Key Of Life

お久しぶりです。

最近、激動です・・・
「忙しい、忙しい」と言いながら、
こうして毎日、過ごしてイケている事に感謝しないといけませんね。
そんな激動の合い間に、M女史(HIPLAND MUSIC)と、
まるで男同士で呑んでいるみたいな感じで中崎町の男前がする
モダンな焼酎Barで明け方まで呑めたりもできている訳ですし。笑。
(M女史、おおきに!)

そう、先日、書いたように、先週は、"面接官"をしてまして。
まぁ、女性の学生さんの「しっかり」している事!
場慣れしているのか、度胸があるというか、
しっかり「目」を見て話す。

こっちが照れるw

それに比べて男性の学生さんは、目が泳いだり、言葉に詰まったり、
話の辻褄が合わなかったり、妙に偉そうだったり・・・
「別に、就職できなくてもいいっすよ」みたいな事を言い出すヤツまで
出てきて。。。
そしたら、面接なんか来るな、時間勿体無いわ、どアホっ!苦笑。

嗚呼、ボクもきっと新卒の時の面接は、こんなんだったんやろなぁ~、と
思いながら、笑顔で応対をする。

決して、面接というもの、どっちが偉いわけでもなく、
面接する側も「面接をされている」意識を持って、対応してました。
謂わば「お見合い」ですものね。

大阪本社・総勢27名の面接だったのですが、10名まで置くの絞込み。
これが、ナカナカ難しい・・・

残念ながら、先日書いた卒論の娘は、選考から落ちました。
まぁ、社会に出れば、頑張れるんだろうけど、
その以前の問題(挨拶、しぐさ、質問に対する返答内容・・・etc.)が、あまりよろしくなかった。
別に、ウチに対しての志望度が高いという感じも受けず。
残念ですが、ココで面接を通しても、結局、お互いの為にならなかったら一緒ですもんねぇ。

さてさて、そんな激動な日々、カバンの中に入っていたのは、コレ。

b0021026_21571817.jpg"Songs in the Key of Life"
Stevie Wonder
(Motown 1976)

「超」がつくほど有名だけど、
"AS"なんかを聞くと、
心が落ち着く・・・。
これ、レコードとCDで
持ってるんですけど、
レコードは2枚組+7inchと
いうセットですよね。




「人生には(人には)"明暗"がある」という事を、アルバムの全体の「流れ」で
表現している、なんていうと大げさか?
楽しい曲もあれば、哀愁漂う曲もあり、、、ま、人生なんてこんなものよ、みたいな。
このアルバムをStevieの最高傑作と上げる人が多いのも頷けるかな。

他のBlogでも、お勧めの定番みたいなアルバムですけど、
就職活動で疲れている学生さん達に、是非聞いてもらいたいアルバムです。
by shinyasta | 2008-05-20 22:00 | MUSIC


<< 36 years (The 3... KIK IN FLAVOR >>