Come And Get Your Love

b0021026_1636459.jpg"Come And Get Your Love"
Real McCoy
(Arista 1995)
相変わらず、HipHouseなんかも
ちょくちょく聴いているのですが、
昔から、なーんとなくReal McCoyって
苦手だったんです。

b0021026_1637274.jpg勿論、Real McCoyというと、
M.C.SAR&The Real McCoy名義
での1st、Technotronicのカバー
"Pump Up The Jam"が
有名ですよね。前エントリーでは
「カバーがどうのこうの・・・
ネタ使い云々」とか偉そうなことを
ほざいておりますが、本家より
M.C.SARのRapが入っている分、
こっちの方が針を落とす機会が
多い気がします。

時代も時代だったんで、そのプンプンの臭ってくる「踊れたら、カテゴリーなんて
関係ないでしょ」的な、所謂、ダンス・ミュージックな感じが、実にHIPHOPな印象を
受けるんですが、それ以降、さらに、そのスタンスにプラスして"バブリーなPOPさ"を
強調する音と自分の好きな音が違ってきて、少し苦手意識が出ちゃったんだと思います。

その、ちょうど過渡期くらいになるのでしょうか、
その頃に出たのが今回ご紹介する"Come and Get Your Love"。

ご存知の方も多いと思いますが、Redboneの同曲のカバー。



うん、、、元ネタは良いなぁ・・・いや、違った(苦笑)、
これをReal McCoyは、そのメンバー構成を生かした女性R&B Vo.をメインに、
レゲエ・フロウなMCを入れる事で、この"ごちゃ混ぜ"感、
実にUKらしい(←いや、ドイツのグループなんですけどねw)音に仕上がってるように思います。
ま、一時期の日本のAv○xっぽいといえば、そう聴こえなくもない。苦笑。

当時のTV出演の時の映像がありました↓


本12inchには"Extended Remix"がメインなんですが、
こちらの方が、よりUKフレイバー。



b0021026_16413159.jpg"keep on giving"
BCA
(City Sounds 1993)
いや、なんで、この辺りを
聴きなおしてるか、というと、
先日、"渋谷系ナイト"的な
Partyにお呼ばれして。
(Rigo君、あんがとw)

"渋谷系"という括りがあるものの、「何かけても良いよ~」というRigo君からの甘い囁きと、
他のDeeJay陣が、しっかりした面子だったので、どうせなら、その"渋谷系"だった人が、
当時、クラブやカフェに行った時に、かかっていそうな曲を、、、とセレクトしていると、
どうしてもUK風味、、、というものに辿り着いてしまって(←単純w)。

というわけで、買ってはいたものの、全然聴いていなかった"放置レコード"に着手し、
このレコードにブチ当たったわけですが、仔細が全く掴めず・・・
BCAって"BIG CITY ATTITUDE"なんだ、、、くらいしかわからないのですが、
音を聴けば、UK R&Bを踏襲しつつ、グラウンド・ビートな雰囲気も見え隠れして、
非常に心躍ります(仔細わかる方おられたら教えて下さいw)。

この12inchには2種類のVer.が収録されているのですが、
"Hip City Mix"は、初っ端のSAXのループから、UKっぽさを醸し出してくれます。


逆に、"Big City Mix"の方は、それこそ"渋谷系"の代名詞ともいえるマンディ満ちる様、
それも、1stアルバムを好きな方なんかには、玉乱、、、いや、堪らんのではないでしょうか・・・。


by shinyasta | 2015-02-10 16:48 | MUSIC


<< RICH GIRL BABY >>