<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【SCOF Live追記】 Ken Chang 11/29@ 難波rokets

b0021026_523419.jpgすげぃ微妙な
Jazzy HipHopの
フリースタイルの後に
(だって、自分で「ジャジー・
ヒップホップ!」とか
言っちゃってんだもんw)
ファッションショー、
その後に、、、、


(←一番左の人がケンちゃん)







ケンちゃんのハッピーバースディ。

おめでとう。

こんな事をしてもらえるなんて、ケンちゃんの人柄の賜物やね。
ケンちゃんには、現場でオッサンの相手をしてもらったり、
送ってもらったりしてお世話になっています。

でも、敢えて言います、「アカンでぇ、ケンちゃん」www

面白かったナー

11/28 @難波rokets

b0021026_21475923.jpgSCOFのLiveは
かなり良かった。
何がって、今回2回から
見ていたのですが、
お客さんが楽しそうに
踊ってたし、ボクだけの
偏見かも知れないけど
スモサの昔の曲に
盛り上がる@大阪のノリ
とは違い、新しい曲にも
ちゃんと手を上げて反応
していた処。


2階から見ていると、後半になるにつけてフロアの後ろのお客さんが、
ステージに押し寄せていくのがわかった。
「嗚呼、福岡のスモサのLiveって、こういうのんだろうな」って、ちょっと鳥肌が立った。
そして、アズマさんもサツキさんもRIGOクンも気持ち良さそうに
曲を進めていっているのが、何より嬉しいし、楽しい要因の一つであったのは間違えない。

その後、関西スモサ連合(←いつからそんな名前?w)の同志であり強敵でもあるシシィ*さんや
前述のケンちゃんと話し込めて(いや、酔っ払いのカラミか?ww)気持ちよく帰路につけた。

翌日、寝坊して、急いで心斎橋。スモサの2人と合流。
内容は、お二人のBlogにて(tenukidesu!)。

アズマさん(SCOF)のBlog

サツキさん(SCOF)のBlog

b0021026_23191534.jpg













個人的な印象は、「digmeout cafe」でアズマさん・BASIクン・サツキさんの中で、
偉そうに意見を言っている自分は一体、何者なのか?と、ふと思う。苦笑。

b0021026_2284786.jpgんで、サツキさんを
新大阪駅まで送り、
アズマさんを
いつものように
拉致&自宅監禁。笑。
サツキさんがBlogで
言っている「ナンとか?
マッコリ??(お酒)」
というのはコチラ。
「虎マッコリ」です。
Take-yanさん
美味しかったです!w)


てか、虎マッコリ、一瞬www やっぱり1時間も持たなかった・・・
お次は、EBISUビールをchaserに、鹿児島の「なつめやし」の焼酎(アルコール分 30%!)を
お湯割り⇒瓶の最後の方はほとんどロックと云って良い濃さでw
これも、2人でほぼ2時間で・・・

朝、起きて、「空(から)」になった缶や瓶を数えてみますと、

EBISU Beer(350ml) 7本
虎マッコリ(700ml)     1本
なつめやし焼酎(720ml) 1本

という計算になります。笑。

今回も一杯呑んで、一杯話せたな、うん、アズマさんもRelaxしてくれてたようだし。
いつもありがとうございます、アズマさん。
また、拉致りますねww
by shinyasta | 2009-11-30 22:34 | 日常

2000BLACK

と、クルマの話はコレ位にして、いつものエントリーに戻りますw

b0021026_1331247.jpg"BABULU BAD BOY"
MELLOW MAN ACE
(Capital 1992)
スパニッシュ系、なんて
括りにされてたりする
センドック(Cypress Hill)
の弟・MELLOW MAN ACE。
てか、キューバ生まれの
カルフォルニア育ちですよね。
この写真(ボクが持っている)のは、
"WHAT'S IT TAKE TO
PULL A HTTIE"の


12inchのb/wの1曲なんですが、多分、"BABULU BAD BOY"だけでも切られてたと思います。
この曲は、その"スパニッシュ(じゃないとボクは思うw)”なイメージを覆す、結構、ド直球な1曲。
Harbie Hancock"Fat MAMA"使いで、どうやらDJマグスもアレンジに絡んでいる模様。
そう、いつもココでお話している、「マグス男汁系」な一曲です。苦笑。

残念ながらyou tubeで、この曲を探せなかったので、
代わりに、これまた直球な”"Rhyme Fighter"をお楽しみ下さい ↓



b0021026_1350472.jpg"WIRED"
JEFF BECK
(CBS 1976)
ベタですいませんw
たまに聞きたくなるんですよ、
"Come Dancing"を。
定番ブレイクですものね、
カッチョ良いのは当たり前か。。。
IMPEACH THE PRESIDENT
といい、この辺の定番は聴くと
気持ちが昂るのは、何か体に
刷り込まれているからですよね、
きっと?w



b0021026_142958.jpg"2000BLACK:
the good good"
V.A
(PLANET E 2000)
以前のエントリー
The Stylisticsのリメイクを
紹介したPLANET Eレーベル
からのV.A.
目玉は、MMBLACKの
"2000BLACK"feat.に
ROY AYERS !


調べてみますと、この盤はどうやらPLANET Eのライセンスみたいですが、
実際は、4heroのDEGOが、「ドラムンベース飽きた」って言って立ち上げたレーベルが、
この"2000BLACK"で、レーベル名も、そのROY AYERSとの曲から取ったんだそうです。
この曲に「Think About Future, Think About Change」というフレーズがあって、
60年代~のブラック・ミュージックから学んでベストを抽出し、次のレベルを持っていくのが
目的に設立・運営されたレーベルらしいです。

ウチのBlogで扱うには、少し壮大な話になってきたのでこの辺でww
by shinyasta | 2009-11-28 14:23 | MUSIC

SOUL

b0021026_0511883.jpg右手にダンキンドーナツで
買ったコーヒー。
左手にパスポート。

前には、ゴルフ帰りの日本人の
オッチャンの団体さん、
後ろには、ブラックのバックパッカー。

19:30フライトか、45分前だったら
イミグレ通って、ゲートまでゆっくり
行ったら丁度ええ時間やな。



アシアナのカウンターのお姉ちゃんが笑顔で、「チケットとパスポートお願いします」

・・・・

「!」

・・・・

「もう間に合いませんよぉ~!もう!」と、アシアナ姉ちゃんは眉間に皺を寄せ困惑顔。

なに言うとんねん、、、、
アシアナ姉ちゃんが指差すチケットのフライト時刻を見ると、

19:10


・・・・・

へ?


ボクのただの勘違い。
すでに出発まで30分を切っている。

急いで、お姉ちゃんとイミグレーションへ走る。
持ち物検査は、韓国のオバチャンの団体さんでごった返している。
一旦、後ろに並んでみるものの、全く動かず。
横からすり抜け約30人をごぼう抜き、強引に割り込む。
・・・意外と、みんな文句を言わない。よっぽどアセってる顔だったんだろう。

持ち物検査は一発で通過(アレ、韓国って靴脱ぐんじゃなかったけ?)、
次は出国スタンプを貰わなきゃ。

「アニョハセヨ~、ちゃうわ、ちょ、マジ急いでるねん」と、
チケットを見せながら出国監査員へ、思わず日本語。

「ああ、このゲート、一番遠いよ・・・走らないと。」と
ユックリとスタンプを押しながら。。。

わかっとるわっ!

パスポートをふんだくって、仁川空港・37ゲートへ。
また、こういうときに限って、走りながらペンとかライターとか落とすのよ。苦笑。

なんとか出発3分前に滑り込み。

ふぅ・・・・といった感じで帰国できたのですが、皆さんご無沙汰しております。笑。
長らくコチラ(WEB)の世界から離れておりました、、、てか、めっさ忙しいがなwww
先週一杯は韓国へドタバタ出張でした。

んな訳で、韓国クルマ事情(←急展開w)。

もう5年前位かな、このBlogでも韓国のクルマ事情について書きましたが、
まぁ、しばらく行かない間に、クルマといい、Fashionといい、変わってきてますね、ソウル。

b0021026_23351018.jpg「ソウル」という訳では
ないですが、KIAの「SOUL」。
コッチいうと、トヨタbBとか
日産のcubeとかみたいな感じかな。
なかなか実物はよろしくて、
肌色みたいなベージュが
あるんですが、それがまた
カッチョよろし。




b0021026_23385253.jpgお尻もナカナカ。
どうやら最近のKIAは
カルフォルニアのデザイン
センターをお持ちのようで。
現地で「カッコいいね」って
話すと、「それは、あまり見ない
からですヨ~、女性の乗る車
ですヨネ」だって・・・そうかな?w






b0021026_23432478.jpgSsangYong(サンヨン)
のアクティオン。
2ヶ月前位に同じく
韓国出張した時に、
眼に付いてたクルマ。
コッチで云うと、RAV4や
X-TRAILクラスのSUV。
ピックアップのデザインが秀逸。
実は、サンヨンって、
日本でいう会社更生法が
適用されてる会社なんですよね。



b0021026_23471778.jpg 結構、街で見るし、
意外と、サンヨンの建て直しに
貢献してる車種じゃないかな。
これも現地の人に言うと、
「コレは、働く人が乗る車
(どうやら商業車のことらしい)
ですヨ~」と。
まぁ、ボクは確かに商業車が
大好きだけどねwww



b0021026_23534539.jpgんで、そのサンヨンが
出しているロディウス。
イギリスの某自動車番組
では、「世界一醜い車」だの
「無料でもいらん」なんて
云われていましたが、
まぁ、良し悪しは別にして、
かなり個性的ですよね。
ボクは、日本のファミリー・
ミニバンよりは好きだな。苦笑。
普通、このお尻、あり得ないしょ?w



現地のアテンドしてくれた人が言っている通り、ただ物珍しいだけかもしれないけど、
以前に書いた時のように「三菱やメルセデスのニセモノ」みたいなクルマばかりではなく、
確実に韓国のクルマはデザインを含めて「オリジナル」な感じが出てきてます。
日本のクルマの方が、そういった「(デザインで)遊ぶ」という楽しさを忘れてるかもですね。
by shinyasta | 2009-11-27 00:07 | CAR

GET RETARDED

b0021026_1291414.jpg"GET THE POINT"
C.E.B.
(RUFF HOUSE 1992)
8月末のエントリーでも紹介した
フィリーの3人組のC.E.B.。
"GET THE POINT"の
remixしか収録されていない
12inchしか無いな、欲しいな、
原曲の方、、、、と思っていたら、
回ってきましたw



のっけから頭を振ってしまうノリの良いミドル~ニュー好きに「好かれそうな」ビートは、
そのBPMからか、声高気味Rap・フロウからか、はたまたPosseカットっぽいからか、
ノーティーの初期を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。
残念ながら、you tubeは「埋め込み禁止」の為、興味ある方はどうぞ下記URLコピー&ペーストにて。

http://www.youtube.com/watch?v=BNlE5vf5GWc

しかしながら、色々と調べてみると、このCOOL CやSteady Bは、
この2年後には、銀行強盗を試みた(未遂?)とか。
ちなみに、"GET THE POINt"も前エントリーの曲も全て収録されている
アルバム名は「Countin' Endless Bank」・・・・そのまんますぎてクリビツですな。苦笑。

b0021026_1293960.jpg"SLEEPING PILLS"
MAGIC JUAN
(E-LEGIT 1993)
上記C.E.B.から、
そのまんま繋いじゃっても
いいんじゃない?っていう位
の「男汁100%ノリ」な
アッパーな曲。
う~ん、はっきり言って
モテませんよ、こんな曲を
聴いててもww


でも、仕方がない、首が勝手に動いてしまうんだから。
何度も断言している通り、アッチじゃないのだが、どうしても、こういう「汗臭い」を好んでしまう。
ほら、あるじゃないですか、プリモ+MOPの曲がフロアでかかってしまうと、
そんなに好きでなくてもアガってしまう、あの感じに似てる。(←わかりにくいw)



b0021026_1454278.jpg”GET RETARDED"
MC EZ&TROUP
(FRESH 1988)
MC EZがクレッグ・マックだ
と知ってた人、手を上げて!
ア~イ!というワケで、
ここを訪問してくれる方々で
は当たり前かも知れませんね。
この曲は、そうです、
「ズンズンズン、ズンズズン・・・」
の、アノ曲ですね。



そういえば、”More&More"のMAJOR STRESSもサラーム・レミ主催のレーベルから
"Smokin' & Fuckin' ”という素晴らしい題名(苦笑。)の曲で、この曲をそのまんま使用してましたね。
A面の”JUST RHYMIN' "も、数々のMix TAPEに収められていますが、
ここは、マツダの宣伝ではないですが、この「ズンズンズン~」を押していきたいと思います。
RAPの「もっちゃり加減」が、ビートにネットリと絡んでてカッコ良いし、ね?w


by shinyasta | 2009-11-16 02:00 | MUSIC

COME BACK

Ben The Aceさんが紹介してたので見られた方も多いと思いますが、
11月9日のPete Rock&C.L.SmoothのLondon Live。



2人のT-SHIRTSがいいですよね、、、って違った、

T.R.O.Y.の頭、Peteのスクラッチ⇒いつもの「あのループ」⇒両手バンザイの大歓声。
ふぅむ、コレだよコレwww

さらに、SCOFからはDel The Funky Homosapien ”Lyrics to go 2009”を教えてもらって、、、
そう、あの"Lyrics to go "のDel 版。

んで、来年の1月25日には、DE LAが来阪だって?
おいおい、勘弁してくれよぉ~。苦笑。

という訳で、レコード紹介に移ります。
(本文とレコードは関係ありませんww)

b0021026_235721.jpg”The Masha"
Capital Tax
(MCA 1993)
良質なグループを輩出する
オークランド出身のグループ。
仔細は不明ですが、
このレコードは、”The Masha”
の中でもFAZE-OネタのRemix
が主体の12inch。




以前、同じレーベルで紹介したJUSTICE SYSTEMの雰囲気をもった"Jazz Mix"も
収録されていますが、やはり、ここはRemixのRIDING HIGH"のループが、
エエ感じに、この時代感を出してます。

↓ 残念ながら、you tubeにRemixはないので、Originalをお楽しみ下さいw




b0021026_01353.jpg"The Tale Of The Stolen Funk
And How We Stole It Back"
CrankCase+Andy Cooper
(Pete 2005)
写真の色、悪っ!www
Ugly Ducklingのメンバーの
Andy Cooperはわかるけど、
CrankCaseの仔細はわかんない。
けど、心躍るベースラインと
高めのドラムの跳ねが気持ちいい。



ちなみに、"CORDOVA(LIVE)"なんていうのも収録されてるけど、
かなりの「生(ナマ)」感。。。って、仔細を知らないけど、
アレかな、生(ナマ)・プロジェクトなのかしらん?(・・・・どんなプロジェクトやねんっ!w)


・・・・何となく、西海岸づいてます。。。。
by shinyasta | 2009-11-12 00:45 | MUSIC

dublab




"みんな流行を気にしない。


音楽を愛しているだけなんだ。


それが一番大切なことなんだ"





以前に、iTuneのネットラジオで唯一好きだった"dublab"(今はiTuneでは聴けないよね?)。
いつも心地いい音を流しているので、「イカしたネットラジオ局だなぁ~」と、よく聴いてたけど、
こんな人達が運営してたんだね、なるほどね。


いいねぇ。


日本で、この面子でPartyするんだ?
"LOW END THEORY"なんていうparty名もイカすじゃん。
その他、展示会なんかも・・・こういう時は、Tokyoって場所はいいな、と思うなw

詳しくは・・・ココをクリック


One Love !
by shinyasta | 2009-11-10 18:04 | MUSIC

HIP-HOP BE-BOP

まだ慣れへんわ~。

いや、カメラ変えたんです。というか、実家から回ってきて。
そこそこエエやつみたいやけど、まだ上手い事使いこなせてない。

まるで、今、ウチにあるMPC2000と同じやがな、、、没。

ま、カメラもMPCも、とにかく「使って慣れていく」しかないよねぇ。

さて、気分転換に久々にDown Southでも聴こか、、、と棚の前に行ったのが後の祭り。
「それより、アレ、どこいったっけ?」という名の旅の始まり。

あった、あった。

b0021026_1342987.jpg”HIP-HOP BE-BOP"
GHETTO PHILHARMONIC
(TUFF CITY 1994)
当時、JAZZ+HIPHOPに
えらく憧れてましてねぇ。
あ、そういや、
3年前のエントリーで、
グレッグ・オズビーや
バックショット・ルフォンクの
事も書いてたけど、
もう、その辺を片っ端から
買っていってた時に、
コイツも買った(んだと思うw)。


もう、ザッカリー・ブルーの”laidback"とかでも「う~ん、シャレオツHIPHOPやないのん」って
思ってた、そんなどうしようもない頃、Rootsとか知らなくて、
マイルス(+EASY MO BEE)の"Doo-Bop"に出逢い、
「おおお、これからはコッチやろぉぉぉ~」と下宿先で一人で唸っていたのを思い出しますwww

コッチ、つまり「生音とシンプルめなビート、そしてターンテーブルも楽器の一つ、そしてRAP」という形。
あくまでも「どれか一つが欠けてはいけないし、かといって各人が目立ちすぎたらカッコ悪い」という形。

本作では、”R.U.A. Soul kid?"が一番のお気に入りなんですが、
you tubeで探しきれなかったけど、結構、貴重やと思う"Don't Bite the Concept"のPVと、
94年の匂いプンプンのトラック&スクラチにホーンが絡まる"Something 2 Funk About"を
載せておきます。

↓ このPV、当時も見てないし、初めて見ましたわ。




by shinyasta | 2009-11-08 02:11 | MUSIC

Tora Makkori &・・・・

b0021026_134847.jpg問題は、手前の"悪そうな"男ではなく、店員さんが開けてくれている

「虎マッコリ」

いや、もう美味すぎて、結局4人で4本を
アッと言う間に空にしましたww






アメリカ人よりアメリカンな、外見は「怖い」が中身は「優しい」インポーター・Take-O氏(悪そうな男w)
と前職の部下のMとSを連れて、ディープ・ゾーンにある某ホルモン屋。

「Shinya☆Staはん、ええマッコリ呑ますとこ、ありまんで。」とTake-O氏
壁にはM1グランプリの優勝者や人気若手お笑いのサインがズラリ。
まぁ、ここやったら顔を指さへんよねぇ、確かにw

ホルモンも最高なんだけど、問題は「虎マッコリ」。
その店には無かったんだけど、わざわざ本店から取り寄せてくれる。
本店は近く・・・でも、到着まで、結構時間がかかる。
何でも、あんまり雑に動かせないらしく、、、ユックリ丁寧に持ってきてるから、とお店の人。

「虎マッコリ」は無添加・無加糖・非加熱・・・つまり、「生き物」。
作ってから2~3日の内に呑まないと駄目なんですって。
ガタガタ動かしたり、急に蓋を開けたりすると「モコモコ」って泡が出てきちゃう。。。
実際、店の人、蓋を1分~1分半くらいかけて、ジワジワ開けてたものww

「オモロイ話」と「美味いホルモン」と「虎マッコリ」。贅沢でっせ、コレ。

まぁ、MもSも眼を輝かして「美味しいですぅ~~」を連発。。。
なるほど、美味しいもんを沢山知っているTake-O氏、こりゃモテますわな?www
モテるには、美味いメシと酒を出す店を・・・というのは、
強(あなが)ち「ウソ」ではないかもね、と思う一晩でした。

b0021026_0233739.jpg”On The Real"
Mobb Deep/NAS
(White 年代不明)
ベタですが、Take-O氏
の「男臭さ」を見ていると
この曲が思い浮かぶ。
Pro.にはMarley Marl師匠、
A面:Mobb Deep、
B面:NASと来れば、
もう、ねぇ?www
また、酒が合うのよ、コレw




b0021026_0344179.jpg"Back To Reality(Marley's MIX)"
Intelligent Hoodlum
(A&M 1990)
Marley師匠繋がりで。
SoulⅡSoul丸出しVer.
もいいけど、ここは男汁Ver.で。
もう、モゾモゾしちゃうますねぇ。
地を這うベースラインが
なんともMarley師匠っぽく、




ホーンの飛ばし方なんかも、「嗚呼、Pete先生もコレにヤラれたんだろね」と妄想できるし、
そこに、フードラムの声高"男前"フロウ・・・。
悶絶した後、失神www


そう、"Reality"つながりでは、何とブルックリン在住のフォトグラファー・詩乃さんから
コメントが貰えて嬉しい!!

ボクが勝手に「カッチョええ~」騒いでるFUNNY?
Large教授T-SHIRTSの「Reality」な写真を撮ったのは詩乃さん。
ボクが云うのは、アレですが(どれ?w)、いつも男前な写真を撮られています。
ブラック・ミュージック好きなら、どこかで必ず詩乃さんのPhotoを見てると思います。

・・・少々、舞い上がってしまいました、詩乃さんのBlogです↓
詩乃さんの人柄が出ているステキな写真と文章です。

"The Art of Living "
by shinyasta | 2009-11-07 01:15 | 日常

RIDE THIS

b0021026_1032093.jpg←左は以前にエントリーした
笠井紀美子だが、
ふとJean Terrellを
聴いていて、ジャケが
似てない??ってww
笠井紀美子の方は、
篠山紀信で、アルバム
は1976年で、
このJean Terrellは
1978年、つまり2年後。
笠井紀美子の方が早いっ!w



b0021026_10261993.jpg「せやから何やねん?」な
話なんですが、レコードの
一つの楽しみとして、
こういう発見だったりもできて
面白いですなぁ、という事。
背表紙なんて、背景の色まで
ほとんど一緒やもんww
こういう写真の世界で、当時、
一部の日本が先行していた
処もあったんでしょうね。



さて、本題のJean Terrell "I had to fall in love"(A&M 1978)。
やたら最近、針を落とす機会が多いのですが、それはフリーソウルで人気とか、
レア・グルーブだからという理由ではなく、ヘタすると重くなりがちのアルバム名に比べて
何となく「ヘンな力が入っていない」処。残念ながら、笠井紀美子の方が聴いていて
「重く」なってしまう感じがする(まぁ、そうなりたい時はオススメですが。苦笑。)。
レア・グループ好きの"Risig cost of love"は勿論、
BREAKWATERのカヴァである"No Limit"も極上・・・。
その伸びやかな歌声は、DIANA ROSSのかわりにTHE SUPREMES入りを
果たしていた事の証明されている感じ。


b0021026_1051833.jpg"RIDE THIS"
L SWIFT
(blindside 2000)
ジャケ繋がりという事で
Natural Elementsの
一人、L Swiftのシングル。
裏ジャケによぉ~く見ると
"Photographed in Osaka"
という記載が・・・

「御堂筋」やがな、コレwww


ジャケ裏には「御堂筋八幡町」の信号表示が・・・
おおお、ちょうどUAの辺りちゃうんけ?(←いきなり大阪弁丸出しw)
シングルタイトル名にもなってる"RIDE THIS"は御大・Kenny"Gonzalez"Dopeが
Pro.していて、上手くL SwiftというかNatural Elementsに合うビートの刻み方を
していて、底から男心を沸々させてくる。b/wは、みんなが大好きDJ SpinnaがPro.。
少し物寂しげの浮遊感系トラックは日本人が好むトラック。
まぁ、こういう大好きな面子のレコの表紙が、「大阪」って、何か嬉しいわん。


b0021026_10501299.jpg"PERFORMANCE"
ESTHER PHILLIPS
(KUDU 1974)
Jean Terrell 同様に
最近よく聴くアルバム。
当時は、JAZZファンより
毛嫌いされていたKUDU
レーベルだが、そりゃそうだ、
JAZZで括っちゃうのも
おかしい話だもん。



Soul~Bluesの「黒さ」が滲み出ながら、無論JAZZボーカル的な曲、カントリー調のモノまで。
はじめて聴いた時に、その声と歌い方(フロウ)、というか「黒さ」に
ニーナ・シモンを思い浮かべてしまった、というと安易すぎるだろうか。
それだけ「黒い」匂いがプンプン漂ってくるんだけど。

エスターって、あんまり話題に上がらないけど、ボクはいいと思うけどな。
by shinyasta | 2009-11-03 11:28 | MUSIC

Rollin' Rollin'


「ブギーバック」超え!という売り文句は、
どーだろうな?と思うけど、嫌いじゃないよ。



"レコードのように"回り続ける。
by shinyasta | 2009-11-02 12:34 | MUSIC