<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3 years (Ease Your Mind)

3歳だね、お誕生日おめでとう。

すでに、良い意味でも悪い意味でも
我が家の"ムードメーカー"の座に鎮座されている次女w

少々荒っぽい処もあるけど、それもご愛嬌、今ではすっかり我が家の一員として
無くてはならない存在になってくれました。

お誕生日会をした次の日、次女の大好きな観覧車へ。

よっしゃ、この辺では、一番デッカいヤツ、乗ろか~。

b0021026_23433754.jpg












ここでブツブツ言っても仕方がないけど、あの乗り込む前の強制写真撮影ってあるでしょう?
「帰りに見ていただいて、気に入らなければ買わなくていいんで・・・」みたいな1枚・1000円。
あれ、嫌ですよね、、、といいつつ、いつも買っている我が家ですが。苦笑。
だって、「いらない」っていったら捨てられるのでしょ?
何か、それも嫌だもんなぁ・・・
けど、僕らの後に乗っていた家族なんて、
きっぱり「要りません」なんつって断ってたもんなぁ。。。
今のご時世じゃ当たり前なんかな。

でも、10年後位に、何かの拍子に、そこで撮った家族写真を娘達が見る機会があって、
話のネタで「あ~だ、こうだ」となったら、それで1000円の意味があると思う、、、
なんて、自分で納得させたり。苦笑。

その時には、家族みんなで酒でも呑みながら、笑いながら話したいよね。


もう一度、「おめでとう」。


b0021026_22544849.jpg
←観覧車からの大阪湾。














さて、そんな次女に贈る曲は・・・と、強引に曲紹介w

b0021026_2322347.jpg"VALLEY OF THE SKINZ"
TRENDS OF CULTURE
(MAD SOUNDS 1993)
今年一発目の記事
貼り付けていたYou Tube
の曲がコレ。
言わずもがな、ロイ・エアーズ
の"EVERTBODY LOVES~"
ネタです。
観覧車から見る夕日を見ていると、
この曲が思い出されて。


Album Ver.も素敵なのだけれども、Bonus Mixが秀逸、特に「入り方」。
一瞬にして、Finesseの世界に引き込まれる。
フックのホーンなんか、好きな人にはタマランですね。

b0021026_2395670.jpg"SLIPPIN'"
KID'N PLAY
(SELECT 1991)
うって変わって、
こちらはLARGE教授
HARD REMIX。
KID'N PLAYって、
なんかハウス・パーティ
のイメージが強いけど、
良い仕事してますよね。



このLarge教授しかり、まだ、あんまり表にそんなに出て来てない頃のBeatnutsなんかともやってたり。
ちなみに、この曲の前半は、Large教授自身がRAPしてます(鳥肌!)。
トラックも、実に、Lage教授らしい、メイン・ソース辺りと遜色なし・・・と言えば、
コアなファンから怒られるかしら?苦笑。

b0021026_2318313.jpg"Ease Your Mind"
KYMRAE
(WHITE ?)
キレイな歌声、
スムーズなトラック、
という事以外は、
全くの不明品。。。

本当にキモチ良い、まさに、Partyの終わりかけの明け方のClubにピッタリな曲。




・・・う~ん、言葉足らずだな。苦笑。
b/wの"Drop Da Funk”も同じく、今のR&Bでは少なくなりつつある「包み込む」と
いう言葉がピッタリ。

娘達には、この曲のように、「暖かく」「包み込む」ような人になって欲しいと思います。
by shinyasta | 2009-01-26 23:44 | MUSIC

AFRA & THE FUNKIEST

なんでも所長さんの息子さんだそうな。

次女の誕生日が今週末の24日。
今日は、次女の通う保育所で、1月に誕生日の子集めて誕生日会が開かれた。

仕事をしていると、妻から携帯のメール。

「AFRAが来てるよ!」

b0021026_2334028.jpg
え?保育所で
世界のAFRA?

Human BeatBoxの
SHOWだって??

ちょっとぉ~、
そりゃないよぉ~、
言ってよ、もうっ!w





お母様(保育所の所長さん)の還暦祝いで、サプライズでいきなり実家に帰ってきたんだって。
そんでもって、さらに、お母様の働いている保育所の子供達に何かできないか?ってことで
急遽、Human Beat BoxをDropしたとの事・・・って、ドープすぎなくない?笑。
う、羨ましすぎる、、、ボクも見たかったな。
妻や子供にも、優しく接してくれたようで。
DJ LARK The Chillout(A.Y.B Force)の話やらで、「世間、狭っ!(笑)」みたいな話で
盛り上がったようです。おおきにです。



そんなカッコいいAFRAと違って、ボクの方は・・・といいますと、一昨日。
最近めっきり「城」に凝っているくせに、
「今度、公開されるビギーの映画を見なきゃねぇ」という"M女史"と、
"白いボクサー"スバル・フォレスターを華麗に駆って
本格的なバス釣りを嗜む某アクセメーカーのエライさんの"M若女史"、
そして、こちらも、すっかり某カバンメーカーのエライさんになっちゃって
家を建てちゃってる男前の大阪ブルースマン"H岡クン"とで新年会(←前置き長いwww)。

いやぁ、楽しくて「どぶろく(にごり酒)」が美味しすぎて、
呑みすぎちゃいました、まぁ、いつもの事ながら・・・苦笑。
お陰様で、翌日の午前中は・・・酒の残り方が、ハンパない。
こりゃ、もう年だわ、やっぱり。笑。

みんな同世代で、それぞれのスタイルを持ってる。
そして、こうして、ずっと「ゆるやか」に繋がってる。
気がつけば、どう、M女史で4年、M若女史やH岡クンとかなら8年位の付き合い?

いいよね、こうして「ゆるやか」に酒呑んで笑って。
いつも感謝してるし、これからも嫌がらずヨロシクぅ。
(ボクは、いつも最後は、酔っ払いを排除するようにタクシーに掘り込まれるけれど。苦笑。)

b0021026_032073.jpg"THE FUNKIEST"
FUNKDOOBIEST
(epic 1993)
DJマグスが作り出す
「ぶっとい」ベースラインの
ように"太く熱いモノ"が
体内に流れてる人達と、
こうして「ゆるやか」に
繋がってる。





そう、時には、同じくDJマグスのビートに乗せられる「イルな」ウワモノのように、
「キレた」感覚も持ってたり。笑。

ボクの周りに居てくれる総ての人達(=THE FUNKIEST←最高の褒め言葉)に捧げます。

いつも、おおきに。
by shinyasta | 2009-01-23 00:13 | MUSIC

Bar 

少し「考え事」があったので、とある老舗Barへ。
ぼんやりとカウンターでハイボールを呑みたい気分で。
中に入ると常連さんらしき、男性2人組と男性1人が少し離れてカウンターで呑んでいた。

ちょうど、カウンターの真ん中辺りを陣取り、まずは、ビールを1杯と水を1杯お願いした。
大阪では老舗のBarだけに、スキンヘッドのマスターとスタッフの動きもテキパキしているし、
また、客との距離の取り方(それは客の空気感を一瞬に理解するという事)が絶妙で心地良い。

さて、まずは、頭痛止めの薬を飲んで、ビールに手を伸ばしたところで、
右隣の男性2人組がスタッフを捕まえて、Barに似合わない声の大きさで、
ちょっと下品な下ネタが聞こえてくる。
(上品な下ネタってのもないだろうけど。笑。)

まぁ、良い。

勿論、ボクも男だもの。
下ネタは嫌いではない。ただ、もう少し小さい声で話して欲しいな、、、
と思っていたら、次は、左隣の春風亭昇太師匠似の男性。
キッチリとしたスーツで、カバンも靴も良い感じ。
本当に昇太師匠のプライベート姿みたい。
「・・・"山崎"の18年は、丸い感じですよねぇ~。バランタインの17年は、、、」なんて
酒の薀蓄(ウンチク)をマスターに披露中。。。

昇太師匠似の客(以下"昇")「そこのシーバスの後ろの瓶は・・・」

マスター(以下"マ")「ええ、マッカランの18年です」

昇「あぁ、マッカランね。家でこないだ呑んだんだけど、、、」

とかやってる。

"カラン"と呑み終えたグラスの氷を小気味良く鳴らした師匠、

昇「マスターのおすすめでも呑もうかナァ?」。

マ「珍しく○○○(←名前忘れた・・・)とか入ってますよ、2000円でお出しできますが?」

と言った瞬間、

昇「・・・いや、ボク、合わないナァ、、、ダニエルの水割りで」

おいおい、そんなけ薀蓄語っておいて、ダニエル、それも水割りかいっ!w

・・・ってか、何か凄く恥ずかしくなった。
はじめから、マスターにオススメを聞くなよ。
てか、"プロ"のマスターに酒を語っちゃって、どーすんの??

その後も散々、薀蓄と今日は高い酒を呑まない理由(それは不景気と妻の財布が固いという
事らしい)を語ったあげく、

昇「んじゃ、マスター、お勘定」

マ「2700円になります」

・・・おいおい、ボクが来るまでにも、ココで呑んでて、何でそんだけ安いやねん!苦笑。

昇太師匠に入れ替わり、来る前に酒を引っ掛けたきたような、50歳前後の男性がカウンターに。

「いやぁ~、そろそろベンツを乗り換えようと思ってさ、ハイブリットを買おうと思って・・・
嫁はんの小さいベンツも変えたろうかなぁ・・・そや、こないだAMG見てきてんけどな、、」

・・・アレレ、Barって、こんな処だったっけなぁ~?と思いながら、
3杯目のハイボールを空ける。
さて、どうしよかな、おかわりを・・・と考えていると、そのベンツのオッチャン、

「ほな、帰るわ。」

ええええええ、水割り一杯?それで、ようそんだけ"自慢話"できんなぁ???

右隣の男性2人組の下ネタは下品になる一方。。。

まぁ、今回はたまたまだろうけど、「男は黙って、カウンターで心地よく呑む」っーのは、
もう古い考えなんだろうな、と。
せっかくの老舗Barの「ピリっと」空気感が潰れちまってるし、、、
マスターって仕事(というかお酒絡みの仕事)も大変だな。。。
でも考えたら、まぁ、ボクも基本、よく酔っ払ってるし、
自分もやってるかも知れないもんなぁ、服屋とかレコード屋で。。。

気を付けなアカン・・・滅茶苦茶カッコ悪いな、コレ。

てか、「考え事」、でけてへんがな!もうっ!www

b0021026_16253290.jpg*写真と話の中のBarは
関係ありません。
by shinyasta | 2009-01-09 00:00 | 日常

NEW YEAR

皆様あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

・・・と、どこのBlogでも書いているような挨拶はコレくらいにして、
皆様、お正月はゆっくりとされましたでしょうか?

9日間もあったのに、「アッ」という間、、、でしたね。
連日、報道される雇用問題を筆頭にする不況のニュースに
反しての連夜の「正月お笑い番組」が当たり前だったように、
まるで、何事も無かったような本日の通勤風景。

「何かがズレてる」と感じながら、満員電車に乗り込んで会社に
出勤する自分に少し違和感を覚えたり覚えなかったり。
お笑い芸人も、多分、1年後には忘れ去られていたり。
最近、一番オモロいのは、有吉(元・猿岩石)だったり。

嗚呼、今年の"おみくじ"は「吉」っていうのは当たってるような気もする雰囲気、2009年。
でも内心、2008年よりは良い年な感じがする、2009年。
良くも無く、悪くも無く・・・それが、実は幸福なんだ、健康であれば「それが一番」、
と自分に言い聞かせながら。

詰る処、環境や不景気なども問題でもなく、ましてや誰のせいでもなく、
「自分次第」という事。

"だって、スケジュールは自分勝手、持ち越す明日明後日"

少なくても自分が楽しんで、そして、自分の周りも笑ってもらえたら、それが一番。
(実際には、家族には迷惑を掛けている、、、申し訳ない。没笑。)

でもね。
自分が辛くて、自分の周りを楽しませることなんてできるのだろうか?
そう、それはDJにもいえる事なんじゃないかしらん。。。

ふと、2008年の正月は何を書いてたのだろう?と、自分のBlogを読み返してみる。
「音を買い続ける」という抱負は、幸せな事に実現できた1年だったと思う。
そして、今年は「音を買い続ける(継続)」と同時に、
「音を丁寧に吟味する」年にしたいと思います。
いや、天津・木村じゃないですが、酒でも呑みながら
「音を(HIPHOPを)吟じる」ことができたら最高ですよねぇ。

「吟じます!」

なんつて?苦笑。

b0021026_0165338.jpg←2009年、一発目。
レコード"初買い"。

皆様にも、良い音との
出逢いがありますように。








*Small Circle Of Friendsの"RADIO STUDIO75"にて、ボクの生声(?)がぁ!
 ぐわぁ、年末に福岡と渋谷で流れていたのか、ボクのオチのない話がぁ、、、没。

毎月第四月曜日、日曜日の23:00 ̄
FREEWAVE 天神FM 77.7 『STUDIO 75』
SHIBUYA-FM 78.4 『RADIO STUDIO75』

 2008 / 12 on air Radio VOL.21
(↑ コチラからダウンロードして聴けます)


さてさて、2009年、↓ コレで、まずは逝っときましょか~


by shinyasta | 2009-01-06 00:25 | MUSIC