<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

皆様ありがとうございました!

Grand Master Sliceの一件で、皆様からの情報、ありがとうございます。
ホント、感謝しています。そして、心強い!!
めぐみ姉を見習って、「検索」しなきゃいけませんねッ?
まだまだ、音楽は未知なことが一杯で、興味を尽きることはないですねぇ。。。。
どうぞ、皆様、これからもお付き合いを!

そんなわけで、昨晩は仕事が遅く、さらに帰ってから「衣替え」をしないと、そろそろ着るものが無くなってきたゾ(つーか、暑いわ、最近)・・・という事で、夜中に「衣替え」を敢行。

遅いでしょ?w

本当は先週末にしようと思ったんですが、楽しくドタバタとしてたんで(後日、報告します)、衣替えをできず終い・・・。
まぁ、レコードでも聞きながら、ボチボチやるか・・・という事で。
b0021026_9342725.jpg

なんで?なんでDJ HONDAなん?って感じでしょ?ww
別に・・・別に「再考」とかいう大げさなものでもないんです。
ただ、「ふと、出来心」で棚から取ってしまったんです・・・。

でも、このアルバムって、今、聞くとオモロイですねぇ。
参加が、Gamg Starr,Beatnuts,アル・タリク(Beatnuts脱退後かしら?),Biz Markie(!),
メリー・メルなんかです。
「これ、なんで持ってんだろー?」って衣替えの手を止めて考えたんですけど、どうやら、当時のBeatnuts熱病からだと推測されます。
そうそう、確か、この頃のHONDAって、やたらBeatnuts関連とつるんでた記憶が・・・(Relativityレーベル繋がり?)。
すっかり、なぜかアルバム2回転してしまいました。恥照。

コレ、「Book-Off」なんかじゃ、350円クラスじゃないですかねぇ?興味があれば、サラっと買ってみるのもアリですよ。ただ「私は、あのロング・へアーにCAPを被るスタイルはいやぁだぁ」って人は御遠慮下さいww (今は、どの様な感じかわからんので、後で「検索」してみよーと)

その流れで、FAT JOEの1stを聞きなおして・・・衣替え終了、AM02:30・・・・。沈没。
by shinyasta | 2005-05-31 09:52 | MUSIC

みなさまに質問!Grand Master Slice

世の中では、ややこしい人(←ボクの最大級の褒め言葉!)が多いものです。
このブログを見ていただいている方々も含め、ややこしい人達と繋がることができて、私、幸せでございます(ん?何か文章、オカシイ?)。

スモール・サークル・オブ・フレンズ・・・私、恥かいちゃいました。にて書きましたレーベルのMさん(女性)とメールにて最近やり取りをしています。
この人、ややこしいww
すごいんです、「HIPHOP、全然わかんないので、教えてくださぁいねぇー」なんて言いながら、質問がDopeすぎですw

b0021026_7423390.jpg

そのMさん、一番好きなHIPHOPは、このGrand Master Sliceのこの曲がフェイバリット。
これ、ボク、知らなかったんです・・・爆。
必死に、文献etc.をひっくり返して調べたりしたんですが、分からずじまい・・・。
その他のMさんの質問etc.には答えられたんだけど、コレだけが分からずじまい・・・。
情けない・・・。

そこで、です。
コレを読んでいただいている皆様なら、ご存知か、と。
是非、ご存知の方がおられましたら、教えてください。

えー、ちょっと指名させてもらってよいでしょうか?w
Funkshopブラザー、g_gさん、Kaiser_Sosae さん、maimaiさん、kimuram71アニキ そしてdj_rigo君!

宜しくおせーてください!

*Mさん、ブログのネタにしちゃって、すいませぬ。
by shinyasta | 2005-05-27 07:43 | MUSIC

うーん、どうなんHONDA

ホンダ・ステップワゴン、モデルチェンジしましたね。
まだ実車を見てないから何とも言いがたいが、、、、
b0021026_1721194.jpg

「日産・セレナの後継だと思ったぁ!」
・・・・没。
b0021026_2021120.jpg

これがセレナ。
b0021026_2023650.jpg

これ、旧セレナ。こっちの方がドン臭くて好き(この写真の高級仕様じゃなくて、一番安い2000FXのイエローとか業務っぽくて好きです。もち、テッチン(シルバー)でね。)
by shinyasta | 2005-05-26 17:22 | CAR

ADRIAN SHRWOOD DUB SESSIONS

ボク:「でさー、仕事がもう忙しいわけよ」

Gちゃん:「うんうん、オレもさー、コッチ(実家)帰ってきたらさー、"音”も”ギャル(←死語)"も
       いないわけよー、何か欲求不満なのよねー」

ボク:「なるほどねー、お互い”開放”が必要なわけね?」

Gちゃん:「そそそ。開放されたいねー、確かに。こんな時は・・・」

ボク&Gちゃん:「DUB!」

というわけで、5/27@NOON"ADRIAN SHRWOOD DUB SESSIONS"のPartyに出撃することに決定しました。

ボク:「ところで、そのエイドリアンなんちゃら~って人知らんねんけど・・・」
b0021026_158479.jpgb0021026_1582750.jpg
エイドリアン・シャーウッドはUK・DUB界の鬼才で≪ON-U≫レーベルを主宰。70年代後期から80年代を中心に時代を先導したクラッシュ、P.I.L.、スリッツ、ポップ・グループ、リップ・リグ&パニックなどといった革新性の高いアーティストの多くがエイドリアン・シャーウッドの元に集い、多くの作品がエイドリアンの手によって誕生した。また≪ON-U≫の他にも、エイジアン・ダブ・ファウンデイションを始め数々のアーティストのプロデュースや、プライマル・スクリーム、シンプリー・レッドらのリミックス・ワークなど多岐に渡っている・・・。

さらに、このPartyではKURANAKA(1945/Zettai-mu)も参加している模様。
あと、SOUL FIREもクレジットされてるけど、あのSOUL FIRE??
クレジットだけでもDOPEなニオイがプンプンします・・・深く、深く・・・・。
癒されに行くはずが、深みにハマちゃって出られなくなったり、、、ミイラ取りがミイラになっちゃりしてww

当日は、前職で知り合って仲良くしていただいている素敵なKNITを作られる「Y.tricot」デザイナーのKさんが東京から来阪されているので、ご一緒しますッ!

うん、いいぞ、これは・・・・・その前に、早く会社を脱出できるように仕事を片付けなきゃ!!頑張れ、オレ!
by shinyasta | 2005-05-25 15:07 | MUSIC

Birthday

33歳になっちまいました。

母上さまと叔母と姉上が来てくれて+ウチの家族とで、桂ざこばや原田伸郎がよく来る焼肉屋さんで但馬牛をたらふく食べました。

ウマかった。食べ過ぎた・・・・。
んで、帰ってきて、コレ書いています。

なかなかいい誕生日だ。
ありがとう。
b0021026_23253847.jpg

kimuram71さんとこで面白いネタを発見!リー・ペリーがギネス・アイルランドのCMに起用ですって!!
センスの良さに脱帽!日本じゃ考えられないですよね・・・DUBだけど、ボク的にはHIPHOPですわ、愛すべき「おじいちゃん」!

こんなおじいちゃんになりたい・・・。
by shinyasta | 2005-05-22 22:52 | 日常

どこかで見たことあるような。。。

b0021026_1612243.jpg
b0021026_16104434.jpg




プラプラとサーフィンしてたら、こんな写真に出くわしました。この人、センスありますよねぇ、COMMON(未だに"COMMON SENSE"と言ってしまいます)






シカゴ出身のCOMMONを知ったのは、たまたまBeatnuts"Relativity"レーベル買いという流れでした。ん?何、ちょっとJAZZY(死語)じゃなぁい?ってww
" I Used To Love H.E.R "からミスタ・ミニスタのスクラッチがキマりまくっている2
ndアルバム名にもなっている"Resurrection”の12inch経由で、2ndアルバムから1stアルバムへ。特徴のあるフロウだし、トラックはコテコテのイースト・コーストでもなく、シカゴのちょっと少し曇った空を思い浮かべそうなトラックの美しいループ。。。
んで持って3ndアルバム辺りから、ローリンやエリカなんかと競演しちゃって、オシャレゾーン突入って感じですよね。
確か、BLACKSTARが日本に来た時に、一緒に来ていたCOMMONのステージを見たんだけど、確か、もうこの時にマーヴィン・ゲイみたいな格好をしていたのを覚えております。

この写真なんかも、もうダニー・ハザウェイばりww ニューソウル?ww
さらに、今、ビートルズのアルバム表紙をサンプリングする辺りにセンスの良さが出てます。
これも、ビートルズみたいに何か意味があるのかぁー?(確か、ビートルズのはポール死亡説みたいなのがありましたよね?)

感度の「アンテナ」の張り方と、きっと好き過ぎてパクっちゃっているっていうところのHIPHOPを感じます。

ところで、NO.IDって何処いったの?おせーて!
by shinyasta | 2005-05-19 16:11 | MUSIC

いやいや、繋がっているわけですね

先週の日曜日から、ナンかですねー、人と「繋がる」ことが多くて、ですね。

例えば、ちょっと間、逢わなかった人と偶然あったり。
例えば、逢いたい憧れの人に逢えたり。
例えば、連絡が遠ざかっていた人から連絡があったり。
例えば、メールしようとした瞬間に、その人からメールが着たり。

ちょっと前にも書きましたけど、親友や遊び仲間が、故郷にかえったり、はたまた転勤になったりしてて「あーあぁ」なんて思っているのも束の間。
出会い巡り合う季節なんて言うけど、今年ほど、それを感じる季節はないなぁ。
「縁(えん)」というものを感じる、最近なんです。。。
b0021026_0454965.jpg

"eight songs in japan." small circle of friends (2000 HIPLAND) 
「人の縁(えん)」=「スモール・サークル・オブ・フレンズ」という事で。
アルバム題名の通り「8人」のスモサのゆかりある人達(だと思われる)が、スモサの名曲をRemixしています。何しろ、メンツがすごいですよ。
U.F.O,Little Tempo,Silent Poets(!),クボタタケシ,Fantastic Plastic Machine,etc...
というメンツが「波よせて」「LOOP SONG」「BOY'S WONDER」(シブイ!)などを原曲の良さを潰すことなくRemixしています。
個人的に好きなのは「NEVER NEVER LAND」(KUBOTA TAKESHI REMIX)。
ただでさえ、クボタさん・ツボイさん・DJ KENTが好きな僕にとっては、涎モノです。
あの、さわやかな「NEVER~」がDOPEなキック&スネアの抜き差しで、へぇー、ここまで変わるもんなんだぁ、しかしSCOFだぁ、という曲に仕上っております。すんばらしい。
ここ毎日、帰宅後、このアルバムを聴いてます。

「人の縁(えん)」は、すごい力を持っているんです。
by shinyasta | 2005-05-19 01:13 | 日常

なにげに・・・

b0021026_0153233.jpg
"LRG"ってブランド、今は落ち着いていますね?
確か、一時期、ダンサーの方々で流行ってましたよね??ボクがDJをよくしてた時のダンサーのツレとかは、「arena」「speed」といった水泳ブランド系のシャカ・パン(ナイロン素材の"シャカシャカ"のパンツ)や「セルジオ・タッキーニ」のスニーカーやブルゾンなんかを身につけていた(ボクのまわりだけかもしれません)のを記憶しています。

ふと、今日、「Blue Marlin」や「LRG」のサイトなんかを見たいと思ってみてたんですが、広告にDe La SoulやThe Rootsのクエスト・ラブやらブラック・ソートが使われてたりしてるんですね。見ていると、カニエ君やHi-Teck(!!)までモデルしてるんですよ(写真参照)。
フランソワ・ジルボーやBlue Marinesのwebサイトもカッコよいが、このLRGのグラフィックの使い方/広告の打出し方っていいなと思いました。

広告って、本当に大切なんだな、と思いました。それで、そのブランドの趣向や進んでいく方向なんかも見え隠れしちゃうし。あっという間に、ブームで終わっちゃうブランドもちらほら。
アバクロも「アバクロ・ジャパン」を設立しないのも、どうやらその辺が絡んでいそう。
ずーと、ブランド・イメージをKeepするのは、相当な信念と努力が必要です。
アメリカでは、なかなかDopeな(信念を貫こうとしている)ブランドも、日本に持ってきた瞬間になぜかヤンキー・ブランドとしてブームに取り上げられ、アッという間にブームが去り、市場的に潰されてしまう。。。なんか、どうなのかな?と思っちゃいます・・・それが、「ファッションだ」と言われれば、そうなのかも知れませんが・・・。
b0021026_2359398.jpg

by shinyasta | 2005-05-16 16:51 | 日常

スモール・サークル・オブ・フレンズ・・・私、恥かいちゃいました。

PM11:30に目覚ましをかけたはずなんだけど、目に飛び込んできた数字は「12:05」。
おうおう、ヤヴァイじゃん!と飛び起きる。

そう、今日(5/14)はSCOFが来阪なのです。
b0021026_13131165.jpg

SCOFのお二人に逢えるのに、服のコーディネイトも考えず急いで着替えて、寝ている妻の財布から抜き去った¥10000札だけを握り締め、車に飛び乗る。
大阪・中心部に向かう新御堂"ハイウェイ"筋は、この時間ともなると非常にスムースに流れている。DJ-RIGO氏に貰ったMIX-CDで気分を上げ、車内で男女いちゃつきながら走る赤いプリメーラ・ワゴンを蹴散らしながら、市内に入っていった。

SCOF・アズマさんから「多分、出番は26時くらい」とはきていたんだけど、12:45にはクラブ入場。へぇ、こんなとこにクラブできてんだ。あー、なんか、オシャレやどー、みんな若いどー、また浮いてるどー、「とりあえず」ハイネケン。何だろ、なんか「DABO」みたいなB-BOY&加藤ミリヤとか好きそうなフライガールまでいるぞ?わかってんかなぁ、まぁ、いいか・・・。
フロアではブラジル~ボッサが流れてて、2、3人がカラダを揺らしてる。

少しするとSCOFのお二人が、入場。即座に、アズマさんに近寄り「コンバンワ」「あー、ドウモドウモ」。んで、サツキさん(ああ、キレイやなぁ、この人・・・)に「ライブ、頑張ってください」「あー、"大人のHIHOP"見てますよ」。キャ!

ライブstart!正面真中少し前気味をオッサン一人で陣取り、踊る踊る!
「波よせて」「basque to go」、なんと「真夜中の自転車」やるわ!で、もう大興奮です。
さらにアズマさん「ま、大阪ということで・・・」で、クラシック中のクラシック(名曲中の名曲!てことね)、「NEVER NEVER LAND」 !! 鳥肌&失禁(失敬!)状態・・・。
当時、FM802でコレを聞かなかったら、SCOFで出会えなかったかも・・・という名曲ですが、32歳の今聞いても、全然色褪せないなぁー。月並みだが、SCOFの全曲には、それぞれ思い出があり、その曲を聴くと当時のことがフラッシュバックしてくる。
もちろん、いい事や嫌な事を思い出したりするんだけど、でも、こうやって思い返せる曲があるという事を嬉しく思う。
ライブ途中でのMCでも、サツキさんが話の流れの中に「まぁ、"大人のHIPHOP"ですから・・・」と気を使っていだだく。
アズマさんの独特なフロウとライミング&サツキさんの目を閉じて詠う歌声とダンス、コレがまさにSCOFだ!
というステージでした。

んで、ライブ直後にアズマさんとビールで乾杯「オツカレサマデシタ!」。
ボクは、もう汗だくになるくらい楽しめたのだけど、今回はなんとなく大阪はやりにくそう印象を受けちゃいました。今回はちょっと客層がねぇ・・・というのは、ボクの正直な感想。
大阪に住んでる一人としては、せっかくSCOF来てるのに、みんなもっと関西盛り上げんかい、ゴラァ!というのと、「ふふふ、みんな損してるぞー、コレは、ウシシ」という自己満足の世界が・・・。物販スペースでSCOF"eight songs in japan."の2枚組レコード(後日、レビューUPします)をサラーリと入手して、さて帰ろうか?とした時に、サツキさんとレーベルの方が帰ろうとしてたので、車でホテルまで送っていくことに立候補!

で、ここから悲劇がはじまりました。
どうせ、夜中だし、100円パーキングだからねぇ、と最後に¥1,000しか残してなかったんです。
レコードも最近見ないモノでしたので、今、買っておかなければいけんかったとです(言い訳)。
計算では、¥700くらい、おつりでタバコ買って、キレイに使いきるはずが、サツキさんとレーベルの方を乗せて駐車券を入れたらところ

「料金は¥1.800です」

と冷たく機械の中の女性はボクに言い放った・・・。
ないじゃん!うわぁ、うわぁ、と慌ててるとサツキさんが¥1000札を差し出してくれました。
もう、情けないやら恥ずかしいやら、、、エエ歳こいたオッサンが憧れの人から¥1,000借りるなんて、ありえるのか?いや、ありえへんやろ・・・。

ホンマにすいません、サツキさん!絶対に返します!
レーベルの方(すいません、メール待ってます)、連絡先を教えて下さい!
なんとかして、お金を返したいのですッ!

帰ってきて、起きてきた妻に経緯を言うと「アホや」と大爆笑。。。
どうしようもないオッサン・・・。
by shinyasta | 2005-05-15 13:21 | MUSIC

カバン

伊賀の旅に一緒にいったH君から電話があり、少し逢おうということになり、近所のプロントより少し上品なコーヒー屋さん(カフェって感じでもないんです)にて。

いわゆる彼も「モノ好き」でして、この度、カバンを作るメーカーを設立ということで。
社長じゃんよー、ボクより若いのにさー、っていう前ふりから色々な話やコンセプトなどを聞かせてもらいました。
話をしていて、本当に「タイミング」って大切なんだなぁー、「そうしなさい」って神様が言ってるんだよ、って少し「神ががり」的な事を感じました。
もちろん、本人が頑張っているのが大前提だけど。。。
直感的に「イケる」って感じがしましたよ、ええ。
それと同時に、正直、羨ましかったな。

まわりに、こうしてパワーをもらえる人達がいることに感謝しつつも、つまるところ「人」なんだな、ってことを確認してました。

カッコええ流行の服より「その人の顔が見える」服を来たいし、「その歌っている人の顔が見える」音を聞いていたい。「温もりのある」モノが好きだし、「温もりのある」人たちと過していきたいな・・・なんて事を、帰りの長い下り坂を歩きながら考えていました。
b0021026_125835.jpg

"Listen" UrbanSpecies ( Taikin Loud 1994 )
"Spiritual Love”という名曲中の名曲が入ってるアルバム。
そうそう、「スピリチャ~ラァ~ァ~ブ」ってヤツですわ。
ボクの中で「温もり」を感じる、また「歌っている人の顔が見える」曲のトップバッターです。

UKトッテンナム育ちの3人組。ちょっと煙くささい(土臭い)篭ったバックトラックに、ポエトリー(詩の朗読)を発展させたようなラップスタイルにやられまくりです。
"Spiritual Love"のライム内容が、またエロいww
「こんなん、云われたら、もうさぁー・・・」って感じがしますが、女性の方々いかがでしょう?w
聞かれたことのない方は、是非、日本版を!
"Listen"では、MCソラーのフロウも聞けます。

ちょっと、H君との話とUbanSpeciesを繋げるのは、ちと無理があるかしら?
カバンができたら、このブログでも取り上げさせてね、H君!
by shinyasta | 2005-05-14 02:01 | 日常