(追記あり)Small Circle Of Friends In BLUE CAFE OSAKA

(つづき)

車のエンジンは調子よく一発でブルン。
ここからは、ボクの「祭り」の始まりだ。
よぉし、Small Circle Of Friendsに逢いにゆこう。

夏の夜の街に車を滑らせる。窓は全開、音も全開でスピードはユルユルで。
何となく、少し遠回り。だって気持ちよすぎるんだもの。
ここ最近で、ベスト・ドライブ。
いやぁ、夏の夜のドライブは最高なんだぁ~、と再認識。

そんなこんなで、@FLATtに入場。
漏れてくる音に気が早まり、受付のお姉さんが「あのぅ・・・」
手の甲にスタンプしてもらう前に入場しようとしている34歳。恥。

正面で、いきなりマイメン・RIGOクンとHIP LAND MUSICの一輪の花・M女史がっ!

いつもの通り、「もう、Shinyastaさん、遅いじゃないですかー」とボクの二の腕を
パチパチ・・・今回は、叩き返してみると、必ず一回多く返してくる恐ろしいM女史。

素晴らしい女性だ。

RIGOクンは、久々なんだけど、この人と逢うと、なぜか妙な安心感が。
RIGOクンの笑い声に、こっちの頬が緩む。
しかし、相変わらずのハードなスケジュールをこなしているよう・・・体、気をつけてや。

と振り返ると、前回のスモサのParty(@NOONでしたね?)お逢いした
"韻シスト"のマネージャーさんに「どーも、どーも」。
いや、"韻シスト"、聞きます聞きますww

そうこうしていると、Small Circle Of Friendsのお二人が入り口から入ってくる!

b0021026_754652.jpg真っ先にアズマさんと握手!勿論、両手でw
いや、毎回毎回、背筋が伸びる感じ・・・「楽しみにしてますっ!」。
そして、サツキさんにも、ニコっと「こんつわぁ」・・・
(握手はまだでけへん・・・緊張して)。
その後ろには、HIP LAND MUSIC・敏腕プロデューサーのハチスカさん!
これまた緊張、今回のスタイリングはハチスカさんを意識してました(ん、趣旨が違う?w)。
しかし、いつも、髪をキレイに散髪されているよなぁ、、、あ、そー言えば、アズマさんも
いっつもキレイにしてるよなぁ・・・ボクも、そーゆーとこに気を配ろう・・・


などと思ってるうちに、LIVEに突入!

何だろ、客層?@FLATtの適度な小バコ加減?ボクの祭り気分?w
心地よいモコモコしたアングラな感じ、けど、とても濃い空気が流れてる。
聞きなれた音とともに、アズマさんのこれまたいつもの「スモールサークルオブフレンズですっ!」
という声でテンション最高潮!
ここ何回かの中では、ベストLive!
アルバム「Special」からの曲の合間に「波よせて」。
フロアは大合唱、一体感が産まれる。
考えれば、このお二人の存在と音に何度助けてもらってるんだ?
という想いが波寄せて、思わず踊りながら、涙が出てくる。
あっという間にLive終了。

「お疲れさまぁ~」とアズマさん・RIGOクン・FLATtのカウンターの二人(N.I.C.E GUY!)
と乾杯!いや、スンバらしい、楽しすぎる!

b0021026_6512747.jpg"BLUE CAFE" Various Artist
渋谷"オルガン・バー"で週末行われているParty"BLUE CAFE"。
その軌跡を綴ったコンピレーションCD。
これを聴きながら、本場"オルガン・バー"でのBLUE CAFEに思いを馳せる。
Studio75,S.C.O.Fの、また違った側面も見えるコンピレーション、S.C.O.Fファンは必聴です。

お気に入りの曲は、"Le Theme de Blue Cafe NO.1"
(g_gさん風の締めくくりw)



当日に逢えたみなさん、最高です。ありがとうございましたっ!

*8/4 追記
S.C.O.F. オフィシャル ブログ 「studio75」にて、
アズマさん本人より"Friends"の綴りが間違っていると。。。

げ。

おいおい、って事で、見直してみると、"Friends"だけじゃない、"Circle"の綴りも
間違っている。。。

興奮しながらの投稿の結果・・・(言い訳)。

おいおい、何年Small Circle Of Friendsのファンやってんだyo ボクゥ?、、、恥。

アズマさん、サツキさんをはじめ、関係者の皆様、そしてファンの皆様、申し訳ございませんでした。

投稿の際には、今後、見直ししなきゃ、、、と反省中。没。

きぃつけます。
by shinyasta | 2006-08-01 07:07 | MUSIC


<< 間違えやとおもいます お祭り >>