YANCEY BOYS JAPAN TOUR 2014 In Osaka

先日、ESTHER PHILLIPSがユルく店内にかかるJAZ Barの一角で、
これまたユルい話の流れからライターの塚田桂子さんが云った、

「でも、実際、どうなんでしょうねぇー」

という言葉が自分の心に残っていた。

なるほど、云われてみたら確かにそう思う。

「いや、来週辺りにYancey Boys、大阪来るんっすよねー」

こんな話の流れからだった。

故・J Dillaからすれば、今の現状をどう思っているだろうか、と。
何かとつけ「故・J Dillaの未発表の・・・」「故・J Dillaと共演し・・・」とかいう表現が出てきて
彼の命日近くになるとMixTapeがネット上に溢れ出てくる。

勿論、ボク自身、それに多大に恩恵を受けているので、偉そうな事なんて言えない。
けど、確かに、今の現状を見たら、J Dillaはどう思うんだろうか?喜んでいるんだろうか?
勿論、喜んでいるだろうとも思えるし、そうでないのかも知れない。

ボクがYancey Boysを知ったのも、J Dillaの実弟・Illa Jがいるグループだし、
その音が好みだし(当然、J Dillaの音だから)、PVも好きな洒落ててタイプだった。


あ、そうか、今日なのか。
Yancey BoysのLiveの当日に気づいた。
時間は何とか作れそう。

ならば、一度、(Dilla絡みという)その先入観を取っ払って、
自分の耳で、自分の眼で確かめてみたいという衝動だった。
自分が、生で聴いて、どう思うのか?を。

・・・・・

22:00過ぎにGRAND Cafeに付くと、フロアではWorld Renown"How Nice I Am"が
かかっていて、あら、幸先エエ感じ・・・。

b0021026_1852057.jpg何組かのラップ・グループの
Liveの後、今回、Yancey Boysに
同行していたDJ Rhettmatic
(Visionaries/Beat Junkies)が
音を出し始めた瞬間に、
空気感が一気に変わった。

余談ではあるが、これはいつも感じる事。
Deejayによってビックリするほど音が変わる。
同じ機材、同じ空間、そして聴く側としては、同じ場所で聴いているのに。。。

KRS-One"MC's Act Like They Don't Know"から始まる選曲は、
解りやすくありつつもHipHop好きをくすぐるような曲を紡いでいく。
勿論、J Dilla作品もATCQやファーサイド辺りなどをかけるのだが、
そればかりでなかったのが好印象だった。
(正直、Host MCが、曲が繋がったり2枚使いする度に
「コレ、意味わかる?」とか云うのには少々辟易したが・・・。)

そうして楽しく身体を揺らしていると、Yancey Boysの2人が登場。

b0021026_1855163.jpg

2人ともニコニコして、Liveを楽しもうとしているのが見て取れる。
"The Throwaway"や"The Fisherman"、"Quicksand" 辺りを中心によく聴いてて
正直、その他の曲に関しては、勉強不足の部分があったが、

b0021026_18553142.jpgそんな中、知らない曲でも
Illa Jが"言葉遊び"を
自分自身で楽しんでる様子や、
時に唄っちゃゃったりしているのは
聴いても観てても気持ちよかったし、

b0021026_1858470.jpgFrank Nittの曲の合間に見せる
"可愛らしい"笑顔とは対象的に
BPM早めのビートに畳み掛けていく
Rapにはハードなリリシストな面も
感じられ、それにワクワクしたり。


何より、お互いの掛け合いで二人で笑っちゃったりして、仲の良さや人柄の良さが
そのままLiveに出ちゃってて、こちらも楽しい気分になってきた。







結果としては、非常に心地良いLiveだった。

十二分に2人がHipHopが好きなのが全面に出ていたし、Yancey Boys単体でも、
これから活躍できるだろうから、J Dillaを前に出していく必要も
徐々に無くなってくるんじゃないかなぁと思う。

また、J Dillaに対して2人の愛情は、曲でもLive中でも感じる事ができたし、
J Dilla自身も、こうして2人が自分のビートで活躍している事を天国で喜んでいるだろうなぁ、と思った。

とか思いながらも、「何云うとんねん、別に、そんな事、どっちでもいいわ!」というDillaからの声も
聴こえてきそうですが。。。苦笑。

最後に、こういうボクの好きそうな「お題」を与えてくれたライターの塚田さん(aka kokosoul)
Big Shout を!
(また呑みましょうね~。笑。)

塚田さんのYancey Boysについてのエントリーはコチラ
⇒ ”Yancey Boys (illa J+ Frank Nitt) 『Sunset Blvd.』日本盤リリース! (ライナーノーツ)"

P.S
あと、やっぱラッパーとしては、Illa JよりFrankが好きなタイプっすわ。笑。

b0021026_194591.jpg
by shinyasta | 2014-02-22 21:30 | MUSIC


<< THE MAIN INGRED... KAKOGA-和 Night ... >>