RICH GIRL

昨今、Blogの更新を怠っているのですが、レコードは増え続けています。。。
先日も、今や建設屋の若頭、ウチの床リフォームなんかも
お世話になった大学時代の友人が久々に来た時に、
「おい・・・レコード、また増えてるやないか・・・お前、どないすんねん」と突っ込み入りました、、、

あと、TwitterやFacebookなどの便利なツールが増えてることもあって、
どうしてもソチラに傾倒しがちで、Blogというツールは、かなり落ちついたフィールドに
なっているように思います。

故に、天邪鬼の自分としては(苦笑)、またBlogを再開していこうと決心したわけであります。
(何の決意表明なんでしょう・・・)

b0021026_1121772.jpg"Rich Girl(Remix)"
TOW DOWN
(D.I.M.E. Records 2003)

というわけで、俗に言う
"大ネタ"使いですね。
「Bad Boy世代」の私と
しましては(←えっ?)、
やっぱり聴いてしまうん
ですよね、これ系。


b0021026_1124795.jpgはじめのフレーズからピンと来るように、
元ネタはDARYL HALL&JOHN
OATESの、このアルバムに
収録されている同タイトル。

子供に歌わせちゃう、そのフレーズなんて、"Our House"並みにもっていかれちゃいます。

うん、卑怯だな、卑怯。苦笑。

なんか、フロアのピーク時よりも、明け方にかかってると身体を揺らしちゃう、
なんなら平日の天気の良い日に、のんびり部屋で聴いていたいような気がするのは、
同じ系統とはいえ、当時のBad Boy、”フロア・アゲアゲ命"MASEなんかとは
一味違うような気がします。

また、この妙にクセになるフレーズ、内容的には、「君はお金持ちの女の子、
でも、結局、金の持ってる年上の男にいってしまった、そんな子じゃないだろ?
それはビッチのやることさ」的な内容で、フラれた恨み、「そりゃないぜ」的な事なんですが、
逆に「オレはスターになって(もしくは、ワルでトップになって)金持ちだ、
だからオレを付き合えよ」的な風潮のHipHopの中での、このフレーズを大ネタで回すのは、
面白い感覚だな、と思います。

某ブログさんによりますと、この元ネタの方は、なんでもDARYL HALLのガールフレンドの
男友達の事で、はじめは「Rich Boy」だったらしいです。
それを女の子に置き換えて歌ったらしいですって。

まぁ、冒頭の「You're a rich girl」から、二回目には「It's a bitch girl」に変わる
辺りなんっー辺りは、HALL&OATES自体、HipHop的、と云えるかもしれませんが。笑。

b0021026_115529.jpg"AM I HE SAME GIRL?"
BARBARA ACKLIN
(Passion Music 2002)

"大ネタ使い"というよりは、
むしろ、カバーなんですが、
フロアで、このイントロが
流れると、気持ちが高揚して
しまうという意味では、
一緒ですよね。


b0021026_1154661.jpgこの曲に関しては、
「渋谷系世代」の私と
しましては(←えっ?)、
こちらの方を思い浮かべて
しまいます。

73年には、SALENA JONESも同タイトルで歌っているのですが、
初っ端のイントロの高揚感で云えば、やはりBARBARA ACKLINなのかな、と思ったり。
ただ、1曲通して聴いていると、コチラの方が雰囲気あるようにも思えます。



DUSTY SPRINGFIELDに関しては、同年にカバーが出てます。
うーん、イイですけど、、、セクシーな歌声だと思うんですが、、、
やっぱりオリジナルかなぁ・・・。



なんて云うんでしょうね、"深み"というか・・・
Soul本来の"奥行き"が感じられるのは、やはりBARBARA ACKLINでしょうか。



前述の"Rich Girl"に対して、「どう、あの頃の私と変わったかしら?今でも貴方のことが好きなのよ」
という本作品、少しオトコとオンナの目線の違いが現れているような気がして面白いもんです。
by shinyasta | 2015-02-13 11:21 | MUSIC


<< THE GLOCK Come And Get Yo... >>