You Can't Use My Pen

あー、なんか音欲しいナァ、、、何聴こう?

なんて思って、目を瞑って「エィ!」って、レコ棚から抜いたレコードを紹介していきますw

b0021026_11523042.jpg"KEEP IT REAL"
RAM SQUAD RAW
(Echo International 1995)
題名も然る事ながら、
"Just Two Of Us"のネタ回し
という、これまたドが付くほど
の「ベタな」1曲ではありますが、
それが気持ち良いんだ、って事を
再確認させてくれます。

所謂、パフ・ダディの大ネタ回しが旋風を巻き起こしてる当時に、
同じ回し方でも一味違うぜ?的に、敢えて大ネタでのアプローチと
ベタなフックをハメてアングラから出してくる辺りが、
ヒプホプ偏差値(アングラ学区)が高い感じがします。

まぁ、ネタの切り方、キック&スネアの合わせ方などは、
それぞれの趣向がありますし、中には、「やっぱ、スミフンのアレが好きだなぁ。」
と言われる諸氏も多いかもしれません。
スミフンのアレは、確かにビート・マイナーズ仕込みのブッといベースが
効いていて心地も良いのですが、コイツなんかは、よぉ~く聴いていると、
色々な処に仕掛けがされていて、例えば、ベタ・フック後にコスリ&抜きで
2ndバースに突っ込んでいく辺りに「ニヤニヤ」してしまうわけです。



ちなみに、このEcho Internationalというレーベルも、
モノによってアタリ/ハズレがあって、店頭などで本レーベルでの著名ラッパー作品など
を見かけてしまった時には、「うーん、どうしよっかなぁ、、、抑えるべきだよねぇ」
などとついつい手を出してしまう、非常に"悩ましい"レーベルでもあります。


b0021026_11531763.jpg"You Can't Use My Pen"
DA' ENNA C.
(Uptop Entertainment 1994)
どちらかというと、本収録の
"NOW"がJ.D.名義でJ.Dillaが
関わっていた事でPick Upされる
事が多い本作品。
"Jay Dee以前"で考えると、
どうしても1st Downを思い浮かべて
しまうんだけど、本作品は、
それより1年前の作品なんですね。

んじゃ、その"NOW"は?って事なんですが、ここでは、当時のアングラ空気感が良く出ている
"You Can't Use My Pen"を。

ちょうど"浮遊系"のスピナやJ.Liveなんかが注目されていた頃の作品。
「どうぞブッ込んで頂戴!」と言わんばかりの頭のトランペットのループも堪らんのですが、
少し高音で畳み掛けるような、少しネイティブ・タン寄りのフロウも、これまたドンズバで。

自然に身体が揺れるんです。。。
両手上げて、DJブースに突っ込んでいきたい衝動に駆られます。苦笑。



b/wの"THROW YA HANDS IN DA'AIR"もまた、フルート(?)の"哀愁系"ループに、
よく耳にするフレーズをフックに掘り込んでくる辺りに、思わずキュン(←はーと)と
なってしまうお兄ィ様も多いのでは?と思われます。



ちなみに、J.Dilla絡みの"NOW"に関しては・・・

検索して聴いてみてください。笑
by shinyasta | 2014-06-30 11:57 | MUSIC


<< E46 Earth People  >>