Dippin'

b0021026_1221528.jpg"Dippin'(O.G.Mix)"
KING TEE
(MCA 1994)
ウエストコーストといえば、
ゆったりしたBPMに、
「ピリャピラァ~ピィ~」的な
イメージ(←意味不明w)が
ありますが、そんな中でも
「え?イーストコースト?」
って音の本作。

まぁ、年代が年代だけに、そんなに西や東なんかを分け隔てのない時代なんだよ、
って云うのもあると思うんですが、どうしても当時は「東海岸派(でも、DreやSnoopは好き)」と
薄っぺらい想いで過ごしてきたボクとしては、こんなウェッサイ、それもコンプトンの人が、
こういう音でRapをしていると、「おお、おおおお」なんて思ってしまうんですよね。

「いや~、そこまで実際のブラックの中で、ソコにコダワってないよ、みな純粋に音を楽しんでるよ」
なんていうのもわかってるつもりですが、その"土地柄と人柄の音の関係性"を楽しんでしまう癖は、
どうやら治りそうにありません。

だけに、日本のHipHopでも、そういう風に、リリックとかだけでなく、
音にも、そういう土地柄みたいなものが出てきたら面白いのになぁ、、、
なんて日頃から思ってますぅ~、みたいな余談。笑。

元に戻りますと、本作を聴いていると、「当時は分け隔てなく云々・・・」とかではなく、
「おい、俺らだってなぁ、こんな音でもRapできんだぜ?」って思って作ったんじゃないかなぁ、
なんて思ったりします。



PVを見てても、コンプトンの帽子やインパラなんて"いかにもウェストコースト"なアイテムが
一杯出てくるんですが、冒頭に出てくるガレージのW124(メルツェデス)や比較的なタイトめで
シンプルなスタイリング、Rapする時の動きなんてのも、イーストコーストっぽいし、
水着を着た別嬪さんがJeepを颯爽と乗ってるシュチエーションなんて、
Masta AceやNINEなんかイーストコースト勢のPVでもあるように、NYCでの流行を意識している、
もう、なんなら少し皮肉ってる感じ?いやいや、このKING TEEって人、その辺りが好きなんでしょう?
なんてことも感じることができて、思わずニヤリとしてしまいます。

B面に仕込まれてる"DUCK"という曲もハード。
何も知らないで聴いていたら、普通に、イーストコーストでしょうね。笑。



勿論、"Dippin'"のオリジナルは、"いかにもイーストコースト"な曲。



どうですか、どちらがお好みですか?笑。

こういう聴き比べも面白いもんです。


b0021026_1244415.jpg"WORD TO LIFE"
I.G.T
 Feat.Horace Brown
(LOUD 2001)
"その土地柄・人柄"から
音がわかる、っていう点
では最近、この曲を
たまたま聴いていて
思ったんですよねぇ。

私事にもほどがありますが(苦笑)、ふらっと立ち寄った某リサイクル・ショップで拾ったコイツ。
特に、期待感もなく、ターンテーブルに載せて聴いていたんですが、

「ん?んんんんん?」

いや、バックトラックが好っきやわぁ~、誰作ってんだろ?って、
クレジットに目を走らせると、、、

Produce by Large Professer

「!!!」

まぁ、一気に、この盤が愛しくなりましたね←単純。笑。

と、「へぇ~、、、で?」位しか感想がないような内容で申し訳ないのですが、
音1つ1つも「素朴」というか、着々と刻んでいくビートに乗る”ふんわりとした"上モノ、
フックの気持ち良いHorace Brown(!)の歌声、見かけによらないI.G.Tの連中の丁寧なRap、
非常にシンプルな構成なのに、聴いているうちにジワジワと味が出てくる辺り、
流石にLarge教授の仕事!なんて、、、思ってしまうのは、ただ単に、

「お前が、ただLarge教授好きなだけやんけ!」

と、云われても仕方ありません。苦笑。



特に知識を詰め込まないで、"聴いた感じ"だけで、なんとなく調べていくと、
意外と自分の好きなモノと結びついてたり、また新しいモノを発見できたりできるってのも、
音楽の1つの楽しさだと思うんですよね。
by shinyasta | 2015-03-23 12:12 | MUSIC


<< As Them Talk STRAIGHT FROM T... >>