<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BRAND-NEW

待ち合わせ時間まで少しあったので、TOWERへ。
CUT CHEMISTの新譜("The Audience's Listening")どーなんやろー?って。
試聴にある新譜は全然ワカラン・・・汗。

ってか、CD再発、すごいんですねぇー。。。

b0021026_12465382.jpg"BASIC BEATS SAMPLER"
VARIOUS ARTISTS (COLD SLAMMIN’/CISCO 2006)
CUT CHEMISTを聞く前に、
ありゃハリウッド・ベーシック レーベルのコンピ?
あちゃー、Rough Side of Town (South Side)/ORGANIZED KONFUSION
入ってるやん・・・クィーンの"WE WILL ROCK YOU"のオフィシャル・リミックスも?
コレって、リック・ルービンとファンケン・スタインも絡んでましたよね?
他にもRAW FUSION ,LIFERS GROUPの名曲もずらり・・・
いいな、いいな、現代っ子はww




b0021026_12471678.jpg"NAAAH, DIS KID CAN't BE CANADA?!!"
MAESTRO FRESH-WES (COLD SLAMMIN’/CISCO 2006)
あちゃー、コレも??
当時、なんでかレコード買わなかったんだよなぁ・・・
何しとんねん、オレ!バカバカ!!
カナダ産の名作。SHOWBIZ絡み・・・持ってて当たり前。。。没。
最近、よくかかってますよね、その手のパーチーでは。
いいな、いいな、現代っ子はっ!ww



b0021026_12473221.jpg"Prettyblack"
PRINCE PO (Traffic 2006)
再発じゃないけど、ご存知、
ORGANIZED KONFUSIONの片割れの新譜。
今回は、LARGE教授が参戦のこのアルバム。
聞いたら一発でわかっちゃう、
"なぜか大船に乗った気分になる”教授のサウンド
とPRINCE POとの相性も抜群やね。。。




「サイコレスの新譜は、へぇー、DJ HONDAのレーベルからなんや、けどあんまり好きくない、
ってかサイコレスどこ逝くつもりやねん!(←突っ込み)、へぇー、ストーン・スローの10周年の2枚組コンピ、
いいねコレ、安いよ、ジェイ・ディラの最後のアルバムも出てんだ、へぇー、ディアンジェロとコモンのコレもいいし、
アルバム最終の曲のネタ、コレってアイズレー?違う?、ジェイディラってサンプリングの"巧さ"もあるけど、
基本的にキック&スネアが気持ちいいってのもあるよね、マッド・リブもそーじゃない?、
あ、だからLOOTPACKなんかもそーなわけね、げ、9月にマッド・リブとバター・ウルフ来るじゃんよぉ・・・」



というヘッドホンをしながら思わず、声になっているに気づく・・・
思わずHIPHOP担当の女性スタッフを見る、白い目で同僚とヒソヒソ話・・・
ヤヴァイ、通報されないうちに退散。

って、TOWERさんさぁー、一応、WEBでは買ってるんだよぉ、おたくのWEB SHOPでさぁ。
今さらですが、、、ね。

b0021026_12495394.jpg"Freshmen Adjustment"
Kanye West (Chi Town Gettin' Down )
サンプリング・クリアランスとってないですってねww
目的は、我がQ-TIPの従兄弟・Consequenceとやる

" '03 Electric Relaxation"

だって、多分、「あんたのHIPHOPで一番好きな曲は?」と聞かれたら、
ATCQ"Electric Relaxation"を上げちゃいます。

んで、この'03蟹江版は・・・・

そのまんまやがなwwwwwwwwww

てか、アカンでコレ、ってワラってしまいました。
その他にも、「コレ、アカンやろぅ??」的な曲が満載。




b0021026_1253034.jpg"Freshmen Adjustment 2"
Kanye West (Chi Town Gettin' Down )
これまた目的は、我がQ-TIPの従兄弟・Consequenceとやる

" '03 Til Infinity "

ソウルズのアレですわ。


んで、この'03蟹江版は・・・・

そのまんまやがなwwwwwwwwww (二回目)

細かく言うと、頭コスってたり、エフェクトかけたりしてますが、
全然、そのまんまww
こちらでは、Jay-Z,Common,Talib Kweli,John Legendなども参加。

蟹江って、正直、あんまりなぁ~的・天邪鬼だったですが、このやり方、スタンス、
ちゃんとHIPHOPしてますね?HIPHOP好きやねんなぁ、と伝わってくるよ。
思わず、この2枚がヘビーローテーションの仲間入り。
いやいや、ワラかせてもらったな、蟹江。少し好きになりましたw

けど、蟹江さん、クリアランスは取った方がですね・・・www



*コメント返信は必ずしますので、少々お待ちを!
by shinyasta | 2006-08-31 12:30 | MUSIC

SURF TRIP

b0021026_5252986.jpg計4家族にて一泊二日の四国へのSURF TRIP。
T氏家族・Hクン家族・Hクン(from武庫之荘)家族、
んでウチの家族。
総勢14名・計4台での移動。

天気にも恵まれ、波にも恵まれ、周りの人達にも恵まれ、感謝です。
ありがとう。







b0021026_53049100.jpg宍喰海岸と竹ヶ島へ。
徳島県と高知県との県境までの移動は長いっちゃー
長いんだけど、これまた移動も楽しい。
初日は宍喰の海岸にて、妻先発にてSURF、
後で海に入るものの、波には乗れるもの、テイクオフできず。
その後、金ヶ崎の岬の高台にある国民宿舎に移動。
晩御飯の時間まで、T氏とHクンは竹ヶ島のサーフスポットへ。

*写真は、宿泊した部屋より撮影。




どうやら、かなり良いコンディションらしく、ゴキゲンさんでお二人は帰還。
晩御飯は、見たことの無い魚介類を焼いて食べる「海賊料理」。
あまりの旨さと楽しさで、この時点で生中ビールを6杯。
後の精算にて、この晩御飯で頼んだビールの半分をボクが消化していると判明。没。
子供達のテンションは高め、4部屋を行ったり来たりで走り回る。
駐車場にて花火、ボクの片手には缶ビール、子供達はますますアガっていく。。。
・・・部屋に戻ると知らぬ間に撃沈。

翌朝、AM6:30に目覚めて、「はっ、温泉に入ってないっ!」ということで、朝イチ温泉へ。
建物の屋上にある温泉は、貸切。いやぁ、平日っていいですねww
アガって、部屋に帰ると、Y氏「行くで」。
昨日のコンディションの良いスポットへ。
ココで、波に揉みくちゃにされながらも、初テイクオフ(らしきもの)!
その後、3回ぐらい「らしきもの」をして、うはは、最高に楽しいや、と調子にノッていると、
見事に岩場で背中を擦りむく。背中に手を当てると赤い血が。泣笑。
「あ、上がります・・・」というボクに、

「海にネコいたんでしょ?(笑)」

と、ボクの背中を見ながらT氏ww
まぁ、それぐらいのネコに引っかかれた程度のキズで済んだ事に感謝、
やっぱベストくらいは作らないといけないな・・・

b0021026_69471.jpg一度戻って、女性陣&子供達を乗せて、
各サーフスポットを移動。
波をみて、初日の宍喰の海岸反対側に決定。
今回は、妻に板を譲る(背中がヒリヒリするw)。
次女をあやしながら、妻の波乗りを見ていると
「げっ、立っているやん、普通に・・・没。」
長女達は、あまりにも海に入りっぱなしなので
ジュースやアイスで釣ってみるも海から出てこず・・・。
やがて、長女のお友達家族I家も合流して大所帯。




夕方になり、そろそろ帰路。
メシでも食いますか、といいつつ行くとこ行くとこ、笑うくらいに総て閉まっているwww
しかし、鰻屋を発見、思わずウィンカー。
鰻丼と暖かいうどん。最高。
さてさて、帰りますか、と言いながらも、「風呂入って帰る?」
しかし、これまた行くとこ行くとこ閉まってるwww
「道の駅」まで閉まってて、「おいおい」って感じだったんだけど、
その向かいに温泉のネオンが。これまた、露天風呂もあり、アタリ!
マターリ、けど、背中に染みるので、腰までしか浸かれずw

'70sそのままんまのロビー(壁やカーペットがヤヴァイw)のソファーにドカッ、

「いやいや、帰りたくないねぇ、もう一泊していく?ww」

結局、鳴門インター突入がPM9:50。
淡路島に入った最初のサービスエリアで、お疲れさま&またね~。

「しっかり働いてしっかり遊ぶ」

そんな言葉がぴったりな旅でした。

*今回の旅での車内BGM

b0021026_6371611.jpg子供達は各家庭の車に乗り合いっこを
していましたが、なかなかボクの車に
「乗りたぁい~」とは言ってくれませんでした。泣。
by shinyasta | 2006-08-25 06:30 | 日常

Blazing Hot

b0021026_23374515.jpg"Blazing Hot"
NICE&SMOOTH (Street Life / 1997)

いや、今日、車でこれのカセットを聴いていて
「悪くないなぁ~(、夏に聞くのに)」
と思って。


実際、こんな蒸し暑い時に、あの"愛情ある暑苦しい声(←誉め言葉)は
シンドイだろう・・・と、実は大好きなNICE&SMOOTHは、涼しい時、時には
寒い時に"熱くなる"、ような聞き方をしてたんです。
ましてや、実質上、最終アルバムになってる、この"Blazing Hot"・・・
発売当時、自分は「うわぁうわぁ、ナイス&スムースの新アルバムだぁ~」と意気込んでいたにも
拘らず、そんなに評価がされなかった(むしろ、評価が低かった)という記憶があります。

んで、帰ってきて、レコード棚に直行。

b0021026_23521013.jpg
特に、この"LET IT GO"
Pro.にはRich Nice・・・あっ、、、
なるほど、なるほどTrackmasterz絡みで、
この「ひんやり涼しげな」トラックになってるんだね。
その涼しげなトラックに"暑苦しい"グレッグ・ナイスの声&フロウのバランスの良さ。
Tribeの"oh my god"のkool summer vibe mixなんかに
繋いでいくと気持ちいい。





b0021026_02285.jpg
んで、アルバムのタイトルにもなってる"Blazing Hot"

こちらはKID KAPRI先生のPro.
さっすが、先生のProだけあって、アガる感じのトラック。
うーん、夏のクラブに向かう車で聞くのはいいかもっ・・・
なんて思いながら、「なんだぁ、このアルバム、結構、いいProducer
使ってるのね、ほらB面の"BOOGIE DOWN BRONX"なんてさぁ~、
出た!EASY MO BEEだもん・・・ん?」




Featuringに、「R.I.F」と書かれてる・・・・・あっ!!!7月13日に投稿した記事
"DOO・WOP + HIP・HOP = DOO・HOP"のRAPPIN' IS FUNAMENTALが
クレジットされとるではないかぁ~・・・どうりで、コーラスええなぁ、この曲、思っててん、
繋がったあぁぁぁ


・・・・だからナニ?


って言わないで下さい。

しかし、この2曲、総て2枚ずつ買ってるという当時のボクのNICE&SMOOTHへの
入れ込み具合がわかるというものですw
by shinyasta | 2006-08-20 00:20 | MUSIC

catching swell

take offはできなかったけど、なんと良い時間を過ごせただろう。
夜の湾岸線の左車線を80km/h、助手席の長女はぐっすり、
ふと左上にはサーフボードのノーズがちらりと見える。

b0021026_23102160.jpg「いい波があると思うので、泉大津のサービスエリアね」
と連絡が入ったのは一昨日。
やっとリフォーム後の片付けがひと段落。

T氏家族・Hクン家族とウチの3家族にて磯ノ浦へ。
来週に行く四国surf巡業に向けての前哨戦。
(ま、T氏のこと「いや、いい波あったから」と言うに違いない)

娘達は、波打ち際でキャッキャ。
少し子供達の面倒をママ達に任せるのに後ろ髪を
引かれながらも、ここは心を鬼にして、ボードを持って
海に入る。


T氏・Hクンは、すでにポイントへ。
「端でやってても上手くならないよ」という声を聞きながらも、初めての磯ノ浦、
少し様子を見ながら端の方で、パチャパチャとパドリング。
波待ちしているT氏、「もっとコッチへ来い」

b0021026_23211893.jpg結果、take offまで至らなかったけど、
波には何度か合わせることができた。



ヤヴァイ、楽しい。


気がつくと、夕焼け。
グレーとオレンジ。時間がユックリ流れている。
あー、まだ出たくないな。


帰りに、みんなで焼肉屋へ。
気のおけない仲間達と笑いながらの晩飯。
海では「ほったらかし」だけど、なるほど、これが「surf」なんだ、
と教えてもらったような一日。


楽しいね、surfって。

よぉし、練習すっどぉー!


今回の車内BGM <カセットテープにて>

b0021026_23542100.jpg


Ego Trippin' (Pt. 2)

言わずもがな。

けど、あのPVにも出てるFeat.の女の子。
仔細知ってられる方、いらっしゃいますか?
by shinyasta | 2006-08-17 23:26 | 日常

PIMPS

あ~、今週はキツかったわぁ。。。
先週末は床張りの為の片付け→夜に妻・娘を実家届けて自宅にトンボ帰りして
→次の日から東京出張・・・
帰阪してから姉夫婦の処に転がり込んでは、連日連夜の呑み・・・平均睡眠時間3時間・・・
特に、東京出張では、アキジュン氏+Hさん+お友達(大内順子似w)、
AM05:00まで有難うwww
いやぁ、空が明るくなったコンクリート・ジャングル、渋谷の街は、この歳のオサーンには少し健全な
感じもしちゃったりしなかったりで、「したり顔」。

まぁ、そんなわけですけど、そんな合間を縫って、皆さんのブログに寄せてもらったり
某SNSを徘徊をしたりもしてますとですね、気になる情報が。

b0021026_17451527.jpg





PIMPS


トクモリ aka TONY$FRESH と ハッサク aka HASSによる映像ユニット

おお、Kちゃん(トクモリ)じゃぁーん!
イベントやパーチーでのVJ、企画~グラフィック・デザインまで活動しているそう。
昨年末の"GOOD JOB"以来逢ってないけど、元気そーだねー。

b0021026_17542479.jpg
そこで、JUNKFOODのPVが見れます。

ココ




いやぁ、見ながらニヤニヤしてしまいました。
特に、GOOD JOB MAC'S "GOOD JOB"でのみんなの楽しそうな顔。
いやぁ、Partyいきたくなりますねぇww
テツオ&ミレー<ナチュラル・スタイル>も見れるのですが、大人になったなぁ・・・

ただ「懐かしい~」とかいうんじゃなくて、みんな現在進行形。
見てみてくださぁい!
by shinyasta | 2006-08-11 18:30 | MUSIC

間違えやとおもいます

前述したHIP LAND MUSICの華、M女史に携帯にメールを送ると、

「すいません、メール間違えやと思いますわ」

へっ?

何度か携帯メールでやり取りをしてたので、何をいまさら言うてんのー?って思って、

ボク「ん?一発目のメールの事?」

って打ち返すと、すぐさま

相手「え~と、すいません、わたしはM女史ではないんです。多分間違えかなと」


ええええええええええええええっっ?

さっき、「んじゃ、来週ね~!」って返事くれたじゃんよぉ、M女史・・・
おちょくってんの、ボクの事?

ボク「すいません、どなたでしょう?」と返信してみる。

相手「いや、こちらも貴方がわからなくて」

ボク「ごめんなさい、本当に。私、shinya★staと申します」

相手「ああ、やっぱり知らない者同士ですね。私はKと申します。
   こちらの知人にshinya★staという方はいません。メアド間違えですね」

ボク「ご迷惑おかけしました、登録変更します。本当にすいませんでした。」

相手「いや、気にせんといて下さい!」

・・・メールでやり取りすること数回。まじめに返信をくださる良いお方。

ボク、vodafoneを使ってるんですけど、多分、本物のM女史とのやり取りは
携帯番号のアドレスでメール(vodafone同士ならできるショートメッセ)で、
ボクが一発目に打ったメールには、間違えて登録してたメールアドレス(つまり、普通に
@が着いてるアドレス)に送っていたと思われ・・・

しかし、偶然にも、知らない人のメルアドをGETしてるボクって?没死。


・・・・・数分後


相手「実は、嫁と離婚するしないの深刻なケンカをしている最中に、貴方のメールが届き、
    場が和みました。そういう形で助けていただいたのでこちらとしては嬉しい限り
    です。どなたか存じませんが(笑)ありがとうございました。」

というメールが。。。




漏れ、最悪やな...Orz


えっ、その一発目のメールの内容?


恥ずかしすぎて(バカすぎて)公表できません。恥。
by shinyasta | 2006-08-09 22:39 | 日常

(追記あり)Small Circle Of Friends In BLUE CAFE OSAKA

(つづき)

車のエンジンは調子よく一発でブルン。
ここからは、ボクの「祭り」の始まりだ。
よぉし、Small Circle Of Friendsに逢いにゆこう。

夏の夜の街に車を滑らせる。窓は全開、音も全開でスピードはユルユルで。
何となく、少し遠回り。だって気持ちよすぎるんだもの。
ここ最近で、ベスト・ドライブ。
いやぁ、夏の夜のドライブは最高なんだぁ~、と再認識。

そんなこんなで、@FLATtに入場。
漏れてくる音に気が早まり、受付のお姉さんが「あのぅ・・・」
手の甲にスタンプしてもらう前に入場しようとしている34歳。恥。

正面で、いきなりマイメン・RIGOクンとHIP LAND MUSICの一輪の花・M女史がっ!

いつもの通り、「もう、Shinyastaさん、遅いじゃないですかー」とボクの二の腕を
パチパチ・・・今回は、叩き返してみると、必ず一回多く返してくる恐ろしいM女史。

素晴らしい女性だ。

RIGOクンは、久々なんだけど、この人と逢うと、なぜか妙な安心感が。
RIGOクンの笑い声に、こっちの頬が緩む。
しかし、相変わらずのハードなスケジュールをこなしているよう・・・体、気をつけてや。

と振り返ると、前回のスモサのParty(@NOONでしたね?)お逢いした
"韻シスト"のマネージャーさんに「どーも、どーも」。
いや、"韻シスト"、聞きます聞きますww

そうこうしていると、Small Circle Of Friendsのお二人が入り口から入ってくる!

b0021026_754652.jpg真っ先にアズマさんと握手!勿論、両手でw
いや、毎回毎回、背筋が伸びる感じ・・・「楽しみにしてますっ!」。
そして、サツキさんにも、ニコっと「こんつわぁ」・・・
(握手はまだでけへん・・・緊張して)。
その後ろには、HIP LAND MUSIC・敏腕プロデューサーのハチスカさん!
これまた緊張、今回のスタイリングはハチスカさんを意識してました(ん、趣旨が違う?w)。
しかし、いつも、髪をキレイに散髪されているよなぁ、、、あ、そー言えば、アズマさんも
いっつもキレイにしてるよなぁ・・・ボクも、そーゆーとこに気を配ろう・・・


などと思ってるうちに、LIVEに突入!

何だろ、客層?@FLATtの適度な小バコ加減?ボクの祭り気分?w
心地よいモコモコしたアングラな感じ、けど、とても濃い空気が流れてる。
聞きなれた音とともに、アズマさんのこれまたいつもの「スモールサークルオブフレンズですっ!」
という声でテンション最高潮!
ここ何回かの中では、ベストLive!
アルバム「Special」からの曲の合間に「波よせて」。
フロアは大合唱、一体感が産まれる。
考えれば、このお二人の存在と音に何度助けてもらってるんだ?
という想いが波寄せて、思わず踊りながら、涙が出てくる。
あっという間にLive終了。

「お疲れさまぁ~」とアズマさん・RIGOクン・FLATtのカウンターの二人(N.I.C.E GUY!)
と乾杯!いや、スンバらしい、楽しすぎる!

b0021026_6512747.jpg"BLUE CAFE" Various Artist
渋谷"オルガン・バー"で週末行われているParty"BLUE CAFE"。
その軌跡を綴ったコンピレーションCD。
これを聴きながら、本場"オルガン・バー"でのBLUE CAFEに思いを馳せる。
Studio75,S.C.O.Fの、また違った側面も見えるコンピレーション、S.C.O.Fファンは必聴です。

お気に入りの曲は、"Le Theme de Blue Cafe NO.1"
(g_gさん風の締めくくりw)



当日に逢えたみなさん、最高です。ありがとうございましたっ!

*8/4 追記
S.C.O.F. オフィシャル ブログ 「studio75」にて、
アズマさん本人より"Friends"の綴りが間違っていると。。。

げ。

おいおい、って事で、見直してみると、"Friends"だけじゃない、"Circle"の綴りも
間違っている。。。

興奮しながらの投稿の結果・・・(言い訳)。

おいおい、何年Small Circle Of Friendsのファンやってんだyo ボクゥ?、、、恥。

アズマさん、サツキさんをはじめ、関係者の皆様、そしてファンの皆様、申し訳ございませんでした。

投稿の際には、今後、見直ししなきゃ、、、と反省中。没。

きぃつけます。
by shinyasta | 2006-08-01 07:07 | MUSIC