<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5th ELEMENT

久々に、"アングラ男臭い"系を。
男色ではないのですが、この辺りは、やはり好きでして。苦笑。


b0021026_23405311.jpg"Better/Smiley"
ASHERU AND BLUE BLACK
OF THE UNSPOKEN HEARD
(7Heads 1998<2003>)
結局、好き者のレコ棚には
集まってきてしまうであろう
THE UNSPOKEN HEAD。
写真左が発売された1998年、
写真右が2003年のリシュー。





内容も一緒なので、別に熱心な信者でもあるまいし、
こうしてジャケ違いで2枚所有しているのは、
曲名を覚えず、アーティスト名やジャケで覚えている
ボクのようなドン臭いヤツは、まんまと策略にハマって
こうやって持っているワケです。苦笑。

特に98のジャケ(左)は、これを読んでいただいている諸氏も、
結構覚えてられる方が多いのでは?
このジャケに、Spinnaのトラックに、レーベル"7HEADS"創立者の一人でもある
Wes Jacksonの兄貴:BLUE BLACKとASHERUという2MCの雰囲気あるフロウは、
良質なアンダーグラウンド感を伝えるのはに十分だったと記憶しています。
ただ、この辺りから「JAZZYな~」的な枠に嵌められて(しかし、そのお陰で、
日本でのセールスは伸びたけど・・・)紹介される事も多かったような・・・。
JAZZYを否定する訳ではなく、寧ろ好物な方だけど、
今でもたまに聴きたくなる当時のスピナ定番「浮遊系トラック」を、
何でもかんでも、その一言で片付けてしまうような風潮は・・・?と思わなくもないです、ええ。

b0021026_23413039.jpg"5th ELEMENT"
AKBAR
(ILL BOOGIE 2001)
まぁ、こちらも失笑な
ジャケが何ともいえない
のですが(苦笑)、
これまた、アングラの
レコードを買っていると
必ずは1度を手に取る
レーベル:ILL BOOGIE
らしい「男汁」な1曲。


その「ブツ切り」加減なサンプリングの打ち込みと跳ね感、
そしてキックの打ち方/抜き方を聞いていると、ああなるほど、
M-BOOGIE~MYKILL MIERS直系"ILL BOOGIE"の血が脈々と流れてんなぁ、、、と感じます。
ちなみに、Pro.はDJ Revolution(!)。



b0021026_23414847.jpg"International Connects"
EL DA SENSEI & MIKE ZOOT
(UP ABOVE 1998)
元々はノルウェーで
HipHop Producer/Artistの
Tommy Tee"Bonds, Beats
& Beliefs"というアルバムから
のシングルカット。
という訳で、当然、この曲のPro.は
ノルウェー人のTommy Teeであり、
MCとして、ヘッズ涎モノの2人が
招聘されてできたもの。


EL DA SENSEIは、このBlogでも語ってきているけど、
MIKE ZOOTにも弱いんですよね、ボク←気弱w
というか、このコンビ、掛け合いとか聞いていると非常に相性が良いと思うなぁ。
そこに、Tommy Teeの、良い意味で「懐かしさ」のあるトラックが、
また上手く絡まってると思うんですよね。



ま、いずれにしても、エサ箱常連組ですので、見かけた方は救出してあげてくださいw
by shinyasta | 2010-07-28 23:50 | MUSIC

YOU'VE GOT A FRIEND

「もうかりまっか?」

「ぼちぼちでんなぁ~」

というベタな挨拶をする大阪人も少なくなったと思いますが、
それでも、ボクらみたいなモンでも、会話の始まりには、

「んで、どうよ、実際、最近?」

世の中では「不況底打ち/回復の兆候」とか「大手、夏ボーナス微増」とか
いう言葉が躍ってる。

しかし、現場での、先程の枕詞への回答は、

「いや、大変やでぇ~」

「アカン、全然やわ」

「売れへんでぇ、ホンマにぃ・・・」

・・・と、まぁ、実際、景気のエエ話は耳に入ってこないですね。

それを嘲笑うように、梅雨明けと同時、夏本番の青空。

朝方に近所の竹薮からは鶯(うぐいす)の鳴声。。。

な~んか、世の中のバランスがオカシイような気がしないでもないけど、
とにかく、「青空」のような気分に持っていきたいもんでんなぁ~。

b0021026_0293299.jpg"B-Boy Posse"
Various
(Sutra Records ?)
「早くリリースしたいけど
できない、けど出したいっ」
という当時、"オイシイ"Artist
をコンピしたアルバム。
ご存知の通り、レーベルは
Sutraですが、B-BOY Recordsが
いっちょ噛んでいる、云わば、
「共同リリース」みたいなモノ。



面子としては、B.D.Pをはじめ、KC Work、The Bennetton Gang、G-Force、
Camden Crewが公平に(?)2曲づつという構成。
B.D.P"9MM Goes Bang"なんていう名曲も入っているけど、
このアルバムで取り上げられるのが多いのは、
やはりジャクソン5使いのG-Force"ABC"でしょうか。。。
確かに、小気味良く気持ちイイんですけど、ボクは同収録の「そのフロウと掛け合いが心地良い」
G-Force"COLD CHILLIN'"(←Sutra/B-BOY Recordsなのにこの題名というのもw)
や、いかにもオールドスクールな作り(その音の入れ方etc.)なKC Work"Rickaty Rackaty"も
好きだったりします。



b0021026_0301031.jpg"LIVIN' IN DA BOTTLE"
BROTHERS UV DA BLACKMARKET
(SELECT 1992)
その題名といい、BPMといい、
上モノの絡ませ方といい、
Rapフロウといい、ジャケといい、
レーベルはSELECTといい・・・。
もう、アレじゃないですか、
ミドル~ニュー好きには
発狂しちゃう内容でしょう?
苦笑。


首縦振り必須の1枚、まぁ、好きなんですわ、やっぱこの辺w
「"頭のスクラッチからRapに入った瞬間に、思わず首振っちゃって、
もう汗かいちゃうよ、夏は特に"系」は、やっぱ魅力的w
Y.B.Tも好きだけど、"はしゃぐ"感じのポッセカットでなく、
ちょっと落ち着き感じのポッセカットも悪くない(寧ろ、好きw)なわけで。



b0021026_0302986.jpg"Roberta Flack & Donny Hathaway"
Roberta Flack & Donny Hathaway
(ATLANTIC 1972)
と、まぁ、首縦フリばっかも
でけへん歳ですわ・・・
という事で。苦笑。
どちらもピアノ弾き語りにウエイト
を置いたご存知のヴォーカリスト
2人のデュエット作品という事で
あまりにも有名ですよね。


マービン・ゲイ&ダイアナ・ロスのデュエットも宜しいが、
こちらの方が、なんか「シュ」とした感じ(スマートな)がするw
ジャケット/見開きのデザインと質感が素晴らしく大好き。
キャロル・キングよりも若干、ヒンヤリとロバータの歌う"YOU'VE GOT A FRIEND"、
これはこれでまた良いし、このアルバムでは一番有名な"WHERE IS LOVE"も、
良い意味でもPOP感、そのサラっとした感じが夏に聴いても良いのかも知れません。
B面最終"MOOD"なんかは、ロバータのピアノとダニーの電子ピアノが
共演するインストルメンタルだし。

というワケで、映像は二人のLive映像、収録曲"Baby,I LOVE YOU"を。


by shinyasta | 2010-07-22 00:31 | MUSIC

S.C.O.F & design @Osaka 2010/07/10

「人好き」なんだけど「人付き合い下手」。

コレ、ボクのことね。

特に、大人数になっちゃうと、嬉しくなっちゃって、
色々な人とアッチコッチで色々な話をしちゃう。
俗に言う、「薄く」なっちゃう感じ、、、いや楽しんですよ、本当に。

でもね、どちらかと言うと、「濃いのんドップリ」が好きでして。
(ボクの中身が薄い・濃いは別にして。苦笑。)
だから、自分で「薄いな・・・今。」と感じていると、
何か一緒に遊んでもらった人達に申し訳ない気がするのです。

せっかくなら、一人ひとりと「濃いのんドップリ」逝きたいw

今回も、ご多聞にもれず、Small Circle Of Friendsにdesign、
さらに韻シストが一緒にLiveをするという事でお邪魔した
BOSSANOVA underground~10th anniversary@NOON。
心配いりません、内容は濃かったです。

M女史と待ち合わせ後、入場から、
まさかのライキ君(From 周南)・熊兄さん(From 熊本)と
えげつない(←最高の賛辞w)出迎えを受け、その後、色々な人に逢えて、
もうテンションのリミッター作動(下記Special Thanks欄参照w)。
はよ呑まな、、、と急いでBeerを買って、「控え」に顔を出すと、
いつもの面々・スモサのお二人、マイメンRigoクンを見て、ホッ。
背後から、BASIクンも声をかけてくれる。
嬉しいね、やっとオジサンの事を覚えてくれたのかしら?
(そりゃそうだ、designに、あれだけ付きまとってるんだもんねぇ。苦笑。)
今日は韻シストのメンバーもいる事だし、リラックスしてる感じ。
んで、その後ろに「髪を後ろに束ねて、いいニオイのする」ケンちゃんw

そんな事をしているとスモサがLiveがスタートという事で、急いでフロアへ。

b0021026_22444879.jpg超満員。
毎回、このBlogでのレポートに
書くけど、やっぱりね、
スモサのお二人、大阪での
Liveが回を重ねるうちに
リラックスをした感じが
出ていて良い。
今回も勿論、良い。
サツキさんの顔色もいいw
アズマさんのRapも滑らか。
前方に、スモサファン連合が
踊っているのが見える。

その安心感というか、何と言うか、こちらもリラックスしてくる。
曲が進み、”PASS THE MIC”で、BASIクンが登場。
わかっていながらも鳥肌。


b0021026_22455058.jpgそして、designでのLiveがスタート。
Rigoクンのスクラッチも入る、
アズマさんもスモサの時より
ハードな印象に変わる、
BASIクンのRapもキレキレ。
ぬはぁ・・・ヤバイよ、
と隣で踊るライキ君と。
そう、こうして、横にわかっている
人と並んでLiveを見るという「楽しさ」。
案の定、ラム・コークを床にブチ撒ける。没。


あ~、楽しかった、、、と思っていると、その後も色々な人と出逢い、談笑を
しているウチに、とにかく座りたいですね、と一旦、外へ避難。


b0021026_22462361.jpg明け方、どこも空いておらず、
「なか卯」で乾杯www
・・・とココ辺りから記憶が
薄れております。苦笑。









b0021026_2247451.jpg"Vibin'-Remix"
BOYZ ⅡMEN
(MOTOWN 1995)
安易なのかもしれないけど、
このエントリーを書くのに
聴いていたのが、
このThe New Flava仕様。
Feat.豪華メンバーで、
当時は流行ってたがあったけど、
実は、トラックが秀逸。
今回の夏には一足早い
ナイトフライトには、
しっくりくる浮遊感。




・・・・・

・・・・・

後日、アズマさんからのメール、そしてParty前でのサツキさんとのやり取りのメール、
実際、まさに同感なわけで。

傲慢(ごうまん)を承知、同じレベルで話してはいけないのですが、
ボクも一緒の事を感じてるんですよ、アズマさん、サツキさん。

冒頭に書いた通り、ボクは「人付き合い」がヘタ、って自分で思う。

でも、どうぞどうぞ、お二人には、今までの通り、
これからもみんなに気持ちイイ曲を聴かせて下さい。
これからも気持ちイイ服を作って下さい。

お二人には、素晴らしいモノ(人柄・音・歌詞・Live・・・ファッション)を産み出す事が
こんなに「継続」できている。

その恩恵を受けているのは、ボクも含めて沢山いるのですから。。。



Speicial thanks to・・・(今回、お逢いできた皆々様)

アズマさん・サツキさん(Small Circle Of Friends , design , 75Clothes)
DJ RIGOクン(Small Circle Of Friends , design:いつも「おおきに」w)
BASIクン(韻シスト, design)
M女史(所属不明:次、昼呑会、いつ?www)
ケンちゃん(Sweet Boon Music/HIPLAND MUSIC:んで、ガチで90sR&B語り呑み、いつよ?w)
ライキ君、熊兄さん、シシィさん、マーボゥさん(スモサ連合:これからもよろしくでございます)
nanaleafさん(絵描きさん:東京、ガンガレ!w)
NAGAN SERVERクン(ABNORMAL BULUM@)
Mura-Tさん(a.k.a Mulatino:・・・話したかったです、、、)
DJ JUNIAさん(Bar MUSZE:近々、またお邪魔しますっ!w)
by shinyasta | 2010-07-13 23:16 | MUSIC

MY FILA

b0021026_22552650.jpg先週末はベーグル職人であり
DJでもあるノブヒロックさんに
お誘いいただいて、
尼崎のカレー屋さんの
2周年Partyにて
ちょこっとDJさせて
貰いました。






非常にアットフォームな雰囲気の中、いきなりやって来て2枚ガシガシして、
カレー食べて帰るという失礼極まりない行為をしたわけですが、
ノブヒロックさんのDJも聴けたし、カレーも美味しく、個人的には楽しかった。
ありがとうございましたw

という訳で、いつものようにレコ紹介を。

b0021026_2258494.jpg"ROCK AND COMEEN"
LADY APACHE
(WEEDED 1995)
最近、あんなに嫌いだった
ラガHipHopに針を落とす
機会が増えたんだけど、
まぁ、歳を取ると丸く
なるもんです。苦笑。
とはいえ、コレは、
そうです、Evil Deeの
Remix!


D&Dでの収録だし、さらにwith RapにFinster&Bundyのクレジットが!
Evil DeeのトラックにFinster&BundyのRapとくれば、
もうお分かりですのよね?(って、ラガの意味ないじゃんw)
けど、トライブの"Lyrics To Go"の同ネタ使いに、
ビートマイナーズ一派のブットいドラムとRap、
そこにLADY APACHE嬢のラガなフックが絡んじゃう辺りに
「うひゃひゃひゃ」となっちゃうw
ちなみに、これ"Flava in Ya Ear"も使っているの、わかりますぅ?




b0021026_22591117.jpg"MY FILA"
Fresh Gordon
(Tommyboy 1986)
もう何もいう事は
ありませんw
RUN DMCのAdidasに
対してのFILA賛歌。
もう笑うしかない
ないでしょう。笑。




というか、こういうシャレっ気がHipHopには重要なわけで。
怖いばっかりがHipHopじゃねぇよ?w
この12inchの後ろには、下記クレジットが。

TO RUN D.M.C.: "MY FILA WAS NOT MEANT TO DISRESPECT THE #1HIT
「MY ADIDAS」,For WITHOUT「MY ADIDAS」,IT WOULD NOT HAVE BEEN
POSSIBLE TO CREAT「MY FILA」

・・・どんなけ真面目やねんっ!www
てか、どんなけトラックもフロウも"MY ADIDAS"を意識しとるねんっ!w



・・・今年の夏は、やっぱFILAか?大笑。
by shinyasta | 2010-07-07 23:04 | MUSIC

LOVE THE ONE YOU'RE WITH

天気予報が当たらない日々が続いておりますが、
「ムシ暑い」ことには変わりません。

特に、満員電車。
これから始まる辛い一日。苦笑。
クーラーは効いているとは云えども、満員ですから、
体温高めのオジサマなどと「ピッタリ」と体がくっついてしまう訳です。
まぁ、オッサンのボクがいうのはオカシイのですが、非常に心地悪い。笑。

b0021026_2141271.jpg”Naked And True”
Randy Crawford
(WEA 1995)
なので、耳にセットした
ヘッドホンから流れて
くる音は、できるだけ
「爽やかな」であって
欲しい。
それを「現実逃避」
というのだろうか。



Randy Crawfordといえば、真っ先に思い浮かぶのがCrusadersの"Street Life"。
そう、夜風が心地よい夏の終わりかけのナイトライフを妄想してニヤリとするアレ。
このアルバムも同様に「ニヤリ」とするのは、95年当時の"クラブ・ミュージック"に対して
Randyなりの表現、といったら大げさか。
いや、「踊る音」というよりはこれから夜に繰り出す時の車内だったり、Clubに一緒に行く
友達との待ち合わせに入ったCafeでかかっているような「踊る前の音」としてピッタリな感じ
がする、なるほど、"Street Life"でのRandyの歌声がそうであるように。
そう「わくわくする」「体を揺らしたくなる」というのにピッタリなアルバム。
"Give Me The Night"を筆頭に、"Foget Me Nots"などの名曲もあれば、
"Purple Rain"や”Joy Inside Me Tears"なんていう比較的、
有名で聴きやすい曲がズラリ。
前述"Give Me The Night"の12inch(写真:左)では、”CHILL NIGHT MIX"が秀逸。



b0021026_22344478.jpg"STEPHEN STILLS"
STEPHEN STILLS
(ATLANTIC 1970)
そうして疲れた1日を終え、
「さて今晩は何を聴こう?」
と考えながら帰る道のりは
楽しい。
帰って、手洗いうがいを済ませ、
ビールをプシュっと開けて、
こんなレコードに針を落とす。



"LOVE THE ONE YOU'RE WITH"といえば、先にIsley Brothers、
その後に東京No.1ソウルセットのネタとして思い浮かべてしまうボクですが、
元々は、このSTEPHEN STILLSの曲なんですね。
Isleyに比べ、よりアコーステックな感じがして、疲れを癒すにはもってこい。
さらに、クレジットには、このBlogでも何度か紹介したRita Coolidgeが
コーラスとして参加している模様。
ところが、このアルバム、それだけじゃないんです。
ジミヘン、エリック・クラプトン、ブッカーTなども参加している曲も収録されています。
故に、所謂、「名盤」扱いされていますが、このアルバムが良い処はそんなんじゃなくて、
そんな有名な面子を差し置いて、あくまでもSTEPHEN STILLS風味がちゃんと出ている処。
どこかの国の、featuring何某で売れている(売れようとしている)のとはワケが違うwww

こちらは、Live映像。
オジサンでもカッコよいよね。



あ~、波乗り行きたいなぁ~、もうっ!www
by shinyasta | 2010-07-06 22:37 | MUSIC

teenage sensation

う~ん、コレ、なんかなぁ、、、
気になるなるなぁ、どうしよう。。。
買ってみようか、、、
あれ、持ってたっけ?

非常に集中し、頭がフル回転。
どんな情報も見逃すまいと、小さなクレジットを
食い入るように見て、自分の記憶との糸口を探す。

皆さんも経験がおありだと思う、その「楽しい時間」。

b0021026_457846.jpg"take dis"
credit to the nation
(One Little Indian 1993)
BOOK OFFの最低価格ラインが
並ぶ棚の前で、前述のような
事が頭の中で繰り広げられた
のが、このアルバム。
待てよ、聞いたような名前、
見たことあるようなジャケ。
まぁ、10枚買っても、
アルバム1枚分。。。


よし、ココは清水の舞台から飛び降りるつもりで。。。
と、大体、1ヶ月に1度は清水から飛び降りている計算になるが。
たかが今ではタバコも買えない1枚辺りの値段に大げさな、、、、
という話は置いていて、帰って聴いてみると、
嗚呼、やっぱり買っておいて正解、ウフフフ、ブフフッ・・・などと不気味な笑いを。

Matthew aka MC FusionとダンサーとしてT-SwingとMista-Gから
なる比較的アンダーグランドなUKのグループ
(ライナーにはcommonknowledgeもプラスされている)。
このアルバムの中でも一番の目玉であった
Nirvanaの"Smells Like Teen Spirit"をサンプリングした
"Call It What You Want"で、一躍、世間に名を知らしめるようになる。



このように、ある意味キャッチーなものに惹かれがちだが、
アルバムの他の中でも良曲が多し。
特にリリックに関しては、評判がヨロシクないとはいえ、
トラックなどは、非常にマナー通りなモノが多く、
そのサンプリングネタ、時にUKらしいラガやジャングルという
色々な試みもされているあたりにHIPHOPさが滲み出ている。

例えば、ここに良い口笛からはじまるこの曲。
JAZZYとかド直球マイナーミドルとか
そんな安易な言い回しだけの曲ではないと思うんだけどな。



そうして注目された以降は、やはりその過激さ故に、
レーベルが変わり、"Call It What You Want"に変わるヒットを狙うも
不発に終わり、2ndアルバムまでは到達できず、再度、地下に潜る事に。
しかしながら、2010年後半にアンダーながらもアルバムをリリースする
という情報もあり、何より活動を続けているという事自体、嬉しい事と云える。
by shinyasta | 2010-07-04 05:04 | MUSIC