Ready To Wreck

b0021026_18292294.jpg"Steady Dippen(Remix)"
Mista Grimm
(550 Music 1995)
映画"POETIC JUSTICE"の
サントラに、feat.に
Warren G、Nate Doggを迎えた
"Indo Smoke"が収録され、
2ndシングル"Situation Grimm"も
映画"HIGHER LEARNING"の
サントラに収録という
MISTA GRIMMの3rdシングルがコレ。

確かに、1stも当時のDr.Dre&Snoop、WARREN Gをはじめとした西海岸勢が躍進しており、
その流れでのNate Doggの歌声との掛け合いが、いかにも当時の空気を醸し出していて
心地良かったし、"Situation Grimm"なんかも、当時の"Yo!Rap MTV"で
バンバンに流れていたので、ボクなんかは「ああ、またか・・・」と早送りをしてしまったりしていた。
今から考えると、サントラに収録されたり、PVもバンバン流れているというのは、
やはりEpic(550 Music)が力を持っていたからなどかなぁ、と下世話な推測をしてしまったり。
この3rd以降、あまり名前を見かけなくなってしまうが、2001年にWarren G.の
"The Return of the Regulator"で3~4曲にFeat.として復活している処を見ると、
西海岸では地道な活動と地元での繋がりを大切にしていた事も窺える。

そんな流れで出た3rdに収録されているRemixが何とも良い感じにレイドバック。
Album Ver.は、ソレはソレで、いかにも"西海岸的"で良いんだけれども、
このRemixにおいては、そんな"西海岸的"を取っ払った気持ち良さがある。
自省を含めてだが、聴く側が勝手に面子やレーベルなどを見て「西海岸だ」とか
「東海岸だ」とかを判断して買わなかった事が多く、こうした好曲が隠れていたりする。
だからこそ、「レコードは買って聴いてみないとわからない」という楽しさがあるんだ、
というのは、レコード愛好家の単なる言い訳になってしまうかも知れないけれど。



b0021026_18311581.jpg"Ready To Wreck (Club-Mix)"
FIGURES UV SPEECH
(ONYX 1993)
シカゴの3人組、、、位しか
わからないのですが、
曲としてはヘッズに
かなり好かれそうな93年産。
前エントリーで、「Soulが云々...」
とほざいておりましたが、
なんだかんだ言って、この辺り
を聴くと落ち着きます。笑。

Street Ver.は、あの「フォンフォォンフォン・・・」から始まるESG "UFO"使いに、
"もっちゃり"としたキック&スネア、「ミニー、ミニー、マニーモー!」などの定番・節回しに、
思わず首を縦に振らずに居られないのですが、更に"もっちゃり"させたClub Ver.がツボ。
腰クネクネ系の悩ましいループを回しつつ、要所要所にAPACHE"GANGSTA BITCH"の同ネタを
掘り込んでくる辺り、「好き者」が作ってるな、、、とニヤニヤしながら、
首を縦だけでなく横にも振ってしまいます。



Street Ver.もUpしときますね。聴き比べてみてください。


by shinyasta | 2014-02-28 18:37 | MUSIC


<< You Are The Best THE MAIN INGRED... >>