<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

BACK TO REALITY / なんだかんだの一年です

まー、何だかんだと途切れ途切れになりながらもブログを開始して一年。
ここまでやってこれたのも、こんな”おっさん”ヘンテコ・ブログを覗いてくださる皆様のおかげでして。

ありがとうございます。

さて、このブログを始めた当初、「いやいや、凄い人たちがいるものだ、この世界には」と思うこと大勢おられます。
そんな一人、ブラックミュージックを愛する、愛しすぎちゃって凄いナー、つーかヒドイなこりゃ(最高の誉め言葉w)、
という同じ関西地域にこんな人がいるんですナァ、、、と思わせた"Hello WorldⅡ"のkaiserさんからTBさせてもらいます。

いや、皆さんはすでにご存知かも知れないのですが、疎くなりつつあるボクの中では結構な衝撃で。
んでもって、昨日書いたFINESSE絡みということで。
b0021026_23303488.jpg

                                "O.C. HIEROGLYPHICS入り"

!! え、ハイエロ!? SOULS(OF MISCHIF)やDELの?
何でYo? D.I.T.Cはどしたの?
つーか、CASUALは?ww

なんか凄くないです?(ってボクだけ?) ソソりませんか?

どんな音に仕上がってんだろか・・・ただ、単純にハイエロなトラックにO.C.のフロウが乗ってるのを妄想してしまうのですが・・・・・
Unn、悶絶ww
コレって、アレですか、ただ単にハイエロ(レーベル?)からアルバムを出したってだけなんっスかねぇ?
それとも、"D.I.T.C.を離れて、ハイエロ入り"って事でしょうか??

b0021026_23434899.jpg
"Smoke & Mirrors" O.C. (Red Urban/Hieroglyphics 2005)
うむ、金は無いのだが買わざると得ないでしょう、聞かなければいけないでしょう!ww
しかし、ジャケはやたらサウス&ミッドくさいですなぁ、シャレなのか、オシャレなのかい?




情報ありました教えて下さいね。とにかく、買って聞いてみるのが先決だな、、、酒代を減らすかww

そんなこんなで、今日。。。
いつもよりドタバタさに拍車がかかっておりました。会社の前まで行って、重大な忘れ物に気づきトンボ帰りして遅刻、
〆に必要な会社のデーターは間違えだらけ、工場から送ってきたサンプルは違う商品、歯医者にも同じく遅刻、
せっかくDJ-RIGO君が「大阪来てるでぇ」ってのにタイミング合わずで逢えず(RIGO君ごめんやで)・・・・Orz

けど、何やかんやと気分が前向きな自分・・・能天気ww
だって、帰ってきて、まず針を落としたのがコレですもん!

b0021026_08330.jpg
"INTELLIGENT HOODLUM" Intelligent Hoodlum (A&M 1990)

これに収録されている"BACK TO REALITY"と"BLACK AND PROUD"が聞きたくて、
「折り紙折ってぇ~~」と、スガる娘を振り切ってレコード棚へww

・・・ね、能天気でしょ?w
by shinyasta | 2005-09-30 00:16 | MUSIC

LORD FINESSE 来阪

なんか知らないけど、ふとレポートを見てたら昨日の当ブログの訪問数が普段の倍数になってる。また、前みたいに間違えだろな、きっと。。。

というわけで、早くの9月が終わろうとしております。またもや月末処理班。
アレだぞ、こうしてると毎回、月末処理をしているみたいな気分になってきたぞ。
請求、支払、請求、支払、精算、、、、おーいッ!ww
また、来月は国内外出張もあるし、WEB事業もあるし・・・もう時間なさすぎ!!
でも、仕事があるというのは有難いことなので、頑張ります。

そそ、よく「何している人ですか?」って質問されるんです。まぁ、「怪しい」ってわけですね?w
サラリーマンです、って答えるんですが、どうも信用がないらしいww
しかし、ま、自分でやっていくんだったら、それこそ何でもやっていかないといけませんもんね。
個人的には1個だけを突き詰めたい派なんですが、まぁ、それは良しとして「仕事」は「仕事」。
手広くやっています、ま、会社というもの「使えるもんは、使えぇぇー」って感じだろし、ええ良くわかります。

ボクの周りにも、結構いるんですよね「何をして食っていってんだろ?」って人々。
たいてい「うん、何でもやってる」なんて答えだし、それ以上、突っ込んで聞くのは野暮だしね、楽しくお酒を飲みたいしね。

でも、なんとなく、これからも「あの人、何をやってる人なんだろ?」ってのは付いてまわりそうな気がするなw 子供にまで言われたりして(ry

んで、気が早いですが、10月末に来るらしいっす、FUNKY MAN !
b0021026_14521335.jpg

10/28 (金)"ROOT DOWN"@AZZULE
DJとしての来阪らしく、それは大いに楽しみなんですが、是非ともMICを握って欲しいものです。。。って、まぁ、握るだろと思いますがw
関西地方のみなさま、是非とも現場で乾杯ィ!しませうww

よしッ!この日は絶対、早く仕事アガってやるんだからッ!
って、まずは今月末処理じゃんよぉー。泣。
by shinyasta | 2005-09-28 14:53 | MUSIC

"One To Grow On"

実際にブログを豆に、いやマメに更新をしなきゃなぁ、、、なんて思う反面、ありがたい事に周りの人達が、このブログを見てくれているようで、連絡ないなぁー、と思って電話でもしてみると

「ああ、ブログ見てるよ」の一言。。。

つまり、ブログを読んでると(ボクの)行動や考えている事がわかるから、別に連絡せんでもエエか?って様子が伺えますwww・・・だから、有難いことなんですけど、あんまりブログを更新するのも、どうかなー?なんて思ったりします、最近。。。
やっぱり、実際に逢って、顔見て話したりするのがいいですものねぇ。

と云いながらも、書くことが好きなんで更新しますが、ねww
b0021026_0405110.jpg

"Fruits Of Nature" THE UMC'S (Wild Pitch 1991)
涼しくなるこれからの季節にいいいんじゃないでしょうか、この「朗らか」加減?Lords Of The Underground、ZHIGGE、Leaders Of New School に並んで、ダンサーの皆さんにも人気のグループですよね。前述のTHREE TIMES DOPEと同じ"Oh Honey"ネタの"Blue Cheese"は疾走感溢れる、あまりにも名曲中の名曲(ちなみに、サンプリングは2小節ループですが)。スタッテン・アイランド出身とは思えないほどの、明るさとJAZZYなネタ使いに当時からヤラっぱな、、、「ああ、JAZZでんな、コレ」と思わすスムーズさとネタ使いの感度の良さに脱帽なのが"One To Grow On"。WUのRZAに機材の使い方を教えたというRNSが全編の曲作りに参加・・・ちなみに、RNSが作ったShyhiemの"A/K/A The Rugged Child"(Virgin 1994)もPro.してたんちゃうかなぁ・・・(←うる覚え)。もし、そうやったら、このShyhiemのアルバムも好きやし、The UMC’Sも好きやし、RNSの作る音が好きっちゅーこっちゃな。。。

秋というと、どうしても湿っぽい感じの音が巷から聞こえてくる季節に、あえて"NEW SCHOOL”、これいい選択かもしれません。

皆様の「秋」といえば、どんな曲を思い浮かばれますぅ??
by shinyasta | 2005-09-24 01:19 | MUSIC

"RAP WORLD"

いやはや色々と考えなきゃいけませんね、人生。ノホホ~ンと暮らるように、早くなりたいものです。
今日は久々に凹みました。

人生とは、なかなか自分の思うとおりにはいかないものです。いや、どうだろ、うまく行ってる方なのかもしれない。
こうして生活してんだもの、周りに人が居てくれるんだもの。自分の甘えと戦うことは難しいもんです。

結論: 「ボク vs ボク」、つまり自分と戦え!ってことなのかな?と33歳、2005・秋。

もう少しストイックに逝ってみるか?

なんでも某事件にてムショに入ってる槙原敬之に宛てた矢野顕子の手紙には

「人生、うまくいかないねぇ?」

って、一言だけ書いてあったそうです、目覚ましテレビのインタビューにて。

朝の着替えをしながら、ボゥーと聞いてたんだけど、矢野顕子、やるねぇ、
だてに(坂本)龍一さんの元・奥さんだけあるなw

・・・と、愚痴っていても何も始まらないし、明日もいつものように朝が来て夜が来るわけで。
なので、こんな日はテンションの上がる"RAP WORLD"の夢の共演を聞いて、ぐっすりと眠ることにします。


b0021026_23454989.jpg
b0021026_23462790.jpg



b0021026_23542449.jpg
"RAP WORLD" PETE ROCK & LARGE PROFESSOR
FROM SOUNDTRACK "HIGH SCHOOL HIGH"
(Big Beat 1996)





職人技。  こんな仕事のレベルに憧れまんなぁ・・・。

頑張りまひょ!明日は明日の風が吹くさー(とても子持ちとは思えない発言w)。
by shinyasta | 2005-09-23 00:15 | 日常

そういや・・・(LARK情報)

週末の夜中にボンヤリとスペースシャワーTV「BLOCKS」を見ていたら、我らがLARK CHILLOUT(aka マツーラ in the house)が出てたよ。AFRAに「ここに(JET SET下北沢店)来たら、LARKさんに逢えますよ!」なんて言われて、上機嫌でニコニコして手を振ってたよ、あの広島県・福山市出身のお菓子が好きな人、、、(*訂正 福山市→笠岡市・・・novoiski氏 多謝!)

愛情を込めて、親友より一言・・・
b0021026_19404126.jpg


アナタ、可愛く手を振っているつもりなのでしょうが、キモかったですよ。

んで、、、口、開いてるよ。
by shinyasta | 2005-09-20 19:19 | MUSIC

NISSAN & TOYOTA 1973

"GUSSAN racing"の親愛なる(w)”ぐっさん”サンからカローラセダンFRのTB。

えと、ボクが幼稚園の時にオヤジが乗っていた車を発見して興奮中!
b0021026_1711485.jpg
b0021026_1712699.jpgb0021026_1714083.jpg






日産グロリア 4Dr HT 2000 (K230)
オヤジの車は色はグレーで4 Dr HT 2600 GXで、それもアモン様には掲載されていますが、こっちの方が好み、だって軍関係者車両みたいだもの、ヤヴァイ、欲しい・・・。そのグレーの2600GXで色々な処に旅行に連れて行ってもらったナー。オヤジと言えば、この車を思い出します。今、ボクがセドリック・バンを好んで乗っているのも、この血統かと思われ・・・・。
b0021026_1712615.jpg
b0021026_17122061.jpgb0021026_17123131.jpg






トヨタクラウン 4Dr 2000 スーパーDX (MS60)
こっちも、いいな、官僚クサくってw もしくは、覆面?ww
お尻フェチのボクとしましては、このクラウンのお尻は、超イイですねぇ・・・。

どちらも 1973年式、つまりボクと1つ違い(ボクは1972年生まれ)。
この時代の国産車は、すごくアメリカに目が向いていて、なんかいいんだよなぁー、馬鹿っぽくてww どノーマルで、JAZYYなHIPHOPをかけながら流すなんてのも乙ですな・・・あっ、ウチの奥さん、MT運転下手だったんだ......Orz
練習させようかな。。。

*写真はアモン様よりお借りしました。
by shinyasta | 2005-09-20 17:02 | CAR

敬老の日とTHREE TIMES DOPE

車の運転席側と助手席側の窓を全開にして淀川を渡ると夜風が気持ちいい、そんな季節になりました。

ボク、自分の住んでるマンションの副理事をしてるんですけど、今日が最後の仕事。
そう、町内会の敬老の日の催しの手伝いに行ってきました。

「XXマンションです、何かお手伝いしにきました」
「おおきに、じゅあ、お願いしますね」

って任されたのが、よりによって音響ww
小学校の体育館で行われたのですが、ちゃんと音響を調節する部屋みたいなのがあるんですね。んで、少年少女の合唱のマイクの音量調節や、詩吟やボランティア・サークルの手品やジャグリングなんかのBGMの音調整とか・・・もち、老人相手に低音の出力を上げちゃったりしてwww

町内会の催しだけど、おじいちゃんやおばあちゃんがニコニコしてたり、合唱を一緒になって口ずさんでる姿を見て、ふと頭の中に流れたのが、コレ。
b0021026_2273527.jpg

"FUNKY DIVIDENDS" THREE TIMES DOPE (12inch ARISTA 1989)
SDPのシンコ氏もお気に入りに上げているフィラデルフィア出身3人組のこの曲は"Oh,Honey"をサンプリング。そのループが、そこの時間の流れ方にとっても合っている気がして。ホッとする曲の一つです。

そう、秋の夜長のドライブに最適な曲でもあると思います。

さて、ミキサーのフェンダーも変えた事だし、涼しくなった夜に窓を全開にしてビールでも呑みながら"FUNKY DIVIDENDS"からの繋ぎでも考えてみようかな。。。
by shinyasta | 2005-09-18 22:23 | MUSIC

BINGO BONGO SOUNDS / Small Cricle Of Friends

b0021026_1102115.jpg

"BINGO BONGO SOUNDS" b/w"SMALL CIRCLE ALL-STARS!"
Small Circle Of Friends (7inch basque 2005)

はじめの1小節を聞いた瞬間に、↓に思わず繋いでいってしまいましたよ。
b0021026_114573.jpg

                             ↓
b0021026_1154740.jpg

                             ↓
b0021026_1161079.jpg


コテコテですね、ボクww
でも、それを嫌味にさせない"BINGO BONGO SOUNDS"。
ここ最近で聞いた中で、ボクにとって一番の「大人のHIPHOP」かもしれない。。。
アズマさんのRAPが始まるまでのイントロ部分なんて、高めのスネアで擦るスクラッチを小刻み且つ軽快に思わず入れたくなる。RAP→歌→RAP→歌・・・とフックに歌を持ってくる忠実なマナーもまたシンプルで、その心地よさに助長しているような気もします。アズマさんの「大人な」フロウも、すごくハマってて、変化(進化)していってる。
そう、DRED SCOTTなんかもあわせていくのも気持ちよさそうだなぁ。
それに加えてオールド~ミドル・スクールな匂いも少しします、何だろう、リズムパターン?
合わせようによっちゃあ、SLICK RICK"Children's Story"に繋いでいくなんていう手もアリ。

サツキさんの歌から始まる"SMALL CIRCLE ALL-STARS"は、「よし!スタートするぞ!」って、元気が出てくるような「この秋にもってこい」な曲。ちょうど、初期のS.C.O.Fを彷彿とさせるような展開&バックトラック。ホーンの使い方が絶品。S.C.O.Fを聞いていて、いつも思うんですが、本当に気持ちよさそうに歌ってるなぁ、サツキさんって。あんまり、レコードを聴いていて、その歌ってる姿が想像できるシンガーって、サツキさん以外であんまり居ないんじゃないかなぁ、ボクの中で・・・あ、あとボニー・ピンクもそうだ、彼女も気持ちよさそうに歌いますよねぇ?
そそそ、こないだテレビ番組で、ボニーピンクと綾戸智絵が対談してるのがあったんですが、アレ、キツかったww
ピアノを弾いている綾戸智絵はいいんだけど、しゃべっている綾戸智絵はどうも苦手(ry
話によると、とっても「いい人」らしいですけど、、、ボニー・ピンクも少しやりにくそうに見えたのは僕だけでしょうか??w

脱線。閉話休題。

前回と今回で、ベタ誉めすぎますが、「誉め殺し」ではありませんw
ほんまS.C.O.Fの曲には元気を貰ってます。なので、それを少しでも皆さんにも伝わればなぁ・・・と思うのです。


そこには求めている「ユルさ」があるんです。
by shinyasta | 2005-09-16 02:05 | MUSIC

S.C.O.F presents STIDIO75 "HAND"

クタクタになった会議日の帰り・・・「んもぉ、疲れたヨー」と妻にメール。

「お疲れィ、いいもの届いてるよ!」

b0021026_12512666.jpg

2005.9.21 NEW RELEASE NEW ALBUM
"HAND" Small Circle of Frends presents (NOT FOR SALE)

まさか本人(アズマさん)から直接プロモをいただけるなんて・・・。
同時に福岡限定発売の7inchレコード(”BINGO BONGO SOUNDS”)までも一緒に・・・。
アズマさん、催促しちゃってスイマセンでした。

いやぁ、すごい、ここ最近で一番スゴイ出来事だ、ヒデキ感激(←古いし、オモロないか・・・)!
舞い上がっちゃってる、33歳子持ちw

眠たい目を擦りながら駅に向かう朝に聞けば「心が和む」し、駅前の売店でビールを買って呑みながら家路に向かう時には「心が弾む」

なんと自己中なレビューww でも、それくらい「密接」に心に入ってくる音です。

そして、「黒い」

ボクは度々、この「黒い」という言葉を使いますが、何が「黒い」か?というと「音」というのは然る事ながら、作っている人の「黒さ=ブラックミュージックの愛情」が感じられるということ。
それが感じられるんです。

ニヤリとしちゃったのが"02 rec time" "11 t.f.c." "12 basic step" "17 golden age"。 この曲たちのドラムパターン、キック&スネアを聞いていると、98年位のMad SkillzやWalking Largeの3nd~あたり、またはALL CITYの2nd singleが、ふと頭の隅から湧いてきました。もちろん、アズマさんは意識されていないでしょうが、ボクなんかは「むふふ、アズマさん、早いよぉ」なんて勝手に解釈しちゃって、ニヤニヤ。

もちろん、「おお、待ってました、これがS.C.O.F!」という"03 desert song" "04 summer knows(←曲名にも即死)” ”07 wintertime"もあって楽しめる一方、「これりゃ、所謂(いわゆる)、Tripなブレイクビーツじゃないの」っていうくらい、脳天と胸にズンズンくる"08 filmmaker" "16 beat math"。アカン、アズマサン、クロイッテ・・・ww

前にも「S.C.O.Fでジャンルを語るのは愚行だ」と書きましたが、再認識、その通り。
ボクは、どうしても偏った聞き方しかできないんだけど、このアルバムが色々な人が楽しめる「音楽」であることは間違いないと思います。「S.C.O.Fってオシャレだよねー」では片付けて欲しくない一品。
ですので、是非、機会があれば聞いて、自分なりの解釈を楽しんでもらいたい。

アズマさん、このCDはウチの娘の嫁入り道具レベルで家宝にさせてもらいますね。
あ、それと、サツキさんにかりている¥1000、返しますww
by shinyasta | 2005-09-13 12:50 | MUSIC

あー、よう寝た

品川~新大阪間でこんなに寝たのは久しぶり。
心地よい眠り、、、というより「落ちた」って感じで、名古屋も京都も知らないうちに飛び越えていました。

この9月は、本当に忙しくなりそうだ。
昨晩、呑みの誘いに電話をかけてきた今や家を次いで建設屋の取締役になってる大学時代の親友「I」が言う。

「そうか、忙しいか、そりゃ結構なこっちゃ」

そういう彼、子供も生まれたばかりなのに、休日は専門学校に通って建築士2級の勉強していて学科はすでに合格、図面実技が今月末に控えているとの事。

「なんや、お前こそがんばっとーやん」

いかに自分の時間を作っていくか?が、乗り越えていく成功の鍵だな、きっと。
まぁー、アレだ、仕事もプライベートも充実することなんて、滅多にないわな。
でも、その充実を目指して働いているサラリーマンww

昨日は歯を2本抜いたけど、なんかあまり痛みも感じず、頭が黄昏ちゃってるかも?と思うほどの時間の経つのが早いこと・・・そうだ、少し立ち止まって、Tokyo No.1 Soul Setの「黄昏'95~太陽の季節~」でも聞きながら眠ることにしよっと。
b0021026_1352543.jpg

by shinyasta | 2005-09-09 01:38 | 日常