<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

激動の正反対にあるもの。

あぁ、毎回毎回、このブログでも嘆いている月末処理がやっと終わった。ふぅ。

終電に近い電車の帰りにふと思うと、この11月は凄い一ヶ月でした。
自分でも欲張りだな、思えるくらいに逢いたい人達に逢って、遊びに遊んだ。
時に、ハードな日々もありましたが、みんなと逢えて、笑って呑んでると、
そんなの忘れてしまいます。

ええ、一応、仕事もやる事はきっちりやって。一応、ね?ww

本当に良い一ヶ月でした。みなさん、ありがとう。

結局、その「激動」の裏側に「ユルさ」があったような・・・そんな気がします。
一方ばかりじゃ、チトしんどい、まぁ、バランス取れてたんだろな、と思います。
一年前の今頃と大違いだわ、まったく。

なんか年末締めくくりの挨拶みたいだ、コレw
この調子で、師走に突入していきます。前見て走ります。
「置いてくよ、”さなぎ”のみなさぁ~ん」by 四街道ネイチャー”ヒラリ”(VORTEX 1995)
なんて言いながら、皆様あっての私でございます。

どうぞ、これからも皆様よろしくです!!
b0021026_381933.jpg

by shinyasta | 2005-11-30 03:08 | 日常

Tokyo

「実は、東京ってあんまり好きになれなくて」とボク。

三軒茶屋の焼き鳥屋さんで、少しホロ酔いになりながら、アズマさん(Small Cricle Of Friends)と呑んだ先週末。

東京出張を日帰りにしようと思っていいたのですが、アズマさんとまた逢えるなんて。
ええ、朝、新幹線始発で帰りますとも。
この11月に2回も逢えるなんて。
・・・ありえない幸せ。

ここは、アズマさん行き着けの焼き鳥屋。アズマさんのサイン入りボトルキープの「いいちこ」。
ボクはロックで、アズマさんはお湯割り。
「今日は、三軒茶屋でどうですか?」と誘ってくれてのは、きっと、この街並みと雰囲気を
ボクが好きだろうという配慮から。

はい、ドンズバです、有難うございますww

半年前に大阪から転勤したT君も駆けつけてくれる。
そして、乾杯。いやぁ、久しぶり。
変わってないネー、エエ感じじゃないTっくん!思わず、顔がほころぶ。
音楽の話を中心に色々・・・・・店が閉店に。

ボクの携帯は電源切れ。NOKIA、最近、電源切れるの早いわ。。。
「何度も掛けてるのに、どこいんですかッ、もうヤダッ!」
元・部下の娘に怒られる。

はい、渋谷のハチ公前まで迎えに行くので待っていてください。

Hさん・Hさんのお友達のMさん・Oさんと合流。お待たせいたしました。
向かうは、下北沢の"WEDGE"。246をトンボ帰り。
偶然、大阪から来ているyuriKA嬢(a.k.a DJ-yurikamaal)オススメのPartyへ。
ボク達、誰一人として、道を知らない。
男3人・女3人の車中は、ワイワイガヤガヤ、良く言えば"BINGO BONGO SOUNDS"
、悪く言えば"大学のサークル状態"。

大阪では逢えなかったアズミさんにも遭遇。いやいやこんな処で逢えるんですね。
Partyは、心地良いミドルスクールのオンパレード。DJの後ろには、当時のPVも流れてる。
Fat Joeの"Flow Joe"の時には、ちゃんとそのPV流すなんて凝ってますね、
なんてアズマさんと談笑。
でも、あのDJの動き(それは、まるで渋谷・円山町のクラブを彷彿させる)は、
何とかなりませんか?

選曲の割りに、客層は「ユルイ」感じがするのは、一緒に来てくれてる人達のお陰なのか。
比較的、いかにも"B"な連中も居ず、そこは東京、なかなかオシャレ度もある。
KMD(クール・モー・ディーじゃないよ)のT-SHIRTSを着た男の子、バーテンの
女の子は東大阪出身。
うむ、いいハコだww

アズマさんが「じゃあ、そろそろ・・・」
なんか、すいません、楽しませてもらっちゃって。また、気を使わせちゃった、と反省。
でも、アズマさんとミドルスクールなPartyっても嬉しかった。サツキさんにもよろしくです。
次回の曲の作成に、あんまり影響しちゃうとマズイですよね?なんて言いながら。

残った5人、明け方心地よくフラフラと、車はユルユルと品川駅へ。
ごめんな、Tっくん、今回、一番迷惑かけたね。感謝してるよ。借りは返すからねww
後、最後まで付き合ってくれた3人娘達。
あなた達の助言通り、新大阪止まりに乗りましたよ。
ええ、車掌さんに思いっきり起こされましたけどね、新大阪で。

なぜか、新幹線を降りて速攻マックへ。
相変わらず、暖かい以外にピンとこないコーヒーを啜りながら

「だんだん東京という街が好きになってきてるかも」

なんて・・・みんなのお陰です、0泊2日の東京の旅。

ありがとネ。
by shinyasta | 2005-11-28 00:43 | 日常

"SPECIAL"-SMALL CIRCLE OF FREINDS

昨晩、あんまり呑んでいないつもりが、結構、帰ってきてからガツーンと。
前職スタッフの娘達(6人!)に囲まれて、少しテンション高めでがぶ飲み。
いいもんです、繋がりというものは。
仕事だけの付き合いでない、"一個人"としての人の繋がり。
つまるところ、「合わない」人とは逢わなくなるのが自然の摂理なのかな?なんて。
いやいや、たまたまタイミングが悪くて逢えなかったりするのは別としても。

ダイジョウブ、繋がっていれば、いつでも逢える。

繋がり、それを大切にしたいと思います。

・・・なんて、いきなり重い感じですが、要は、朝にまだ酒が残っている感じで
今日の仕事は、なかなか捗らなかったって事ww
まぁ、こんな日もあるさぁ、なんて思いつつ帰りのヘッドホンには、昨日発売されたコレ。
b0021026_23343794.jpg










"SPECIAL" SMALL CIRCLE OF FRIENDS ( 2005 BASQUE )

まだ、今日一日聞いているぐらいで、まだまだ深く聞き込んでないけど、早くUPしたくてw
そう、あの日が再来してくる感じ。
娘が、「あ、こないだ家に来てたアズマさんや」と、この素晴らしいジャケを両手で持って
見つめる。

前職のスタッフと待ち合わせまでの時間に、某メジャー大型CD店でさっさと"SPECIAL"を
買ってHIPHOPコーナーにあるUSのUNDERGROUNDモノを試聴。
メジャーな大型CD店でも、この頃はUNDERなものも沢山試聴できるんですね。
いや、それとも、ボクが勝手にUNDERと思いこんでるだけ、か。。。若い世代には、
当然になってきているんでしょうね。
Nujabes、Othello etc...の新譜もいわゆる"JAZZY"で、キレイなピアノループを聞いてい
と「すごい世の中になってきてるんだな」と思う。
うん、確かにカッコいい。

でも、ちょっと待ってください。

この"SPECIAL"を一発目に聞いた時に、「えっ?同時進行?」というぐらいに素晴らしい
トラック。つまり、まさに「今」を感じさせる音。
"JAZZY"といえば安っぽいから言いたくない。けれども、まさに"JAZZ"です。
もちろん、今回も、その「創り」はボクからすれば"HIPHOP=黒い"。
それに、これがスモサというアズマさんのフロウとサツキさんの歌声が絡んでいく。

うむ、やっぱりSMALL CIRCLE OF FREINDSだ。

「創り」も凝っていて、リリックに合わせて、その音が挿入される遊び心("ポケットには/
途中お茶するだけの/小銭つっこんで~"の処で本当の小銭の音がチャリン)、
リリックには服好きにはニヤリするキーワード(ボタンダウン/501/スメドレー
/オールデン/セントジェームスetc...)が見え隠れしたり。。。

思わず福岡・大名~今泉~薬院の街並み、SHOP(老舗の良質な品揃えの服屋多し!)
なんかが思い浮かんできてニヤリ。
そうそう、福岡の人達の服の着こなし、好きなんです。
シンプルに見えるけど、一つ一つ見ると、とても良質なものを身につけてる。
決してブランド物ばかりでない、その「バランス感覚」。
SMALL CIRCLE OF FREINDSには、「音」にそれを感じてしまいます。
「人」「土地」に対しての2人の想いが伝ってきます。

全20曲、まさに"SPECIAL"。
是非、自分にとって"SPECIAL"な人達に聞いてもらいたい、そんなアルバムなんです。

「Nujabes好きでぇ~・・・」なんて言ってる若い世代の方々には、
#11"Space,Circle,over the Future"を聞いてガツーンとやられてほしいと思いますw


さてさて、明日の東京出張で、もう少し聞き込んでいこう。
by shinyasta | 2005-11-25 00:39 | MUSIC

Watch Your Step

今となっては、どーしてんだかわかんないけど、大学時代に仲の良かった
ツレがいます。広島の県庁かなんかに勤めてエライさんになって広島テレビ
の新人女子アナ達と連日コンパしてる、、、くらいまでの消息は知っている
ものの、その後はバッタリです。

そういや、彼からは色々と音楽を教えてもらった訳で。
レンタルCD屋(&VIDEO&本)でも一緒にバイトをしてて、結構、色々と教えて
もらいました、音楽を。バイト中は、ずっと音楽か女の子の話ww
そういや、映画「Juice」のサントラを教えてくれたのも彼。
彼の下宿先に行くと、そりゃもう何回聴くん??ってぐらいに
「Is It Good To You」がリピートされていました。

b0021026_23453957.jpg"Watch Your Step Vol.1" ( CULTDEP 1993)

そんな彼が、バイト中にいつもかけていたのがコレ。
先日、偶然、中古CD屋で出逢ったので買ってみました。
簡単に言うと"歌モノ・4つ打ち"です。
ガラージ・ハウス?ディープ・ハウス?って言うんですかね?よくわかりませんが、
要はHouseのトラックで歌を歌ってるヤツのコンピレーション・アルバムです。


時代は、ACID JAZZやらグランドビートやら、後期N.J.SやらJAZZ HIPOPやら、
、ダンスミュージックの激動(London優勢)/混沌とした、そうSouls Of Mischeif
も歌ってる93年頃・・・。

RAPに傾倒しているボクに、彼は「こんなん、今、エエと思うねん」と言いました。
クロスオーバー、なんて言葉は薄っぺらい感じもしますが、その頃のWU,FAT JOEを
筆頭に「東海岸ハーコー」に傾倒しかけてたボクにとって、まさに清涼剤。
当時、全然Houseなんてわかんなかったんだけど、「なんとなく黒いナー」とは
鈍感なボクでも鼻につきました。

「へぇ、気持ちいいもんだね」って言うボクに、「んじゃ、コレはどう?」

b0021026_053976.jpg"finally" Ce Ce Peniston ( A&M 1992 )

これも言わずもかな。
アルバム名にもなってる"finally"はもちろんの事、一曲目の
"we gota love thang"も逸品。
もう、この頃にHIPHOPに飽き出してるダンサーの人達なんかも、
Houseに転向したりし出した頃。



b0021026_016622.jpg"Storyteller" Crystal Waters ( Mercury 1994 )

ま、Houseの人から言うと「何言うとんねん、Houseちゃうわい」って話かも
しれませんが(w)、コレもそう。
 恥ずかしい話ですが、"100% Pure Love"や
"I Believe I Love You"を聞いた時に、「なるほどKenny Dopeを始め、
HIPHOP上がりの人がHouseに転向していく」っていう気持ちがわかった気が
しました、、、気持ちエエもんなぁ。


一つ一つの打ち込みの音を聞いていると何か「黒さ」を感じずにはいられないわけで。。。
これらには、スローな曲では、R&B要素も含まれているような。
未だに、それが何かわからないのですが、「ドス黒く」気持ちイイんです。

きっと、この辺なんか、200円までで買えちゃったりする今の世の中。
今までHIPHOP一辺倒な諸君!たまにはこんなんも聴いても損ないよww
車に乗ってるときなんかも気持ちイイし、、、飛ばしすぎに注意だけど。


そうだな、彼とも久々に逢って、酒でも呑みながら音楽の話でもしたいものです。
by shinyasta | 2005-11-23 00:39 | MUSIC

名古屋の旅(その3-最終日)

(つづき)

明けて翌日。
名古屋名物「モーニングセット・小倉トースト」を目指して、近所の喫茶店へ。
満員。AM10:00の時点で、駐車場は満車、店の中はごったがえしている。。。

・・・ここは、週末19:00の国道沿いの回る寿司ですか?www

待ってもおれず、もうひとつの処("リンカラン"風オサレCafe)でブランチ気味のモーニングを。
まぁ、安いですわ、確かに、このボリュームで380円は。。。
「モーニング」とはオーダーしないですね。あくまでも「飲み物」を
オーダーして、それに「オマケ」としてパンやらサラダやらグラタン
やらデザートやら・・・が付いてくるというのが考え方のようで。

b0021026_23232163.jpgその後、天気もいいし、娘の為ににキウイ狩り&ミカン狩りへ。。。
いやぁ、キウイってこうやって木に生ってるとは今まで
知りませんでした。恥。
妻曰く「取りやすく、枝を上にしてるだけやで」。さっすが、自然っ子ww

b0021026_23234757.jpgへぇー、そうなんやぁ、とデカイのばかりを収穫後、ミカン畑へ。
「袋に入れれるだけ」or「その場で食べれるぶんだけ」と
いうルールを無視に、娘は、次から次へとミカンを大収穫www
ちょっどサファリJKを着てきてたので、無理やりポケットに入れ、
不自然な恰好で「ありがとー、楽しかったでぇす!」とその場を離れる・・・。









そこから、一路・南知多の海岸へ。
目的は「まるは食堂」。海の目の前の旅館で、名物「エビフリャァ~(エビフライ)」を
食べさせてもらえるという、グルメな実姉夫婦のお勧めスポット。
ここも「人・人・ヒト・・」で、もうなんか慣れてきたww
待ち時間、海辺で娘と影踏みして遊んだり、記念撮影をしながら時間をつぶして、
ようやく座敷へ案内される。
b0021026_2333249.jpg


こんなんですw








ウマーーーーーー

あまりにもヤヴァイので、2匹のセット料理(エビフライ2匹、刺身、煮魚、ごはん、味噌汁)に
追加で+エビフライ2匹。さらに、「ヒラメの活造り」。。。中ジョッキーを軽く2杯。
「ヒラメの活造り」は、刺身を堪能後、2次加工にてから揚げへ。。。ボリバリと骨まで
食べれます。
この「まるは食堂」、横には「梅乃湯」なんて温泉まで完備しちゃってる。。。
目の前に広がる海を見ながら温泉に浸かって、そのあと、季節の魚の活造りと
キンと冷えたビール、そして、エビフリャ~、くーっ、溜まりませんな、きっと。。。
(はい、オヤジでつが、何か?)

温泉にこそ入りませんでしたが「満族(満足)」になった処で、途中、「エビせん」なんかを
買いに寄り道しつつ、一路・名古屋駅へ。車の中で熟睡・・・。目を覚ますと都心環状線
から見えるテレビ塔。。。

「ありがとぉー!」と実姉にみんなで手を振りつつ、娘の希望通り"Nozomi"にて帰阪。
新大阪駅にて「アレが乗りたかったのッ!」と指差すは、0系新幹線・博多行き「こだま」。
・・・ほんだら、またアレ乗ろうナ、と娘と約束をして、"Nozomi"の前で記念撮影ww

1時間半後には、自宅のソファで缶ビールを開けれるくらいの所要時間。
意外と近い名古屋、こんなことであれば、今度は名古屋市街を探索してみたい
と思う旅でもありました。

(おわり)
by shinyasta | 2005-11-22 00:07 | 日常

名古屋の旅(その2)

(つづき)

まぁ、テレビでも大々的に放映してたので、すごいんだろなぁ、セントレア・・・と
思っていたのですが、結果的に見る処なし。伊丹空港の方がデカイ??
デッキに上がって飛行機の飛び立つのを見るも、中型機(B737級)が多く、
閑散さ雰囲気・・・何より風が強い。夕日をバックに飛び立つJAL機など2.3機を見て
、ここもそそくさと撤収・・・。


b0021026_2351991.jpg
カレーで有名な「オリエンタル株式会社」は名古屋なんですね。
これまた、自分勝手な「名古屋名物」という事で、カレーではなく
グァバジュースを空港内の駄菓子屋にて購入。
ハワイを意識した何ともいえない図柄が気になって。




おなかも空いてきて、車にて実姉宅に移動→車を置いてタクシーにて飛騨牛を食べさせる
焼肉屋に移動。ここは、ウマかった。特に、塩タンとハラミと特上カルビ!
ビールもすすむ、、、中ジョッキーを軽く4杯。

店員①「あのー、お客様、駐車場の黒のミツビシは、お客様のものでは・・・」
ボク  「いや、違います。」

店員②「すいません、外の黒のミツビシ・・・」
ボク  「いや、違いますよ」

店員③「黒のミツビシ・・・」
ボク 「あんなぁ、ちゃうてさっきから言うてるやろ、酒呑むから車乗ってきてへんねん!」

店員④「・・・・。」
ボク  「なんや、ミツビシか?・・・・」
店員④「いや、空いたお皿をお下げします・・・・」


・・・ナニ、ボクってそんなに「黒のミツビシ顔」なんでつか?ww

流石に、3人目の店員が来たときは、ほろ酔い加減だったので、ちと大声で大阪弁丸出し
してしまって、隣の20代前半くらいの女の子4人組に「いやぁねぇ、関西の人って・・・」って
目で見られる・・・。
そうか、だから大阪人は嫌われるんやねぇ?www
なので、「何で、ボクがミツビシなのか?どんな仮説をやっとんねん、おう?」という事を
店員一人一人に問い詰めようと思いましたができませんでした。。。

タクシーで帰って、実兄帰宅後、飲み直し。
芋焼酎をちびちびとロックで。AM01:00就寝。
・・・・考えたら、朝の新幹線から飲みっぱなしやったなぁ、、、

(つづく)
by shinyasta | 2005-11-21 23:12 | 日常

名古屋の旅(その1)

先週末、名古屋に行って参りました。

目的としては、

①娘が新幹線に乗りたがっていた
②実姉夫婦が1年間だけ名古屋に住んでいるので、その際に行っておきたい。
③私も妻も名古屋初体験

・・・結果、①の比重がかなり大きかったのですがwww

さて、そんなこんなで土曜日・昼には新幹線"Hikari”にて名古屋に到着。
実姉と待ち合わせ&合流。

・・・名古屋って、人多くないですぅ?w
まぁ、土曜日という事もあるでしょうが、かなりの賑わいを見せておりました。
なんとなく、景気がいいような感じを受けました、、、、大阪よりは。
「栄」やFunkshopさんにお勧めしていただいていた「大須」なんかも行きたいなぁー、と思っていましたが、
家族連れということもあり、観光を主に行きましょう、、、と。

とか言いつつ、「ちょっとだけ、なぁ、ちょっとだけエエやろぉ、なぁ?」ってなオヤジ加減
全開にて、mandaさんの居られる、某・大型中古レコード屋さんが名古屋一発目。

ど こ が 観 光 で つ か ? www

もっとmandaさんとは初対面、もっとお話をしたかったのですが、
時間の無いこともあり、とにかく、片っ端からレコードを見る・・・や、安いww
やったり「エサ箱」に弱いボクw さらりとPickしてるつもりが、あっという間に
10枚を越す・・・妻の白い視線に気づくw
b0021026_2115614.jpgあと、日本人のレコードが充実してて、なんとsmall circle of friendsの
96年"WONDER"をハケーン!!げ、なんでこの値段?大興奮!!
こんなところで出逢えるなんて、「ついてるぅー、マジでついてるぅー」(by SDP)。
名古屋人よ、ありがとうww
あと、バッファロー・ドーター、コーネリアスなどもサラーリとPick。
ついでに、加藤登紀子もww

ああ、もっと見たいなぁー、違う店舗にも行きたいナー、なんて後ろ髪を引かれながら
mandaさんと少しBOSE氏に雰囲気を似た店長さんとお別れ。

b0021026_12553368.jpgんで、次、つぎィー!!と足早に、"ノリタケの森"へ。
知らなかったナー、ノリタケって名古屋なんやぁ。

せっかくだから、本場でメラニンの灰皿(写真)でも買って、あとアウトレットで
ボク達でも買える食器があれば、、、と思ったけど、どちらも撃沈。
娘が「面白くナイ」と愚図りだしたので、そそくさと退散。



んで、もう、早めに実姉の処に行ってユクーリしよか?その前に、一応セントレアでも
見とく、車置いてるしぃ?という事に。
名鉄での移動・・・すごいですね、名鉄。
もう、次から次へと電車がやってきます。そう、丁度、東京の京急に似ていますね。
しかも、結構「元とってるんじゃないの、名鉄さん?」ってなビンテージな車両が続々と、、、ww
とか思っていたら、セントレア行きは、JRの「はるか」に似た新型車両が・・・。
約30分にて、セントレアに到着となりました。

(つづく)
by shinyasta | 2005-11-21 12:45 | 日常

42円

ギックリ腰
 東のHIP HOP DRUNKIES ビート番長 mtsmabe1010さん a.k.a みーと君
からのTB。(古い記事をTBしてゴメンやで、みーと君!)

オサーンも、年甲斐もなく、この記事がずっーと頭の隅に残っていたものでw
NASとJAY-Zのビーフは終焉を迎えたようですが、ここでビーフ勃発だぁ!←アフォー


b0021026_2347856.jpg
"better days"   JOE   ( JIVE 2001)








b0021026_23494293.jpg
"Love Always"  K-Ci & JOJO  ( MCA 1997)








b0021026_2351365.jpg
"J TO THA L-O ! THE REMIXES"   J.LO   ( EPIC 2002)








b0021026_23541939.jpg
"ALL-4-ONE"  ALL-4-ONE  (ATLANTIC 1994)








b0021026_23555120.jpg
"blessed burden"  Carleen Anderson  (Virgin 1998)








総てCD「42円」です。


・・・だから、ナニ?っていうのはナシでww

<独り言>
あのー、Carleen Andersonなんて、元・ヤングディサイプルで、
まぁ、1stが良いでしょうが、このアルバムにはポール・ウエラーも
参加してて、悪くなんですけどぉ?(ワラ
何を基準で、42円なんだろ、古本市場?ww
んで、42円の「2円」はナニ?ww

みーと君もブログに書いていたけど、ホンマにエエ時代ですわ。
ちょうど、R&Bは抜けている処が多いので、流行で好きになった人が
「もういらんわぁ」的に売られた中古って、僕らみたいな貧乏人には
助かります。

男性モノのR&B、特に上記ALL-4-ONEやTAKE6のような男性グループ・コーラス物
は、寒くなり始めたこの季節にピッタリする気がします。
by shinyasta | 2005-11-18 00:16 | MUSIC

車検

最近、会社の自転車をオラオラと乗り回す機会が多いのですが、
今日は"冬"を感じましたね、さすがに。

さ ぶ い わ ぁ ~ 

でも、天気のいい昼間なんかは、自転車に乗って走っていると
実に気持ちイイですね。アレちゃいますのん、今週末辺り、紅葉とか
キレイんとちゃいますのん?(←やたら大阪弁)

さてさて、そんなこんなで、いつものように古本市場をサラーリとチェックした後の帰り道。
駅から我が家までに帰る途中、限りなく家に近いところのモータープール。
そこを借りているのですが、ふといつもの場所を見てみると、、、
b0021026_23413923.jpg





ポカーン



ボクの車(VY30)の半分くらいの長さしかない、このコが所定の場所に鎮座している
ではありませんかぁ!

あまりのギャップに、思わずワロス
そう、車検にだしているんです、4ナンバー(貨物登録)してるので、毎年車検なんです。
毎年の思い込みで、"代車=黒い色の日産パルサー"と思い込んでいたので、
ちと笑ってしまいました。

妻も始めにコレを見た時にはビックリしたそうですw
でも、思いのほか「運転しやすかった」り、娘が「小さい歳車好きぃ」と
喜んだりしたりしています...Orz 
(何でも、今日の保育所では「いつもの車とちがぅぅぅ~」と娘の友達の話題になったそうでw)
悪かったね、長くて取り回しにくい車にいつも乗せてぇ....

そらぁ、取り回し易いし、燃費エエやろうし、日本の軽自動車って凄いですよね、確かに。
長距離はしんどいとしても、チョイ乗りするには、日本の軽自動車ほど優秀なモノは
ありません、きっと、、、でも、デカイ車好きなんですがw

せっかくだから、車検から帰ってくるまで楽しもうと思います(ワラ
今から、ちょっと乗ってこよ。

b0021026_2359243.jpg







*写真のQ-TIPは本文と関係ありませんw
by shinyasta | 2005-11-17 00:05 | CAR

365日

只今のBGM♪(maimaiさん風)
b0021026_23111848.jpg









"LOVE SESSION" Silk (Elektra 2001 *Germany盤CD 古本市場 ¥42也)


リビングに座って、妻が本をペラペラ。
「何読んでるの、見せてぇーや」


b0021026_2334628.jpg"長谷家の土鍋。365日" (主婦と生活社 出版)

以前にココでも書いた我が妻の大親友が嫁いだ、"かまどさん"ですっかり有名に
なった長谷園(長谷製陶株式会社)が出した本。
最近のウチの娘のオヤツは、ココの"ふっくらさん"という土鍋で作る焼き芋。

今の"自然&スローライフ"の流れ、雑誌"ku:nel"&"リンカラン"などの追い風も
あるかもですが、何よりココの美人姉妹(ココ重要!w)が始めた東京・恵比寿の
直営店を出した辺りから勢いあります。

この本では、その陶器達と料理がメインとなった構成になってますが、写真が
素晴らしく田舎の今なお現役の長谷家の台所や、その雰囲気のある家屋、
四季の移り変わりの素晴らしさを伝えてくれる伊賀の里の写真が満載。

ボクみたいなヤツがこんな事を書くとキモいんですけど、見ているだけで
「ほっこり」してきます。ウチの妻もイイ環境で育ったもんだなぁ、って。。。


この正月も長谷家に寄せてもらって、熱いお茶でも御呼ばれすることにしよう。
by shinyasta | 2005-11-14 23:37 | 日常