<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

BACKS N' NECKS (Large Pro.&Neek @OSAKA)

「つまり、本人が楽しんでるかどうかなんよ」とDJ RIGOクン曰く。

AM05:00を迎えようとしているアメ村の三角公園・@TRIANGE側の階段に座る三十路三人。。。
EBISUの缶ビールは350ml、地べたにはツマミに「ミミガー」。

いや、ホンマにそうなんよ。

AM01:00過ぎに@ItoIに入ると、フロアの人は疎ら。
一瞬、大丈夫かいな?と思う。
けど、今回は、別にイベント自体がどうだ、Party DJが、PAが、客の筋がどうだ、
前座LIVEがどうだetc. そんな野暮ったい事は云わない。

Large本人がメチャ楽しそうやったし、ボクらも飛び跳ねて楽しかったんやから。


b0021026_22361137.jpg←いやはや、パワフル。
前回の大阪に来た時は
DJだけやったもん、
Rapしてるだけで鳥肌。
DJに戻るわ、前に出て
Rapするは、もう、
そのやってる事が
HIPHOPだわ!
再度、惚れ直しました。





b0021026_22391379.jpg←Neek、ボクが勝手に
ハーコーなイメージ
を持ってたけど、
メチャクチャ可愛いらしい、
いや、チャーミング!w
あんまりRapをしなかった
けど、Live終盤、
Large教授にPASS THE MICされ
恥かしそうにメイン・ソースメドレー
をRapする辺り、もう何か萌えたww



一気にNEEKのファンになっちゃった(はーとw

・・・もとい。

NEEK(THE EXOTIC)がRapしている姿を微笑んで見つめるLarge教授に、
この二人の人柄を見たような気がする。
以前より、このBlogで書いている例えば、DJの時などの、あのテクニック云々ではない、
「本物感」というのは、きっと、そういう「人柄」からも伝わってくるんちゃうかなぁ、と。


b0021026_22561838.jpg”BACKS N' NECKS"
NEEK THE EXOTIC
feat. Large Pro.
(Large Entertainment.
1999)
前にUpしてたかも
知れないけど、まぁ、
何度、紹介しても良い。
二人のアルバムです。
とにかく聴けばわかるよ。




b0021026_2331065.jpg←見てよ、この楽しそうな表情w




つまりね、こういう事ですよ。







ええ、勿論、Large教授がステージに出てきた瞬間、興奮のあまり、
買ったきたばかりのラムコークを全て床にぶちまけてしまいましたが?

最後に、マイメンRIGOクンMixtape Bro.ありがとう、二人のお陰で楽しかったです。
by shinyasta | 2009-10-31 23:16 | MUSIC

sayonara no mukougawa

現在、オ○コンやらヒットチャートを賑わせている人達なんかは、
↓ この辺りを聴いて、どう思うんだろな。



おい、ミニー・リパートンじゃねぇぞ、これは日本人だぜ?
(勿論、ミニーリパートンは大好き)

ヨー、マジだぜ、耳かっぽじって聴けよ、sucker MC's ?

b0021026_2292965.jpg
by shinyasta | 2009-10-27 12:44 | MUSIC

10/30 Large Pro.&NEEK THE EXOTIC Osaka

来た来た。

まぁ、今日は十分な収穫(レコード)があったし、もういいっか、、、と思いつつ、
半年位行ってないから行ってみようかな、買うのんないけど・・・という19:30頃。
なんて某大型レコードショップへ行くと、「ガーーーーン」。

こんなフライヤーありまして。

b0021026_715120.jpg・・・デーム、来週やん。
それも、サラリーマンには
厳しい月末ではないか~!苦笑。
それも、NEEKも一緒やないかい・・・・。

されどもされども。

見回したけど、長らくクラブ活動を
していないので、ふと見回すと
一緒にクラブに行ってくれる人が
メッキリ減っていることに気づき・・・。


いや、いるんだけどラージ教授やし、やっぱHIPHOP好きといきたい(でないと、
逆にボクが気を使っちゃうから・・・)のが本音・・・。

qbさんのブランド"FUNNY?"ラージT-SHIRTS+リュック(←この合わせが重要!w)を着た
教授コスプレ紛いのオッサンが一人、フロアの隅にいたのに、いきなりLarge教授のLIVEになると、
ビールをバシャバシャこぼしながら「ルッキエンファ、ドーーーーー!(← "LOOKING AT THE FRONT DOOR"と言ってるつもりw)」と若者集団に突っ込んでいき、
「だからオヤジは嫌なのよ、てかガチでウザイ」と凄く嫌な顔のを想像して鳥肌が立つ。

と、某DJに"泣きメール"を入れると、

「行くしかないっしょ~」

と返事が来る。

その男こそ、我らがスモサ(S.C.O.F) オフィシャルDJ、

DJ RIGO !

大阪で寂しい思いをしているサラリーマンのオッサンが、よほど可哀想だったのだろう、
愛の手を差し伸べてくれました。

惚れてしまうやろっ!(笑

・・・ちなみに、何度も書いておりますが、私もRIGOクンも男色はありませんので悪しからずw

もとい。

そう、頼れる男、R ・ I ・ G ・ O !
広い背中に乗っかっていこう!w

b0021026_7194334.jpg"ROCK THE MIC"
NEEK THE EXOTIC
(wastelanz 1998)
以前にNEEKの"Real Hip Hop"
を紹介しちゃたのでコイツを。
こちらは、Proもアレンジも
YUSEF LATEE & NEEK THE
EXOTICというワケで。
NEEKもRockしてくれる事を
期待して。



とぃうわぁけで、RIGOクン一緒に行く予定だょ、うふぅ☆ ← キモい。
あと、皆様が大好きな伝説のBlog"Mixtape"社長も参戦予定w

ぬふふ、オジサン楽しみになってきたじゃないか。

あと、M女史に告ぐ。
1日早く帰阪しなさい(指令)。

という訳で、@ItoIに行かれる方、どうぞよろしくぅ~。

ルッキエンファ、ドォォォォォーーーーー!笑。

b0021026_7164385.jpg
by shinyasta | 2009-10-22 12:57 | MUSIC

Tonkaka(トンカカ)

今、盛り上がってる「トンカカ」。

Mura-TさんMATSUMOTO HISATAAKAA氏などが、
先週から話したり、30min.mixをUPしてたりしたので、
「どんなんかなぁ?」と思っていたのですが、なるほど、↓ なワケでして。

トンカカについて。(blog"ティーとハーブと音楽と」さん)

面白いですね。


という訳で、稚拙ながらボクなりにも、「これ、トンカカ?」とレコ棚を見てみました。
(すでに、トンカカでお腹が一杯・・・って方は、飛ばして下さいw)

b0021026_2311267.jpg"I SHOULD BE SO LUCKY
(ORIGINAL DANCE MIX)"
KYLIE MINOGUE

いきなり稚拙ですが。苦笑。
たまにHIPHOP Partyで
DJで呼ばたら、いつも
かけさせてもらってます。
まぁ、若いB-BOYは嫌な
顔をすること!www
これも「トンカカ」なのかな?w







b0021026_23155995.jpg”A LITTLE OF THIS,
A LITTLE OF THAT"
(EXTENDED VERSION)
LOVE INC.

う~ん、you tubeで
この曲を探したけど、
出てこないや...

(↑ 探し下手)






b0021026_23261280.jpg"STREET TUFF"
DOUBLE TROUBLE

これもかしら?笑。













b0021026_23272077.jpg"I've BEEN THINKING ABOUT YOU
(Def12"Mix)
LONDONBEAT

これは違うか?www
でも、アリじゃないか、と。









b0021026_0111149.jpg
←あと、コレも
実はトンカカでないか?
と思ってたりする。
苦笑。









ボクは、いつもこの辺りも「HIPHOPだ」なんて思いながら、DJの時はかけさせてもらってました。
(フロアは死んでましたけどねw)

また、DJする機会があれば、またかけちゃうと思いますw

印南敦史さんの考えるトンカカ ⇒ 「武蔵野日記」
by shinyasta | 2009-10-21 00:22 | MUSIC

Another Random Joint

散髪して、ソルト・ン・ペパの1人か、もしくはJ.J.FADの一人みたいな髪型に
なってしまった私は、最近↓が頭の中をグルグルしています。
(髪型と全く関係ないですが。)




Peace, Yo !
by shinyasta | 2009-10-19 23:58 | MUSIC

Please Mr.Postman

b0021026_2211572.jpg"DEDICATION TO BAMBAATAA"
JUSTICE SYSTEM
(MCA 1995)
前記事でQ様のラッパーを
綴っている話をしましたが、
それで思い出したのがコレ。
何か今では「せやせや、
おったなぁ、そういやぁ」
という感じだけど、
早い時期に、ルーツなんかと
並んで、ネイティブ・タン系や


JAZZY好きに好かれたHIPHOPバンド。
"Summer In The City"がみんなは好きなのかなぁ、けど、ボクはコッチの方が好きだけど。
本作には、BeatnutsとDiamond D 師匠のMixを収録。
好き嫌いで云えば、Beatnuts Mixが、シンプルながらウワモノの使い方Beatnutsらしくて好き。
けど、LP Ver.が一番、JUSTICE SYSTEMらしい(バンドらしい)かな。
フックも魅力的ながら、

「・・・Busy Bee,COLD CLASH BROS,Trecherous3,SPOONIE GEE・・・」

で萌えww



b0021026_22121729.jpg"BOOM DATA"
TONGUES IN DA ATTIC
(NufNuf MUSIC 1994)
コレが出た当時、
なんかホラーというか
サイコというか、
そういう流れがあって。
フラットライナーズとか
Gravediggazとか。
その時に、名前とジャケ
シールから何となく


"怖そうな"イメージだったので買ってみたレコードなんだけど、
そんなに怖くなったので、そのまま棚にずぅーと今まで放置w

レコ棚を整理してて、おお懐っ~という事でターンテーブルへ。
ありゃりゃ、結構、ミドル好きのヘッズが喜ぶ感じじゃない?w
んで、12inch表題の"BOOM DATA"よりは、b/w"Blowin Up Da Spot"。
Y.B.T的なポッセ・カットが好きな方にはいいんじゃないかな?と。
・・・てか、↓you tubeにアゲてんだ、こんな曲まで、、、凄い時代だなwww



b0021026_22123794.jpg"MR.POSTMAN"
MS.LADY Q
(Dreamn Team 1988)
最近入手のヘンテコ・
レコードを。
ビートルズのでも
有名な"Please Mr. Postman"
をサンプリングしている
ちょいエレクトロ寄りの
HIPHOP 12inch。



多分、これはMarvelettesの"Please Mr. Postman"をサンプリングしてるんじゃないかなぁ。

なかなかイナたくて、特にブツ切りな(大雑把な)作りが、いかにもhiphopらしいて、
かなり胸キュンなカンジです。苦笑。ま、元ネタ(であろう)方を↓アゲておきます。



・・・まぁ、それよりSCOOLY Dのアルバム"WELCOME TO AMERICA"を聴きながら
本投稿をしているボクが一番イナたいでしょう。
by shinyasta | 2009-10-17 22:20 | MUSIC

Air Multiplier

Dysonから、「羽根のない扇風機」の今秋から欧米発売だって。

b0021026_1823459.jpg
確かに、子供が手を突っ込んでも
安全っていうのはあるけど・・・
動作音も少ないらしい。
(ちなみに、ウチのDysonの
掃除機は、かなり大きめの
エキゾースト・ノートですがw)






b0021026_18351245.jpg
ダイソンの掃除機を逆さまにしたような仕組みらしい。

まぁ、これも「いいデザイン」なんて
後々になって、云われるんだろうけど、
う~ん、どうだろね。

発想は凄いな、って思うけど。


やっぱ、扇風機は羽根が回ってる方が、雰囲気あるんじゃない?笑。
by shinyasta | 2009-10-15 18:45 | 日常

MONEY TALKS

まぁ、凄い。。。

マイナーなミドル&ニュー・アングラレコードというのは、今でも高値取引されているんですね~。
某オークションをウォッチしてて、ビックリ。
ALPS CREW"JUST CAN'T EXPLEIN"が、某オークションサイトで2マソ5千円越えだもんねぇ・・・。
まぁ、子持ちサラリーマンのオッサンには手が出ませんわ~。苦笑。
羨ましいですねぇ、そんなに出せるって、ある意味。。。(←負け惜しみww)

b0021026_23445761.jpg”MONEY TALKS"
DOUBLE X
(Big Beat 1995)
という訳で、
「メイクマネマネェ、
メイクマネマネェマネェ~」
で盛り上がる、この曲。
まぁ、その「Make Money」
解らない学生DJの際に、
掛けなくってた訳ですが、
未だにその重要な「メイクマネェ~」
はわかっておりませんで。苦笑。

MODERN JAZZ QUINTETネタを、Lord Finesseが料理してるので、
そりゃ盛り上がっちゃうワケですが、勿論、「お金」も大切なのですが、
それより大事な事があるじゃんねぇ?・・・なんて事を、コレを聴きながら思うわけで。
はぁ、「金なんて、後からついてくるもんだよ」なんて、カッコ良い台詞を吐きたいもんですなぁ。苦笑。
あっ、そんな甘いこと言ってるから駄目なんだ?www

b0021026_2357559.jpg”WHILE I'M DANCING
(Remix)"
PRIME&COMMON
(ECHELON 2002)
という訳で、
オッサンは、こういうヤツを
今頃チマチマ安価で
買っては、マニア諸氏からは、
「バカじゃねぇの」という言葉を
尻目に、ターンテーブルに
載せて聴きマス。笑。


FAT BEATS傘下のECHELON Recordsからの一品、特に、このRemixに関しては、
「(まるで)Nujabesじゃんよ」という事で賛否両論だと思いますが、まぁ、ピアノ・ループが哀愁系に
なっていれば、それでNujabesっぽい扱いになるのはどうかな?と正直思ったりします。
まぁ、Nujabesも一時期に比べると落ち着いてる感じだし、逆に、この辺を、今、ゆっくり聴くには
いい時期なんじゃないかな、なんてのも思います。

b0021026_08736.jpg”75SHOWCASE 2001-2009"
Small Circle OfFriends
Mixed by DJ RIGO
という訳で、
紹介が遅い、と怒られそうw
まぁ、我らがRIGOクン
好き勝手やってくれてます、
勿論、良い意味で。笑。
そのブレンドの仕方、
2枚使いする曲、
スクラッチのタイミングなんかも、


"スモサ好き"が伝わってくる。
楽しい、のを通りすぎて、嫉妬モノですよね、こりゃww

「ん?んでスモサって、どんなの?」って人にはコレで全てがわかっちゃう、
真性スモサ・ファンには快楽の世界が待っているw

天邪鬼なボクとしては、このスモサMixを軸として、色々な他アーティスト曲と選曲をする
RIGOクンのDJプレイを聴きたかったりするんだけど。
アズマさんのアカペラを、"チョメチョメ"(R.I.P. 山城新伍)とブレンド、とか?www

あ、このCD、スモサHPのスーベニアSHOPでお買い求めしていただけます、はい。
by shinyasta | 2009-10-14 00:30 | MUSIC

A&E



Q-TIPのRAP、名前を綴っていってるだけのようだけど、「HIPHOP・愛」を感じるねぇ。
好きなんやねぇ、Q様も・・・画像も、Q様らしくシャレオツ。
ちゃんとラッパー達のロゴを出していく辺り、鳥肌立つわ。笑。
02:14の「LARGE PROFESSOR!」とQ-TIP云う処で、萌えww

しかし、モニー・ラブは出てくるのに、なんでデラとかジャングルの名前が出てこないんだろ?
きっと、綴りにくかったんだろうけど、入れて欲しかったな。笑。

そうそう、綴っていくという意味では、↓ 好きな方にはゾクっとする組み合わせ。
ED O.G.とMasta Aceのタッグで、その名も"A&G"。




ED O.G.は、相変わらずな感じだけど、Masta Ace、、、、、あんた、、、、
びっくりするがな。苦笑。
by shinyasta | 2009-10-10 16:41 | MUSIC

Scott Lark Da Sensei (追記:Large教授情報)

カブリすぎ、お恥ずかしい。

Blog記事が塚田さんとカブったりしちゃったりしてる事は書いてますけど、
今度は、Mr.Magicネタでの流れでもMura-T師匠とのカブり・・・。
いや、内容はMura-T師匠の方が楽しいのですが、
事もあろうに、最後をレッド・アラートの言葉で〆ちゃう「流れ」のカブり、いやお恥かしい。
いや、嬉しいですけどね、本当は。苦笑。

いやはや、どうせ、こんなBlogには読んでいただけているのは同趣向の方々のお陰でして、
当然、塚田さんやMura-T師匠のBlogもチェックされると思いますので、
せっかく来ていただいて同じような記事読まされてもねぇ、、ですよねぇ?
ボクだったら、飛ばしちゃうもんね、やっぱ、そーゆーの。

それも、大体、皆さんの少し遅れてUPしてたりする、私・・・没。

それはそうと、そのMuraーT師匠のBlog"UNTOLD RESOURCES"が帰ってきました!

UNTOLD RESOURCES 2

ウチと違って、濃ゅ~い内容なので、音楽好きは満足するはず。
その「濃さ」と云ったら・・・「20 x へぇ」(←例えが古いw)な内容ばかりで、
ボクは、いつも画面の前で「へぇぇぇぇ~」とか「ぐおおおおっ」とか叫んでる感じです。苦笑。
楽しい・・・是非、見てニヤついて下さいw

さてさて、やはり私も「自分らしさ」で行かないといけない、という事で、
いつもの調子に戻って世間の流れを無視したご紹介をしていきます。苦笑。

b0021026_0231377.jpg"Make A Mark (Remix)"
Raw Produce
(Insomnia 1995)
という訳で、アングラ好き
ウケの良いボストンの
白人二人組・Raw Produce。
日本では人気ありますよねぇ、
という私も、当時、かけまくって
おりました。
それも、チャンネル・ライブや
アーティファクツの合間とか?
恥笑。

A1トライブ・ネタの"Cycles"をアゲるヘッズも多いと思われますが、
ココでは"Make A Mark"のRemixを。
初っ端のコーラスで両手をアゲよう、プチョヘンザッ!



b0021026_0333389.jpg右:"Natural Bliss
Take A Hit I Insist"
左:"Razzle Dazzle"
available
upload image
Scott Lark Da Sensei
(CONTRACT 1995,1996)
同時期にレコBAGに
どちらかは入れてました。
けど、今、考えたら、
これで踊らせようとしてた
なんて、無理があるんじゃ・・・w


というか、Scott Lark Da Senseiの独特のフロウに惹かれていた。
特に、この頃のイースト勢は、Super Natural筆頭に、独特のスタイルのフロウで
RAPするのが流行ってたような気はする(そして、みんなフリースタイルも上手かったように思う)。

オススメは、ヘッズに怒られそうだが、故・TONY DがPro.の
"Insight"と"The Movie”の2曲。
NYCのヒンヤリ感がイーストアングラの真骨頂、いや~ん、痺れます。







PS Largeファンの皆様

上記とか関係ないですが、10月2日に行われたGhostface KillahのNEWアルバムの
Release Showでlarge教授がマイクを握ってます。

↓ スエット+ リュックのDopeなステージ姿に注目!
 このバランス感覚よ、やっぱ教授!!ww

Ghostface and Large Professor of Main Source Performs "Looking Out The Front Door" MySpace Music The Release Ghostface
by shinyasta | 2009-10-07 01:01 | MUSIC