Focus

どうもLudacrisとかLIL JONとか、イマイチわかってないシンヤスタです。

全然、違うんですけどね、、、って、丁度、HIPHOPのレコードを
買わなくなったり、聴く音もRAPから遠ざかっていて、
その頃に流行っていたRAPとか、総体的にわかってないんですよね。

・・・というわけで、最近、2000年以降のレコードを、
機会あれば数十枚単位で引き取って聴いてるのですが、
まだまだ、その良さを理解できていないのが現状です...

「どうせ、RapはMiddle~Newや!90'sイーストコースト・アングラや!とか
思ってるからちゃうん?」「いやいや、HIPHOPには、その時代時代に良さがある!」
なんて自問自答を繰り返しながらTIMBERLAND絡みやSWIZZ BEATZ絡み、
DIPLOMATZ関連なんかも、軒並み聴いていってるんですが、
「ふぅーん、そうか、、、そうなのね。」って感じなんです。
やっぱり、頭が90'sまで止まってるんですかね。。。

嫌ですね、歳を取るのは。

よくよく考えたら、2000年以降って、90'sに比べて、"流行ってる"と云われるPartyなんか
にも足を運んでなかったし、その頃は、全くそれらを聴きたいと思わなかったから、
「特に思い入れがない」というのが、1番要因だと思います。

「よっしゃ、それならそうと、新たな気持ちで聴いてみようではないか」と、
勝手な「縛り」を自らに課し、レコードに針を落としているんですが
(てか、好きなん聴けばええやん・・・)、そんな中で食指(ん?耳指?)が動くのが、
結局、蟹江絡みやSTAR TRAK絡み(=ファレル)だったりするんです。

b0021026_12431625.jpg"Fresh -N- Drivin'"
Fam-Lay Featuring P
(Star Trak 2004)
やっぱりSTAR TRAKといえば
Clipseが好きなんですけど、
同じファミリーのFAM-LAYを。
もう完全にファレルworkと
云いますか、"Frontin'"直系の
音なんですが、どーしても、
よく針を落としてしまいます。

まぁ"女子受けする"なんていう文句がついてまわる系の音だと思うんですが、
私のようなオッサンも好んで聴いたりするわけですよ。。。
まぁ、オッサンっていうのは、歳をいくと"オバチャン化"するというので、
そういう感じなのか、、、という気がしないでもない。。。

ただ、ここでは何ども云っておりますが、私はソッチ方面(いわゆる男色)では
ないことを重ね重ね申し上げます。笑。

・・・少し脱線してしまいましたが、インストだけUpされてたので、上げておきます。



んで、B面ですが、これまた前述のClipse直系の畳み掛けてくるような
打ち込みの音になっております。



まぁ、良く云えば、ファレルっぽくユルいメロディアルな感じも
できるし、Clipseっぽく攻撃的なハードな感じもイケますよー的に
"1枚で2度美味しい"感じで売り出してみたものの、
FAY-LAY本人は4枚位の12inchを切ってからは、あんまり見かけない感じがします。
1stの"Rock N' Roll"なんかも好きですけどね、ボクは・・・。


b0021026_1245124.jpg"Focus"
Joe Budden
(On Top Entertainment
PROMO,Unknown)
先ほど、「畳み掛けてくるような・・・」と
書きましたが、それで云うと、
この"Focus"にも当てはまるかな、と。
Joe Budden自体を知ったのは、
Bustaの"New York Shit"を
ビートジャックした"New Jerz Shit"
をたまたま聴いて。



まぁ、ネタ自体が好きってのがあるんですが、Rapのフロウや声室も、なんか気に入って。
おかしいもんですよね、結構、クセがあると思うんですけど、
極端に言えば、Ja RuleやDMXのようなクセを好きだったり嫌いだったり。
けど、個人的な意見ですけど、クセはあった方が良いですよねぇ、
ただ飽きられやすいような気がしますけど・・・。
そう、スチャのBOSE君とかも、いきなりフロウが変わった時がありましたよね。
けど、フロウが変われど、聴けば聴くほどBOSE君はBOSE君、
カッコ良いのはカッコ良い、みたいな・・・。

もとい、Joe Buddenだった、、、そう、この"Focus"の話だ。苦笑。
初っ端から、ただ単にシンプルなだけでなく、
所々に仕掛けが散らばめられているビートに思わず、身体が横揺れ。
そこに、少しダラリとしたJoe Buddenのフロウが乗っかると、さらに大きな横揺れが。



こういうのを聴いてると、オジサンもPartyに行きたくなっちゃうんです。笑。
by shinyasta | 2014-12-18 12:49 | MUSIC


<< KAKOGA-和 Night ... Adagio! >>