<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Born To Ball (The 37th Chamber)

マスク、マスク、マスク・・・
通勤電車内は、みんなマスクをしていて、
まるで、下らないサスペンス映画のワンシーンのよう。

薬局では「マスク売り切れです」の張り紙。
一方で駅までの道端に使用後のマスクが捨てられ、歩行人に踏みつけられて。
WEBでのマスクの高値乱売。

一週間が過ぎ、そのマスク姿が激減。
まるで、何事もなかったような日常。

裁判員制度が始まった翌日、5月22日。
夜中に雨が降った後の駅に向かう道。
37歳になって、最初の1歩。

濡れたコンクリートを踏みしめながら、1歩1歩前進しようと思う。
その1歩1歩をよく噛み締めよう。

鈍くさいんで、一っとびに「ピューン」と、よう逝きまへん。
非効率といわれても、ちょっとずつ、一つ一つ積み重ねていく方法しか
思いつきませんねん。
無理をしたらあきまへん。

という訳で、誕生日一発目に聞いたレコードは、、、

b0021026_034744.jpg”liberated brother"
weldon irvine
(Nodlew 1972)
HIPHOP好き諸氏には、
"Spirit Man "の方が
お好みかもしれない、
Q-TIPやCOMMONの
ピアノ師匠・ウェルドン
アーヴァインの1st。
いつもジャケが鬼シブです。



なんか、37歳の"はじめの一歩"として、Side-2収録の"Sister sanctified"が気分です。


b0021026_042036.jpg”In Search of Happiness"
NATURAL ESSENCE
(Fantasy 1973)
まぁ、何と言っても
A面一発目の
"Killin' time"に泣き。
Yvonne Fletcherの
歌声は、まさに「雰囲気」
がある、という言葉が
相応しい、美しい。
ふぅむ・・・と唸ってしまう。





b0021026_0513310.jpg"1st CLASS"
Large Professor
誕生日が1日違いの
同じ歳・ポール教授。
いやはや、こんなに
違うのね、1日違いで。
大笑。
という訳で、誕生日に
聴いておきました、
特に、B面収録の
"In The SUN"と
"Born To Ball"。


ソロになってからのポール教授 a.k.a Xtra P、最近のアルバムを紹介した時にも書いたけど、
何か「強さ」を感じるんです、全体的に。それは、少し「怒り」にも似てるような。
現在のシーンに対しての「怒り」なのか、何の「怒り」なのかは解らないけど、伝わってきます。
そして、RAPに対しての「確かな愛情」を。
このアルバムも、発売当初は、「う~ん、やっぱ、MAIN SOURCE聴こ。」なんて思ってたけど、
今聴くと、な~んか「しっくり」するような気がします。

まぁ、偉そうな事を書いてますが、ポール教授と同じ歳で、
誕生日が1日違いを自慢にしているバカがココにいるという事で、
どうぞ見逃してやってくださいな。苦笑。

*訂正

Large教授の誕生日は3月21日でした、、、スイマセン。
by shinyasta | 2009-05-27 01:07 | MUSIC

WE GO A LONG WAY BACK

某レコード・チェーン店とか、あの店頭在庫の少なさ、なに?
壁(へき)は別として、他のレコードとかは1枚づつしか本当に置いてないっすね。
んで、壁にあるネタ系再発7inchとか、何ですか、あの値段?
中古屋さんとかで、普通にその値段で、その曲の入ってるアルバムが
オリジナルで売ってますけど?
店内の音は相変わらず大きくて、T-SHIRTSや日本人R&B DJのMIX CDを
PUSHするのもいいけど、本業を忘れて欲しくないな。

それだけ、レコードが(新譜が)売れてない、という事でしょうが。。。

何か寂しいですねぇ。。。

以前なら隙間無くレコードが収められていて、
「よぉぉぉぉ~しゃ~ぁぁぁ~!」と、片っ端から見ていくのが楽しかったんだけどなぁ。

だから、最近は専ら、そのスケール感と店の人との会話が
楽しめる中古レコード屋さんに入り浸りな訳で。苦笑。

b0021026_16151345.jpg"NOW THEY WANNA SEE ME"
PERCEE-P&EKIM
(BIG BEAT 1992/2005再発>
とか、偉そうに苦言を
呈しながら、某レコード
チェーン店で、こういう
再発系はお世話に
なってたりする。
苦笑。




詳しい内容は、レコード販売サイトの説明文にお任せするにして、
とにかく、このBPMでこのビートで血が煮えたぎらないB-BOYがいたら紹介して欲しいw
Bassの抜き差しに、PERCEE-PのRAPの絡まり具合といったら!
う~ん、今すぐにもラバー・シー&カサノヴァ"Do THE JAMES・・・"に繋ぎたいっ!www

しかし、PERCEE-P、本当にウマイですよね、RAP、、、

PERCEE-Pといえば、↓ このyou tubeの画像を思い浮かべる人も多いでしょうね。

Lord Finesse vs Percee P


うははっ、カッコ良いw
ただのフリースタイル合戦じゃない、お互いの「リスペクト」具合が手に取るようにわかる。
あ、ヨダレ、ヨダレが・・・w

そういやVmaxから出てた"Nowhere Near Simple"は、
リアルタイムで買ってはず・・・探さなっ!苦笑。

b0021026_16341863.jpg”ROLL W/THE FLAVOR"
Y.B.T.
(MCA 1993)
こんなPROMOが
ワンコインで落ちてる
処が中古レコード屋さん
の醍醐味。
思わず疑って、
二回ほど見直しました。
苦笑。



”ROLL WITH THE FLAVOR"と聞くとFlavor Unit MCsやラティファの顔が浮かんでしまいますが、
コチラはコチラで、そのネタ回しからフックまで、ちゃんとYBT風味を出ていて◎。
このPROMOだけ収録なのかな、(Short Ver.)&(Long Ver.)という事でRemix、コレが良い。
先ほどの"NOW THEY WANNA SEE ME"との相性も◎。
もち、Album Ver.は云うまでもなく◎。

b0021026_1652374.jpg”DOUBLE FUN"
ROBERT PALMER
(Island 1978)
前々からジャケが
好き好きで
欲しかった1枚。
ロバート・パーマーは
昔から嫌いじゃない。
ここまで「オレはカッコ
いいだろ?モテんだぜ」
という感じを醸し出すの
は、本当に凄い。笑。


その「カッコいい」系のイメージのあるロバート・パーマーの通算4枚目のアルバム。
どうやら、この頃は、ファンクやフィリー・ソウルやレゲエなどのブラックに凝っておられた様子で
アルバム全体的に「緩い」感じが漂って、後期ロバート・パーマーとは違う一面が見れる。
そうです、ジャケのように「爽快に」聴ける感じです。

b0021026_1782251.jpg"WE GO A LONG WAY BACK"
BLOODSTONE
(T-Neck 1982)
「爽快」の後は、
ネチっこくww
アイズレーが
全面バックアップの
アルバム。
そう、アイズレーの
あの甘い、甘い
メロウな曲調が
A面全3曲・約20分
聴くことができます。

ところが、打って変わってB面は、全曲ファンク!
ファンクというか、少し80'sなディスコっぽいというか・・・針落としてビックリするわっ!ww
とにかく、A面とB面が、こんなに極端にテイストが違うアルバムも珍しいですよねぇwww
by shinyasta | 2009-05-16 17:21 | MUSIC

The Rapping Flight Attendant

↓ Heretikaz氏の日記からサンプリング。











ノーダゥ!
by shinyasta | 2009-05-15 12:53 | MUSIC

LAY LADY LAY

G.W.もアッという間でしたね。
毎年、西へ東へ奔走している我が家も、今年のG.W.は後半、
天候にも恵まれず、少し落ち着いたG.W.となりました。

こういう時こそ、ゆっくりと音に耳を傾けるべき、かと。

G.W.前に、ふらっと新世界で串カツを食べた後、日本橋のレコ屋を何軒か流して、
〆にレコードを聴かせてくれるBarに。

ここのBarは、客との会話の流れからマスターがレコードを選んでいく。
2杯目のハイボールの時にかかった曲が気になって、「UKモノですかね?」と
聴くと、「そうなんです、ジャイルスのコンピですわぁ」なんて返答。
そこからコンピレーション・アルバム~Acid Jazz関連で話は盛り上がり、

「そうなんですよねぇ、コンピレーション買って、その中で好きな感じのアーティストを
見つけて、そのアーティストのアルバム買って、音を覚えていきましたよねぇ」

そう、その「作業」こそが楽しかったりする。

という訳で、このG.W.は、コンピレーションのレコードに針を落とす回数が多かったかな。

b0021026_23424216.jpg"blue break beats Vol.4"
Various
(BLUE NOTE 1998)
いわゆる、
BLUE NOTEネタ物集。
David Axeirodの
"HOLY THURSDAY"や
Bob Dorough"THREE
IS MAGIC NUMBER"
なんかを収録していて、
身悶えます。


このシリーズは、どのコンピレーションは良くできてます(BLUE NOTEだけに当たり前か・・・)。
MASTER CUTSやTROJAN同様、全てのシリーズをコンプリートしたいですよね。

b0021026_0131541.jpg"THE BEST OF BLACK JAZZ RECORDS"
Various
(BLACK JAZZ 1996)
DOUG CARNや
THE AWAKENINGも
いいんだけど、ベタですが
KELLEE PATTERSONの
"Maiden Voyage"を
聴きたくて針を落とす事が
多いかなぁ。


1971年~1976年もBLACK JAZZレーベルものを集めたコンピですが、
なかなか高くて、特にオリジナルなんて手が出せないけど、こういうコンピがあると嬉しいですよねぇ。


b0021026_045584.jpg"PORTRAIT IN JAZZ"
BILL EVANS TRIO
(RIVERSIDE 1976)
ベタすぎて、スイマセン。
実は、あんまり聴いて
なかったんですよ、
いつかユックリと
耳を傾けようと思ってて、
そのまま時が過ぎ・・・。
やっと、コレが聴ける
歳になってきたのかな?
苦笑。


まだまだJazzは、解らない事が多いけど、昔のように退屈ではなく、
ただ何となく耳に心地良くなってきました。

b0021026_0133950.jpg”GIVIN' IT BACK"
The Isley Brothers
(T-NECK ? )
Jazzから
いきなりSoulですが、
"LAY LADY LAY"で泣き。
アイズレーは、どのアルバムも
アップナンバーと甘い系とが
バランス良く構成されていますが、
このアルバムも、勿論、よろし。



ソウルセットのネタ"LOVE THE ONE YOU'RE WITH"もゴキゲンですが、
やっぱり、ボクは前述の"LAY LADY LAY"や"NOTHING TO DO BUT TODAY"の
スローな甘い系に弱い・・・というか、ボク、根暗(ネクラ)なんかな、やっぱ?www


あっ、G.W.中、RAP聴かなかったや。苦笑。
by shinyasta | 2009-05-09 00:25 | MUSIC