン趣味丸出し」って?

そうなんです。笑。
by shinyasta | 2010-10-29 07:18 | MUSIC

W202

「次はベンツにするでぇ」

グロリア4ドアHTの助手席にボクを乗せて、
喫茶店のモーニングに向かう途中に、親父は言った。
週末は、母親に寝坊させるために、
朝早くから起きているボクを親父は喫茶店へ、よく連れ出してくれた。

ボクが幼稚園の年長組の時に親父は亡くなったので、
親父との思い出は「おぼろげ」。
今の音楽のように、当時のボクは四六時中クルマの事ばかり。
グレーの車体に屋根を黒で革張りにしたグロリアで、
色々な処に連れて行ってくれた。グロリアの前には
ハコスカ4DrのGTRに乗ってる写真もあった。

クルマにさえ乗せていれば、ボクは超ゴキゲンだったから、
親としてみれば楽だったんだろう。
なので、会話も、主にクルマが中心。
「むこうから走ってるのは○×、次は△■・・・」と、前から来る車を順番に。
そういやぁ、日産の新車発表会に、よく連れていってもらった。

その親父が言った「ベンツにするでぇ」というのは、
彼の本音だったどうかは定かではない。
別に、ボクが無類のベンツ好きでもなかった(もちろん、スーパーカーブーム時代だ)ので、
ボクの為では無かっただろうし、"大阪的な"もしくは"やんちゃな"意味での"ベンツ"を
意味していたのかしれない。
時で言えば、W123が新車で買えた頃だったと思う。

やけに、その親父の「ベンツにするでぇ」という言葉に、
ニヤリとしてハンドルを操る親父の顔だけは鮮明に覚えている。

b0021026_22292310.jpg今年で9回目の車検を迎えたVY30。
全塗装をしたくて、
さらに12月には10回目の
車検を受ける予定だった。
全塗装+車検、
そしてエンジンやブッシュ関連
など気になる処を触ると
片手は飛ぶ計算になる。





ふとインターネットで、上物のW202を見てしまう。
W202最終型で限定仕様の走行が少なめのヤナセ物。販売店も家から近い。
まぁ、見ても、結局は今までのようにVY30の良さを再確認するだけか。
しかしながら、今回は違った。試乗をしてみる。このカチっとした感じは・・・。
BMWやVWなどのドイツ車には何度も乗った事があった。
でも何かが違う・・・圧倒的な囲まれた安心感。
一旦、保留にしてVY30で帰路に着く。が、やはり乗ってしまうと頭から離れない。

やたらめったら、やれシトロエンBXだ、CXだ、XMだ、プジョー504のお尻が愛らしい、
505は流石にピニンファリーナだ、405だったらM16だ、アルファなら最終FRの75で
決まりっしょ、、、ドイツ車なら、190Eの2.3-16じゃなぁ~い?もしくはW124のTEとかね~、、、
などと偉そうにココでも話している割に、自分が選んだクルマが、
結局、このW202とは、少し自分でも驚いているし、ある意味、ショックでもある。
どうぞ、ボクを知っている人は、大声で笑って罵っていただければ、と思う。

b0021026_22304012.jpg購入後、西へ東へ約600kmを走った。
なるほど、ベンツ乗りの人が
「とにかく乗ればわかる」
っては、こういう事か。
誰だ、どうせなら運転が
楽しいラテン車以外にない、
などと考えたヤツは?
(それは、ボクだ)






非力な2000ccが、これほど高速道路でカチッと安全に走行車線をキープし続けれるのは何だ?
街の交差点のカーブが、これほどスムーズに曲がれるのは何だ?
運転が全然疲れず、いつまでも運転したくなるのは何だ?
これが「小ベンツ」「すでに国産車と一緒」「ああ、奥様用のセカンドカーね」と言われて
バカにされながら、街に溢れていたクルマなのか?

その魅力と、コイツの主治医になってくれるだろう店の人と出逢えたのも、
何かの「縁」と「タイミング」なんだと思ってる。

国産の新車を買えるだけのお金を持ち合わせていないのは確か。
でも、クルマを乗る事自体が「eco」ではないのに、
eco減税を狙ってお徳に買った新車国産車より、
断然、このW202の方が「クルマらしい」「質感が良い」という事も確か。


・・・・・・・


先日、母親を乗せる機会があった。
「そういや、アンタ、、、パパも次はベンツや!って、言うとったなぁ?」と後席で笑う。

ボクがW202を選んだのは、親父のその言葉が頭の隅にあったからだろうか?
そういえば、親父の愛したグロリアの兄弟車であるセドリック(VY30)から
乗り換えだ、というのは少しこじ付けか。

ともかく、コイツ(W202)とは長い付き合いになりそうだ。
by shinyasta | 2010-10-26 22:47 | CAR

Design & SCOF 2010/10/15

より「近く」、より「深く」なっていく。
今回の感じた事。

10月15日姫路@ingot Lounge。

b0021026_7581493.jpg












Designとしてリリース一発目のPartyは、
まるで「オレが1番バッターや」と云わんばかりの心意気、
SCOF&DesignのOfiicial DJのRigo君仕切りのParty。
毎度ながら、Guest DJとして召集を掛けてくれ馳せ参じる。

まるで昨日も逢ってたかのようにアズマさんとサツキさんと
合流し、リハーサル。少し遅れてBASI君も登場。

b0021026_7591775.jpgSCOF&Designファンとして
一番の楽しみが、リハーサルを見せてもらえる事。
今回、強く感じたのがBASI君のリリシストとしての顔。
韻シストで見ている時から「(Rapが)上手いよなぁ」と
思っていたし、Designが「上手に、ひとつにたぐり
よせて歌い」出した頃から見せてもらっているけど、
より「深み」が増したというか。

リハを見ていて、
「いや、この人、ホンマにラッパーやな」と感じる。
なるほど、あのアズマさんが惚れ込む訳だ、、、
と妙な納得をし、てか、こんなに偉そうな事を
云うお前は誰やねんと自分にツッコミつつ、
みんなで食事に。。。




Rigo君が用意してくれたのは、こじんまりとしたシャレたイタリア料理店。
出てくるものが全て美味しくて、みんなで話す内容も美味しく。

ホテルに一旦帰り、ボクとケンちゃんだけ先に会場へ。
NaokieeShowクンのLive~DanceのShowcaseを経て、ボクのDJの番。
前回の「おさらい」という事で、Mura-T兄さんから教えてもらった、
山田邦子"邦子のかわい子ぶりっ子"7inchからスタート。
途中、最近、やたら聴き直している日本語Rapを交えながら、
ユルめのRap中心に、徐々にアゲていきながらRigoクンにPass。
そう、ここでRigoクンが後ろに居てくれるというのが肝。
だから、ボク自身がDJを楽しむ事ができるという事。

「やった、酒が呑めるゾー」とフロアに戻ると、
「酒、ススむ選曲でしたわ~」と、
全然知らない人から一番嬉しい誉め言葉を頂く。
ビールを一気に流し込むとM女史、Mura-T兄さんがフロアに!
凄いなぁ、アガるよなぁ、、、とすでに生3杯目突入しながら
DesiginのLiveがスタート。

b0021026_862611.jpgもう、すでに「完成」されている
タイトなステージング。
次から次へと曲を繰り広げていく
姿勢こそがHIPHOP。
そう、そのままSCOFのLiveへ
繋げていくわけだけれども、
考えてみれば、アズマさんは
ぶっ続けて音とRapを操り続けている。








そこに「漢」を感じ、さらに酒をアオっているとPass The Micでアズマさんが
ボクの名前を呼んでくれている。
酒の勢いを借りて、前に出て行くと、アズマさんより「お、ホントに出てきたよ」と
苦笑を横目に「笑ってもうてナンボ」の精神でDJブースへ。
アズマさん、サツキさん、Rigo君、BASI君、そしてボク。
ここで"Pass The Mic"のPVを再現。



てか、これが2年前なのか・・・と感慨深く、
Rigo君の横で3人の後ろ姿を見ながら踊る。
「この5人でスモール・オフ・サークル・オブ・フレンズ&Designですっ!」
というアズマさんからの言葉に恐縮し、すぐにステージからBarカウンターへ。
その後は・・・メチャクチャ呑んで、踊って、話して。

とにかく、ブッ続けでLiveをこなすアズマさんとオーガナイザー&SCOF/Designの
DJをやるRigo君が一番疲れたはずだけど、その2人のやってのける能力の凄さにも感服する。

翌日、アズマさんとBASI君とケンちゃんは取材の為、早めのチェックアウト。
サツキさん、Rigo君とVJをしてくれたユタカ君で出石そばを食べる。

3人は一路、和歌山へ、そしてボクは帰路。

ホントに最高でした。
ありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。

b0021026_8132774.jpgSpecial Thanks to...

アズマさん、サツキさん、Rigo君、BASI君、
ケンちゃん、M女史、Mura-Tさん、
NaokiShow君、DJ TADAYUKI、ユタカ君、
smokyee さん、ingot LOUNGE、
そしてPartyの出演者の皆様、
姫路・加古川のみな皆様

(←写真はアズマさんより拝借しましたw)
by shinyasta | 2010-10-17 08:23 | MUSIC

BDP x BBP

1stよりも実は好きなんです。

時に気分によっては、聴いていると「重いよ」ってなっちゃう。
何か親から注意を受けているような。
けど、それはHIPHOPに対しての愛情の裏返しなんだよな、
と長く間、聴いていると感じるようになってきた。
説教臭いって?まぁ、そう云わずに耳を傾けてみようよ。

b0021026_1337845.jpg












そうBOOGIE DOWN PRODUCTIONの話ね。
2nd "By All Means Necessary"が好きって話ね。
このジャケットは、マルコムXが云々・・・
このアルバム自体は、スコット・ラ・ロックが1st発売後に、
凶弾に倒れ、再起をかけたBDPの云々・・・の下りは、
レコード屋さんや他Blogさんにお任せして、
ここでは、写真に一緒に写っているBBP INC.の2010 A/WのJKとCAP。

今年の春くらいに、Mama Largeさん(BBP Production/Press)より
「こんなん作りますねん」って話をお伺いして、一目惚れ。
何も考えずに先行オーダー、生産で上がった時にはすぐに支払い
できずに少し待ってもらって、やっとこさ入手。
(BBPの皆様、申し訳ございませんでした・・・そして有難うございました)。

先日のZettai-Mu 15周年のPartyにセットで着ていったんだけど、
DJ QUIETSTORMと「わお、BDP!」なんていいながら、
笑顔でガッチリ握手しちゃうほど好評w

↓ このPVでも出てきますねぇ~w



てかね、言いたいのはそれじゃない、
その「モノ作り」のスタンス。このCAP、100%のPIG LEATHERでっせ。
メチャクチャ本気(マジ)でっせ。

BBPにはその「パクり方」に"オマージュ"を感じる。
愛情を感じる、だから欲しくなる。

ただの「パクり」じゃないんだよ、一緒にされたら困る。
「何やねんフットサルが好きなん?」みたいなのを
全面に押し出している某有名ブランドがいきなりネイティブ・タン系の
ジャケをパクってるTEEを見せてもらった事があるんだけど、正直、がっかりした。
「自分ら、それ意味ちゃうで」って事。
ちゃんと上の"MY PHILOSOPHY"のPV見直しなはれ。
わっかるかなぁ~、わかんねぇだろうなぁ~(by 松鶴家 千とせ師匠)

ま、ともかく、そーゆーのを「着ない(買わない)」ことがボクができる意思表示。
んで、エエと思うもんは、「とことん着る」という事がボクができる意志表示。

それは、HIPHOPの重要な要素"サンプリング"、
そのサンプリングの仕方に、「人となり」がうかがえる。
BBPのモノ作りとスタンスは、ホンマHIPHOPやなぁ、
と毎シーズン感じる事ができる。

あ、「説教臭く」なる前に、このへんでw


BBP INC.

あ、”FUNKY FOR YOU” TEEが再入荷してる、ほ、欲しいぃ・・・(←節操ないw)

ちなみに、掲載している"JKとCAPの正しい使い方"はコチラw ↓

BBP Gallery
by shinyasta | 2010-10-09 13:45 | MUSIC

Now On Sale


”今ここで言わないわけないぜ/柄にも無く息巻いて”
                     (Design "WE DESIGN")

b0021026_222277.jpg
by shinyasta | 2010-10-06 22:04 | MUSIC

Design 2010/10/06 

b0021026_2236865.jpg













b0021026_22363031.jpg
今日は簡潔に。
10/6です。
聴いて下さい。
そして、買って下さい。
ボクも買います。







Desiginのmyspaceはコチラ

先行配信&フリーダウンロード、そしてインタビューはコチラ

んで、そのリリパは、↓ コチラ。


b0021026_22411636.jpg















生意気にもオッサン、DJさせてもらいます。
是非、一緒に楽しみまSHOWBIZ&AG(のレコードは持っていく予定w)。
by shinyasta | 2010-10-04 22:49 | MUSIC

【ust録画あり】10/1 "M&M"@湊町VOLCANO

久しぶりに酒におぼれたいな、と思った。

現場にはクルマで行くので、酒を控えている分、
逆に、音に対して真っ向から向かっているような気がして、
酒に溺れたいのは、もしかしたら、それって一種の「逃げ」なのかな。

まぁ、偉そうに難しい事を書くのはよそうと思う。

でも、それくらい書きたくなる位にノックアウトされた、今回。
こうやって書くと、ナンだが後ろ向きのような感じだけど、違う/違う/そうじゃない/そうじゃない。

Mura-Tさんに誘っていただいた10/1 "M&M"@湊町VOLCANO。
面子がメンツだけに、正直、緊張してたんだ。

Mura-Tさん松本君 aka Matsumoto Hisataakaa
そしてムネキ君というDJ陣のおかげで、また自分のDJスタイルというものに、
逃げずにちゃんと向き合おうと思った。

あ、言っておくけど、「DJとして有名になりたい」とか「モテたい」とか、そんな次元の話でないよ。
ましてや、「稼ぎたい」なんて恐れ多い。

ただただ、「自分とタイトに向き合おう」と思った。

各位の選曲や繋ぎの素晴らしさなどを、ここで語るまでもなく。
その各位のDJスタイルの奥にある「何か」。
「(DJを)学ぶ、勉強する」とか、そういった簡単なことでないという事を。

「DJとしての姿勢」、それを考えさせる一夜でした。

b0021026_15214622.jpgMura-TさんのCD達。
この子達を聴くと
「凄い」「上手い」ってのが、
先行しちゃったりするのだが、
現場でナマのMura-Tさんの
DJプレイを聴けば、
そんな安易な話じゃないのが解る。






松本君の、あの飄々としながらの熱いプレイ、あれは昔からやった、今もそれは変わらない。
やっぱりナマで聴いて踊るべき。

そこから「何か」が産まれてくるのが解ると思う。

最後に、

出演者DJ陣・VJ、湊町@VOLCANO、来場のお客様各位は勿論のこと、
遠路はるばる足を運んでくれた、マイメン達、
コウちゃん aka Nylonizm(StudioALPHA / Moonbug)
ケンタ君 aka Novoiski (Moonbug)

ほんまおおきにです。

翌日の福岡でのLiveがあるにも関わらず、携帯メール/Twitterで、
その緊張を解してくれた
DJ RIGO君(SCOF)
アズマさん/サツキさん(SCOF/75clothes/Design)
BASI君(韻シスト/Design)
ケンちゃん(SweetBoon/HIP LAND)

そして、当日、Ustreamを見ていていただいた方々。

ほんまにありがとうございました。

------------------------------------------------------------------

↓ 当日の録画です(クリックでustreamに飛びます)。

ムネキ君 ⇒ Matsumoto Hisataakaa

Shinyasta ⇒ Mura-T

--------------------------------------------------------------------





・・・って、ここまで書いておいて云うのはなんだけど、このエントリー、大げさじゃね?苦笑。




でも、毎月第一金曜日"M&M"には行った方がいいですよ、特に「音好き」は。

最後に、今回、誘ってくれたMura-Tさん、ありがとうございます。
体調を崩されているにも関わらず、あのDJプレイは圧巻でした。

「師匠」と呼ぶと嫌がられてたので、これから「兄さん」と呼ばせてもらいますw

いや、楽しかったっすわ。
by shinyasta | 2010-10-02 16:07 | 日常