AIN'T GOING FOR THAT

てな訳で、盆明け仕事再開なんですが、みんなSurf Tripに出掛けちゃって、
仕事を翻弄されているボクの携帯に、旅先から海や豪華なBBQやビールで乾杯している
写真をメールで送りつけてくるんです。

これは、イジメです(断言)。

ま、誘ってもらいながら、諸事情で行けない私に非が大分にあるのですが。苦笑。

てな訳で、仕事を終え、トボトボと帰宅し、昨晩作ったボルシチを食べ、
黒糖梅酒ソーダ割りをチビチビやりながら、悔しいので、レコードをUPして逝きます。
(↑全く関連性がないww)

b0021026_22391015.jpg"THE CLARITY EP
(THE ROAD IN
FRONT OF ME)"
DODGE CITY
PRODUCTIONS
(4TH&B'WAY 1992)
あれ、コレ、以前にUP
したっけな?ま、いいか、
所謂「UK物」ですね。
そのEPのB面の
"AIN'T GOING FOR
THAT(PART2 '92)”を。



アメリカ産と違い、ヨーロッパの薫りが上モノから漂ってきます。
これもまた、丁度、時代的にAcid Jazzの流れを汲み取ったような印象を受けますが、
他のUKモノに比べて「クロい」のは、きっとRAPのフロウのせいかな?(そうゆう事にしとこw)

b0021026_2249234.jpg"The Torch"
Edgar
Allen Floe
(Shaman Work
2006)
ディストリビュートが
fatbeatsという事で
即買いした商品。
ねぇ、fatbeatsって
言葉に弱くないですか?
ボクは弱いですwww



どちらかというとユッタリめなBPMですが、畳み掛けるようなスネアとキックが
HIPHOP心をウズウズさせちゃう。まぁ、RAPの声も好みッス。
この人の事は全然知らないんですけど、今もどうやら活動されているようですね。

http://www.myspace.com/eafloe

西海岸の人みたいで、なるほど、RascoやPlanet Asia辺りがボンヤリと頭に浮かんで
きたのは、そうなんだろうな、きっと。。。

b0021026_2324376.jpg"against the law"
KENNY DOPE &
THE UNDERCOVER
BROTHER
(AV8 1997)
「ケニー・ドープ」と
いうクレジットを見ると
思わず鼻の下を
伸ばして手に取ってしまう
のですが、結構、
アタリハズレがあると
思いませんか?



それは、特にRAPモノに多く、HIPHOP→HOUSEから、またHIPHOPに戻ってきた時
に出された「スローテンポ」物に「ぐはぁ、ヤラレタ・・・没死」と思う事が多いんですが、
その中で、これはケニー・ドープ遅めBPMの中では、キックの音と上モノの相性が好みです。
みなさん、後期ケニードープ物は、良く試聴して買いましょう←自分に言い聞かせている。苦笑。


b0021026_23132594.jpg"Real HipHop"
NEEK THE EXOTIC
(From Da Bricks Ent ?)
どうですか、
この似顔絵?笑。
味、出まくりですよね。
A面の"Make That Money"
(直球!)も、
ロイヤル・フラッシュがFeat.
でハーコーな感じですが、
もっともっと直球な題のB面
をPush !


ご存知の通り、NEEK THE EXOTICといえば、Large教授がPro.ですよね。
このB面"Real HipHop"も、頭を少し聴いただけで、Large教授モノだとわかるはず。
この疾走感がありつつ、イーストコースト的「冷たい感じのハーコースタイル」は
Large教授の十八番とも云えるんじゃないでしょうか?
ずっと聴いてても飽きないもんねぇ・・・Large教授、やっぱり「好き」です(赤面しながら告白)。


・・・しかし、ボクって、12inchの中でもB面の曲ばっかり紹介してるな・・・没笑。
by shinyasta | 2008-08-18 23:27 | MUSIC


<< Wishing on A Star I.N.C.RIDE >>