Taste your love

b0021026_1141893.jpg"STEP IN THE NAME OF LOVE"
R.KELLY
(JIVE 2003)
台風が去って、すっかり涼しく
なりました。
天気の良い秋の日のお昼には、
爽やかなR&Bなんかが無性に
聴きたくなります。

んで、R.KELLYって、どーゆー事よ?って。
R指定・エロエロ師匠というイメージが先行していますが、
意外と、根っからのR&Bファンからの支持率が高いのは、
イケイケ・エロスな曲をやりつつも、こういう曲をサラリと
出してくる辺りが要因なのかも。
この曲を聴いていると、R.KELLYがシカゴ産まれという事が
実感してしまうほど、マナー通りの展開が本当に心地好いです。



少し夏の想い出なんかを馳せながら高速を流したり、
子供達を車に乗せて、海辺の大きな公園へ向かう時なんかにも良いのではないでしょうか。


b0021026_11424269.jpg"Taste your love"
HORACE BROWN
(Motown 1996)
この頃のMotownって、
他のレーベルよりHipHopに
積極的、というか当時、
全盛だったBad Boy的な
作り方をした曲が多くて、
何だかんだと耳に入ってきて
いたんだと思います。


女性のロマンチックというより、"男性が考える"ロマンチックを曲にしたような感じ
(まぁ、大体のR&Bがそうかもしれませんが)で、少し粘り気のあるスネアに絡むホーンの
飛ばし方が、男目線の爽やかさを演出しています。



前述にて「HipHopに積極的」と書きましたが、
この頃のMotownのR&Bには"HipHop Mix"なるものが
用意されていることが多く、本作も例に漏れず。
皆さん大好きなATCQ"BONITA APPLEBAUM"と同ネタ、
そうですそうです、RAMP"DAYLIGHT"ネタでございます。



しかし、このネタ使いを聞くと、(ヘンな意味でなく)エロい気持ちになるのは、
やっぱり、"BONITA APPLEBAUM"に入れ込みすぎたせいなんでしょうかね・・・。

さて、この12inch、b/wの"One for the money"も捨てがたく、1枚で二度美味しいタイプ。
こちらはAlbum Ver.にて、KURIOUS "I'M KURIOUS"と同ネタ、
お馴染みのThe Blackbyrds"Mysterious Vibes"ネタでございます。



秋の夜長は、サッポロ黒ラベルを片手に、この辺りから、Bod Boy絡み系なんかを
地道にコツコツと聴き直していく作業、意外とハマるかも知れませんよ。
by shinyasta | 2014-10-17 11:48 | MUSIC


<< Adagio! Daddy's Rhyme >>