THE GLOCK

b0021026_11345998.jpg"THE GLOCK"
VICIOUS
(epic 1994)
Blog復活宣言をしておきながら、
早速、怠っておりますが(苦笑)、
まぁ、ぼちぼちやっていきます。
という訳で、VICIOUS。

そう、当時、MAD LIONなどをはじめとした「ラガ・ヒップホップ」なるものも
出てきて、イリーガル辺りのKids系も流行っていた頃で、その美味しい所を
1つに合わせたように"Between The Sheets"ネタの"Nika"を引っさげて
シーンに出てきて、自分も、まんまとソレに引っかかってレコを買っていたわけです。

少し背伸びしている感じが、今見ても可愛らしいし、
基本、HIPHOP MIXを中心に聴いてきましましたが、
ちゃんとラガの方もしっかりとコアな部分を押さえていると今になると感じます。
そう、勝手にコッチがジャンル分けをしているだけであって、PVを見ていると
ラガであろうと、子供であろうと、ちゃんとHIPHOPであることがわかりますよね。
PVに、チラチラとDJレッド・アラート叔父が映るのが、なんか嬉しいですよね。笑。



あと、スタイルも、非常に当時の雰囲気がよく表れていて、PVを見ていると、
白/赤のトミ・ヒルのPOLOや、ベストを着こなし、デニムのシルエット(履き方)、
バッシュやティンバーなど、なんか当時、"Yo!Rap MTV"をダビングしたVideoを見て
ワクワクしていたのを思い出します。


b0021026_11354993.jpg"STICK UP"
Shazam X
feat.KAOTIC STYLE
(TNT Records unkown)
Shazam Xは、当初、
"Uptown Anthem"で
「あー、なんかカッコ良い
インストを作る人だなぁ」
と思った位の印象。
そのShazam Xが、当時の
NYCアングラの雄、KAOTIC STYLEを
迎えて作った曲がコレ。

徐々に刻んでいくビートに、ベースが絡んでいき、少し声高なKAOTIC STYLEのRapが
入っていく、フックはPosse系という当時のNYCアングラのマナー通りの展開に、
ベタでありながら、「うん、これぞNYC」という高揚していく自分がいたりします。苦笑。



このShazam Xって人、言ってみれば「業界人」なイメージ。
交友関係を広く、 Percee Pに曲を提供したり、KENNY DOPEとも仲が良かったみたいです。
このレコードには、そのKENNY DOPEのMIXした"DOWN FOR MY CROWN"も収録されています。



また、NYCアングラ好きの諸氏には、Shazm Xと言えば、
Vmaxレーベルに反応される方も多いはず。。。

b0021026_11362349.jpg前述のPercee Pの曲も、
大変良いのですが、ここでは
Sick Lyrical Damager(SLD)の
ROY AYERS"Everybody Loves
the Sunshine"ネタの
"It's Over"をUPしておきます。



ゆったりした気持ちにさせてくれる大ネタを使いつつ、所々にセンサー音のようなネタを
ループさせる辺りに、いかにも90sNYCアングラな感じもしちゃったりしますよね。
by shinyasta | 2015-02-27 11:40 | MUSIC


<< COMMENT RICH GIRL >>