After SCHOOL OF TEMPLE In Sapporo -2013

20分ほどDelayして11:20に関空を出発したANA1713便は、
新千歳空港上空を約1時間、待機旋回をしながら、結局、
着陸許可が下りず、関空へと引き返すことになった。

そして、17:40過ぎに関空から再離陸し、それでも新千歳空港の2本の滑走路を
1本づつ除雪をしながら、全国からやってくる飛行機を順次着陸させているという事で、
今度は青森上空で、約1時間待機旋回し、大吹雪の中、
新千歳空港に降り立ったのは、20:30を回っていた。

b0021026_12191912.jpg

新千歳空港からの札幌に向かう高速バスは全面運休、
JRもかなりの遅延をしているという事で、改札入場制限。
何とか札幌駅に辿り着き、札幌の名物ともいえる直ドリフトをかましながら
前へ進むTAXIがホテルにチェックインできたのは、23:00を回っていた。
前入りしてたマイメンMIC GENSPOOLとマイメンDJ Bouya(JAMMIN')の
笑顔をホテルのフロントで見た時、嗚呼、今年もやって来れて良かったな、と思った。

b0021026_1220832.jpg

3回目のSchool Of Temple In 札幌。
今回の札幌は、津和野からDJ FUKUBAさんも参戦し、School Of Templeの後に
JAMMIN'のPartyも行われるという豪華さ。

b0021026_122348.jpg

School Of Temple In 札幌 2013は、昨年に比べても、
身体を揺らす非常に良い形になった。

b0021026_12221976.jpg

b0021026_12234153.jpg

老若男女が共に真剣に話を聴いて、自分で考え語り合い、日々に感謝をし、お祈りをする。
そして、その後は楽しそうにお酒を呑み、話を弾ませ、音に合わせて身体を揺らせる姿、
一見、相反するような事柄かも知れないけれど、これこそが本来のPartyの趣旨なのだ、
という事を改めて認識できる時間だった。

b0021026_12243588.jpg

b0021026_12245788.jpg

b0021026_12252246.jpg

b0021026_122543100.jpg

b0021026_1226756.jpg

b0021026_12262672.jpg

b0021026_12264579.jpg

その後に訪れた南3条のBar ShelterにおけるJAMMIN'のPartyも素晴らしかった。
昨年に訪れたCLUB GHETTOでも感じたが、まるで海外に来ているかに錯覚してしまう
センスの良さと、そこにいる人達の暖かさが心地よすぎてホテルに戻ったのが05:30を
かる~く回ってしまうほど。

札幌の人達って、根っからのParty Peopleなんだな・・・と感じる事ができて、
酒も進むわ、時間の感覚もボンヤリとなってしまう「イケナイ」場所、札幌。
現地の人から云えば、「いや、Partyによって違いますよ~」とも言われそうだけど、
毎年、こうして来させてもらっているボクから云えば、最高の街なんです、札幌。

b0021026_12271412.jpg

まぁ、これも、JAMMIN'のみんなが、そばにいてくれるからだと思う。
毎回、本当にありがとう。

そして、DJ FUKUBAさん、マイメンMIC GENSPOOL、大乗寺さんにも感謝を。
ありがとうございました。

b0021026_12274786.jpg"1990"
THE TEMPTATIONS
(MOTOWN 1973)
食糧危機、失業問題を
抱え、「これから、
アメリカはどうなって
いくんだろうか?」と
歌われている表題曲。

不安ながらも、力強く、そして暖かく美しく歌え上げていく様が、、
何となく、問題を抱えている今の日本にも当てはまるような気がするし、
その力強さと温かさが「札幌」という街にピッタリな感じもして、
偶然にも、大吹雪の中、札幌のレコ屋さんで出逢えたので連れて帰ってきました。



来年も良い年になるといいな。

b0021026_12283376.jpg


ナンマンDUB☆
by shinyasta | 2013-12-20 12:36 | MUSIC


<< KAKOGA-和 Night ... My Lovin' >>