<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

追記:酔っ払いのオッサンの戯言

もちろん、かかってる「音楽」は大事。
8,000円も1万円もするようなレコードや知らないカッコ良い曲を大音量で聴ける、
DMCばりのテクニックが見れる(聴ける)、っても大いに結構な話だけど。

けど。

元々、クラブって「社交場」って意味合いが大きいような。
「よぅ、元気ぃ~」なんて感じ。
つまり「人と人」の対話。
日頃、仕事や事情で会えない、うん、辛い事も多いよねぇ~、でも乾杯!みたいな?
そんな感じで、楽しくお酒を呑んで、みんなで笑って、踊る。

ソレを忘れがちなPartyが、いかに多いことか。
発信することは大事だけど、別に「誰ソレさん(大物)の知り合い」であろうが、
今、そのレコードが数万円とか、誰ソレさんのご機嫌とか、どっちゃでもええねん。

アンダーでもオーバーでもええ、その場にいる自分の金払って来てくれてるお客さんが
「気持ちええ」「おもろい」かどうか?、、、とオッサン、最近、思うんです。

「居心地の良さ」ってヤツですかね。

ヴァニラ・アイスの大音量とA.D.O.R.の大音量、どっちでも笑えるんちゃますん?
それで、HIPHOPを、あんまり聴かない人達が、「おもろいやん」という人が一人でも増えたら・・・
儲けもんちゃいまっか。

今回のOrganは、そう、まさしく「それ」を感じた夜でした。
参加DJ陣全員、そしてお客さんみんな。
そして、「それ」を感じる事ができるパーチー・ピープルが集まって笑ってたと思います。

「それって、自分の身内ばっかりやからちゃいますん?」という声が聞こえそうですが、
ええんです、元々、HIPHOPは、そういうブロック・パーティから生まれてきとるんです。
そして、来るもの拒まず、去る者追わず。
いつでもウェルカムなブロック・パーティ。

まぁ、オッサンの戯言です、流したって下さい。苦笑。

b0021026_024141.jpg←Back In The Day

12年前の京都とちゃいます、
先週末の渋谷どすww

けど、この面子、
このやり方、
12年前の京都と
変わってない。
(撮影:ツックン、
おおきに!)



この機会を与えてくれたLark Chillout(A.Y.B.FORCE)、感謝です。

b0021026_23183820.jpg
"As Usual &
Another World"
DJ 佐藤康介
「聴いてみて下さい」と
手渡された2枚のCD。
まさに12年前~15年前に、
ボクがNYCに憧れてた
雰囲気を凝縮されてて。





"As Usual"では、スミスン、バックショットルフォンク、SHOWBIZ&AG、
フィネス、トライブ、アーティファツ・・・クルックリンドジャースに、ブラックムーン、グランドフロア(!)まで。
"Another World"では、ルーツ・マヌーバ、ラージ&ニーク、オゾマトリ、スピナ、スクエア・ワンまで。
繋ぎも2枚もスクラッチも、心地よい「マナー」。
こんな若手が、普通にいる東京って、羨ましいやら嬉しいやら。
贔屓目なしに、好きです、このDJ。笑。

b0021026_23293199.jpg"Check Tha Flava"
AK Skills
(Tru Criminal 1996)
当時、LarkやKo-ta氏
ともかけあった一品。
「これがイースト・コースト」
と言わんばかりのトラック。
Pro.にフィネス、いいのは
当たり前と怒られそうだけど、
実は、今回のレコBAGに
忍ばせていってました。
(かけなかったけどww)

b/w”Nights Of Fear”、これがまた、、、Buckwildの職人技。
実は、こっちの方が好きだったりするんだけど。苦笑。


b0021026_23364536.jpg
"CORNBREAD"
BLACKFACE
(BACKSTAGE 1996)
こちらもb/wが、
SHOWBIZの仕事
なんですが、
あえて、A面を。
これも忍ばせて
おりました。笑。



何と言っても、「歌っちゃってる感」が丸出しのメロディアス・フロウなRAP。
そこに畳み掛けるような、「タンッ、タンッ」というキックに高めのスネア。
・・・このパターン、弱いんですよねぇ、なんか体が動かずに居られないwww
ああ、もう駄目ぇ~。笑。


・・・という訳で、まぁ、オッサンの思い出話ですわ、流したって下さい。

通常業務(サラリーマン)に戻ります(敬礼)。大笑。
by shinyasta | 2009-03-30 23:48 | MUSIC

Organ Bar 20090326

b0021026_11222235.jpg












b0021026_1123628.jpg












b0021026_11233484.jpg












b0021026_1124116.jpg












b0021026_1127203.jpg












b0021026_11274835.jpg
「この歳になって、
みんな色々とあるけど、
こうやって集まれる事自体、
幸せやんねぇ」

3/26 21:20頃 渋谷ハチ公前、
信号待ちでRIGOクンと。
アズマさんの待つDMR前へ
レコバックを引きづりながら。







宇田川町の「ど真ん中」で、こんな駄Blogを「いつも読んでますっ!」なんて
言ってくれ人達が何人かいて、ジ~ンとしちゃいました。
声をかけてくれて有難う。

やってみるもんですね、何事も。


Special Thanks to :

アズマさん(S.C.O.F)&マイメンDJ RIGO、Lark Chillout(A.Y.B.FORCE)、
下川クン(←和解しました。笑。Blockhead Records A&R)、
DJ OSHOWクン(大正HIPHOP!w)、あ・基準氏+みかchang、
マイBro.つっくん("ロハス"T-SHIRTSヤヴァイw、DETAIL)、
スズケンさん(WU-TANG&HIP LAND MUSIC)、
maaa3さん(3LR posse:Come On Osakka!)、
ほんまに男前イトウさん(BLUE CAFE)、
monk.T a.k.a. Acaryaさん(Yo,Real B-BOY!)、DJ 佐藤康介さん(Thanks xxx!)、
橘さん、Organ Bar


本当にありがとうございました。


取り急ぎ、お礼を。
by shinyasta | 2009-03-29 11:52 | MUSIC

アズマさん(S.C.O.F.) & DJ RIGO & Shinya☆Sta meets DJ Lark Chillout(A.Y.B.FORCE)

*通常記事は、この下にUPしていきますので、よろしくでぇ~す。

すいません、告知っす。
------------------------------------------------------------------

"LOCKHEAD RECORDS PRESENTS BLOCKHEAD- THE FINAL -"

3/26(木)

@Organ Bar
東京都渋谷区宇田川町4-9 クレタケビル3F

Open:22:00~
Door:\2,000(W/1D)

Guest DJ:Small Circle Of Friends 東 里起(友情出演), DJ RIGO, Shinya☆Sta

DJ:Lark Chillout(A.Y.B.FORCE), sarudog(MU-STARS),
MAGIC★TOUCH(BLOCKHEAD REOCRDS),
下川耕平(minors holiday cafe/BLOCKHEAD RECORDS),
8ronix(bullupen.lab), DJ HIROSHI(FAR EAST RHYMERS), HAYATEE
HOST MC:NUT1-3  ART DIRECTION:saru_grafix

b0021026_11111513.jpg




























ボクをDJの道に引きづり込んでくれたLark Chillout(A.Y.B.FORCE)が、
「シンちゃん、あの頃みたいに、遊べへん?」って話をくれた昨年末。
それであらば、という事で、アズマさんとRIGOクンに「遊びませんか?」と
声をかけさせてもらうと、お二人からも快く返事を。
という訳で、オッサン出張DJです。恥。

・・・大丈夫かよ、オッサン(←ボクの事)www

ボクは置いておいて(笑)、アズマさん(S.C.O.F.)にRIGOクンにLark(A.Y.B Force)。
まさに、"HIPHOPな大人達"が集合します。
それもOrgan Barですよ、ええんかいな、ほんまに?ww

どうでしょう、月末の平日ですが、関東の皆様、集まって酒呑みませんか??w
by shinyasta | 2009-03-26 23:59 | MUSIC

緊張を通り越して・・・

あわわゎ。

とうとう明日になりました、@オルガン・バー。

今日、タイムテーブルに発表があったのですが、
12:30~からボクが先陣を切らせていただいて、

Shinya☆Sta ⇒ DJ RIGO ⇒ アズマさん(S.C.O.F) ⇒ Lark Chillout(A.Y.B.FORCE)

・・・・まさに、素人(ボク)⇒ プロ ⇒ プロ ⇒ プロ、という流れ。苦笑。
ほんまぁ~、大丈夫かいなぁ~・・・

ラーク、下川さん(BLOCKHEAD RECORDS)、橘さんに無理言いました、すいません。

けど、ボク以降のDJ陣の流れ、RIGO君&アズマさんからLARK・・・
まさにスモサ~A.Y.B、これ、ヤヴァイ、興奮してきた(←わかる人にはわかってもらえるはずw)。
この流れ(フロウ)を生(なま)で体感できるだけでも、東京行くだけあるなぁ・・・(自己完結w)。
絶ぇ~対、お得ですよ、このパーチ!

もう、あまりに凄すぎて、逆に緊張しません。
DJはやれるだけやって、後は乾杯しまくりぃ~の、呑みまくりぃ~の、で楽しむのみ。

どうぞ来れる方は是非!
乾杯できるのを楽しみにしてまぁ~す!

b0021026_21504539.jpg
by shinyasta | 2009-03-25 21:51 | MUSIC

Back to The Kyoto

ここ2週間、おウチの中や近所で遊ぶことが多かったので、久々に出かけようと。
娘達に「どっか行きたいとこ、ある?」と聞くと、必ず「ディズニー・ランド!」って
返答が帰ってくるので(苦笑)、妻と相談し、「東映太秦映画村」へ。
うん、いいんじゃない、京都も最近行ってないしね。

そういや、ちょうど、今の長女くらいの頃に行ったっきりだなぁ。

b0021026_2205319.jpg












と入るなり、着物を着たお姉さんから「写真取りましょう」という事で、
新撰組の羽織りにちょんまげカツラに刀を持たされてパチリ。
ここは観覧車と違って、持参のデジカメのシャッターも押してくれて、
どこでも同じように「別に買わなくてもいいから・・・」なんて言ってくれるんですけど、
当然のことながら、ええ、また買いましたよ、1200円でwww
・・・結構、ウチの家族、これ系(記念写真系)、持ってますwww


チャンバラや忍法寸劇などの各イベントやらオープンセットをウロウロしながら、
幼い時の記憶と付き合わせる。
そうそう、こんなんあったわ・・・と思いながらも、映画村ってこんなに狭かったんや、と。
でも、長女の眼には、きっとボクが小さい時と同じように映ってくれてるかも。

b0021026_223207.jpg
アナログで
ディズニーランドのように
煌びやかではないけど、
ボクが小さい時に感じた
想いを少しでも感じて
くれていたら嬉しいな。







「煌びやか」ついでではないけど、せっかくだから金閣寺も行ってみる?という事に。
ボクも妻も京都に住んでいたけど、改めて金閣寺に行ってないよねぇ・・・という話で。

b0021026_2241347.jpg世界文化遺産にも
指定されている
北山鹿苑寺(金閣寺)、
結構広いんですよね、
境内が。









途中、地方の団体さんの昼間から"ほろ酔い"オジサン3人組に、


「おう、おじょうちゃん二人やから、4万貰えるなっ!
ええなぁ~、(長女に向かって)オモチャ買ってもらい~」


・・・定額給付金のことかいな、、、ほっとけよwww

てか、この手のオッサンによく絡まれるのは何故に?www
長女には「ええか、ああゆう時には、ベタな大阪弁のイントネーションで
"そんなん言うんやったら、オッチャンがオモチャ買うてぇなぁ~"って
切り替えすんやで」と教授しておく。苦笑。

金閣寺、何故か見たらアガりますよね、、、別に「金(ゴールド)」好きではないですが。
昔の人も、金閣寺見て、アガったんかなぁ?ww

b0021026_2252020.jpgちなみに、映画村で「歴代ヒーロー展」
みたいな催しも
やっており、
写真をパチパチ
撮って、、
ボクだけアガって
ました・・・www






という訳で「アガる」テーマにてのレコ紹介。

b0021026_2285645.jpg”BACK TO THE HIPHOP"
THE TROUBLENECK
BROTHERS
(SUN 1994)
HIPHOP好きの諸氏
からは、「当たり前じゃ
ねぇ~か、オッサン」と
怒鳴られそうですが、
すいません、この歳に
なってもアガります、コレw



当時は、右も左もわからず、試聴なしの完全にジャケ買いだったのですが、
帰ってきて針を落とした時、ガッツポーズしたのを思い出します。苦笑。
ブラック・パワーを感じてしまうんです。


b0021026_22135886.jpg”THE REAL HIPHOP"
READY TA ROLL
(TRUMPET 1993)
また怒られそうですね?w
上記とともに、ムンムンの
男汁垂れ流し系←下品w
なっつっても題名がww
ドラムパターンもホーンの
飛ばし方もマナー通り、
そこがまたアゲるんですょ。
94年の"Drug Game"も、
別の機会に紹介しますね。


b0021026_22231560.jpg"REAL DEAL
(Shadow Remix)"
LIFERS GROUP
(Hollywood BASIC
Promo)
もう怒るというより
飽きれたでしょ?ww
もう寒気しますよね、
カッコ良すぎて・・・。
トラックもいいけど、
そこに乗っかるRapの
フロウが、、、
飛ぶしかないでしょうww

上記とは違う曲ですが、聴いた事の無い人は ↓ どうぞ!



ふはぁ~、シビれるぅ。。。

てか、長いって、、、ここまで読んでくれた方、Peace,Yo! 笑。
by shinyasta | 2009-03-11 22:34 | 日常

3/3

3月になったというのに、お寒うございます。
今日は「ひな祭り」ですね。

b0021026_234033100.jpg












「ひな祭り」という事で、フィーメール・ラッパーのご紹介。
あくまでも「顔」ではありませんよ、どちらかというと「声」と「フロウ(というか雰囲気)」という観点で。

b0021026_2341293.jpg"STRIVE/PROGRESS"
APANI B-FLY EMCEE
(HydeOut
Recordings 2000)
レコードを買うスピードの
落ちた2000年前後、
当時は、Nujabesなんて
全然知らなくて、
「HydeOutってレーベル、
いいから見たら買おうか」
という程度。


時間潰しにCISCOの試聴で、「うほほほ」と、即2枚買いし12inchがコレ。
特に、b/w"PROGRESS"の頭(アタマ)4小節~浮遊トラックに入っていく辺りがゾクゾクしましたね。
勿論、"STRIVE"のピアノのループも、今聴くと、確かにNujabesですね。


b0021026_23504310.jpg"i confess(remix)"
BAHAMADIA
(Chrysalis 1996)
グルーに見出され、
ギャングスター・
ファンデーションの
一人・バハマディア。
この人の声を、
ヘッドホンで聴くと、
かなり落ち着きます。




そんな中でも、このレコードのThe RootsがRemixしたB面(A面はエリック・サーモン)。
その落ち着いた声とフロウに、The Roots本人達より「ルーツらしい」トラックが、
いやはや、うっかりしていると涙が出てきます。笑。
初めのスネアを使っての2枚も、一時期、流行りましたよね。
ちなみに、バハマディア自身、かなりのレコード・コレクターだったと思います。なるほどねぇ。


b0021026_021176.jpg"Monie in The Middle)
MONIE LOVE
(Chrysalis 1990)
ズールー・ネイション
の中での"紅一点"と
言っちゃうと、
ラティファに怒られ
ちゃいますか?笑。






でも、やはり、DE LAやTribeやJungleなんかの横っちょにいるモニー・ラヴが
スマートさと愛くるしさを兼ね備えていて、それがまさに"ロンドンっ子"という感じで。
'93のアルバム"in a Word Or 2"も、通しで聴いて気持ち良い感じ。


勿論、前々から散々言っている、父親として"娘達にこうなって欲しい"No.1の
ナチュラル・リソースのJEAN GRAEやディガブル・プラネッツのバタフライも書きたい処ですが、
これ以上になると、興奮して酒が進みますので、本日は、ここまでとしておきます。笑。
by shinyasta | 2009-03-03 23:38 | MUSIC