GROOVE

昼メシを8分で済ませ、あと42分間の昼休みで某・大型書店へ。
久しぶりに本屋さん。

すでに「音好き」の方はチェック済と思われますが、まぁ許してください。

b0021026_354941.jpg題名が気に入りません、別にエエ音かけるんやったら、CDでもMDでもiPODでも
エエんちゃうんかいな?とか、わぁわぁ言うてますが、
かく云うボクも専らレコードですが。

本の内容はともかく(←アカンがなw)、驚いたのがレコード屋の内装。
最近、東京に行ってもレコード屋に行ってないので、これまた「何を今更?」と
いうのは許してください。
写真の撮り方もあるんだろうけど、すごいカッコいい内装なんですねぇ、今は。
Nujabesを中心とされるハイド・アウト・プロダクション運営の"Tribe"
エスカレーター・レコーズが絡んでいる"escalator"

・・・なんやコレ。ヘタな服屋より、金かかってるし、センスええがな、、、
完全にプロ(設計)の仕業やん。。。

確かにカッコいいけど。
前職にて、ほんの少しだけインテリアを齧ってる者としては、「おおっ」ってなってまうけど。
買い物の一つの楽しみとして、こういうインテリアを楽しむのはアリなんでしょう。

けど、やっぱり、昔、東京に行っていた時には必ず寄っていた"Guinness Records"みたいな
雰囲気が好きだナー。値段も品揃えも正当な感じを受けるし。

あと、この本を見ていて、一度は行ってみたいなぁ、と思うのは、
シンプルな内装のところ。単純にレコードが見やすそうだし。
"SOUNDS OF BLACKNESS""Onsa"
"BEST SOUND RECORDS""Saboten Records"なんかエエ出会いがありそうな雰囲気。
"universounds"とか下北沢の"EBONY SOUNDS"なんかも
ええんでしょうね、、、なんとなく、写真見てて思いました。

ただし「ストーン・スローの★◇○が東京に来た際には、、、」とか
「DJ-○★△が常連、、、」云々、、、いらんねん、そんなん。ワロスワロス
そんなんより、品揃えや、要は。

・・・なんて、強がってみる田舎者ww

妻に「なぁーなぁー、カッコええねんなぁ、今のレコード屋?」って本を見せていたら、
「まぁ、企画(=商品の大きさ)が均一やから、什器も大きさ合わせ易い
からシンプルにできるんじゃない?」って、、、おおお、そか、そーだわ、そだそだww
・・・冷静やんけ、流石、レコードの話になると、キミッ!ww

ま、結論としては、ボクなんかには大阪・日本橋の中古屋まわりが性におうてると
いう事ですかね。。。
by shinyasta | 2005-12-03 04:43 | MUSIC


<< 柳宗理と”GET IT TOG... バトン >>