Watch Your Step

今となっては、どーしてんだかわかんないけど、大学時代に仲の良かった
ツレがいます。広島の県庁かなんかに勤めてエライさんになって広島テレビ
の新人女子アナ達と連日コンパしてる、、、くらいまでの消息は知っている
ものの、その後はバッタリです。

そういや、彼からは色々と音楽を教えてもらった訳で。
レンタルCD屋(&VIDEO&本)でも一緒にバイトをしてて、結構、色々と教えて
もらいました、音楽を。バイト中は、ずっと音楽か女の子の話ww
そういや、映画「Juice」のサントラを教えてくれたのも彼。
彼の下宿先に行くと、そりゃもう何回聴くん??ってぐらいに
「Is It Good To You」がリピートされていました。

b0021026_23453957.jpg"Watch Your Step Vol.1" ( CULTDEP 1993)

そんな彼が、バイト中にいつもかけていたのがコレ。
先日、偶然、中古CD屋で出逢ったので買ってみました。
簡単に言うと"歌モノ・4つ打ち"です。
ガラージ・ハウス?ディープ・ハウス?って言うんですかね?よくわかりませんが、
要はHouseのトラックで歌を歌ってるヤツのコンピレーション・アルバムです。


時代は、ACID JAZZやらグランドビートやら、後期N.J.SやらJAZZ HIPOPやら、
、ダンスミュージックの激動(London優勢)/混沌とした、そうSouls Of Mischeif
も歌ってる93年頃・・・。

RAPに傾倒しているボクに、彼は「こんなん、今、エエと思うねん」と言いました。
クロスオーバー、なんて言葉は薄っぺらい感じもしますが、その頃のWU,FAT JOEを
筆頭に「東海岸ハーコー」に傾倒しかけてたボクにとって、まさに清涼剤。
当時、全然Houseなんてわかんなかったんだけど、「なんとなく黒いナー」とは
鈍感なボクでも鼻につきました。

「へぇ、気持ちいいもんだね」って言うボクに、「んじゃ、コレはどう?」

b0021026_053976.jpg"finally" Ce Ce Peniston ( A&M 1992 )

これも言わずもかな。
アルバム名にもなってる"finally"はもちろんの事、一曲目の
"we gota love thang"も逸品。
もう、この頃にHIPHOPに飽き出してるダンサーの人達なんかも、
Houseに転向したりし出した頃。



b0021026_016622.jpg"Storyteller" Crystal Waters ( Mercury 1994 )

ま、Houseの人から言うと「何言うとんねん、Houseちゃうわい」って話かも
しれませんが(w)、コレもそう。
 恥ずかしい話ですが、"100% Pure Love"や
"I Believe I Love You"を聞いた時に、「なるほどKenny Dopeを始め、
HIPHOP上がりの人がHouseに転向していく」っていう気持ちがわかった気が
しました、、、気持ちエエもんなぁ。


一つ一つの打ち込みの音を聞いていると何か「黒さ」を感じずにはいられないわけで。。。
これらには、スローな曲では、R&B要素も含まれているような。
未だに、それが何かわからないのですが、「ドス黒く」気持ちイイんです。

きっと、この辺なんか、200円までで買えちゃったりする今の世の中。
今までHIPHOP一辺倒な諸君!たまにはこんなんも聴いても損ないよww
車に乗ってるときなんかも気持ちイイし、、、飛ばしすぎに注意だけど。


そうだな、彼とも久々に逢って、酒でも呑みながら音楽の話でもしたいものです。
by shinyasta | 2005-11-23 00:39 | MUSIC


<< "SPECIAL&q... 名古屋の旅(その3-最終日) >>