Donald Byrd "Fancy Free"

朝、珈琲を飲みながらツイートをチェックするのが習慣になってる。
珈琲を淹れ、煙草に火をつけ、ツイートをスライドさせていくと、
朝から悲報が舞い込んだ。

b0021026_919299.jpg"Fancy Free"
Donald Byrd
(BLUE NOTE 1969)
前エントリーのように、
元ネタから入ってる
クチで云えば、
アルバム"STEPPING
INTO TOMORROW"や
"Street Lady"を
挙げたくなるんだけど、
今回はコチラで。

最近、JAZZのアルバムを少しづつ買っていっているのですが、
聴いていて、やっぱり「なんかJAZZって小難しい...どこが良いんかなぁ」って思う時も。
元ネタありき、ってのが一番大きいけど、Donald Byrdを聴いていると、
ダンス・ミュージックとまでは云わないけど、別に元ネタで無くても
心がウキウキしているというか、何かこう、体が揺れてくるっていうのは・・・。

静かなんだけど、ジワジワと熱いものが込みあげてくる感じ。

そういう処が、HIPHOP諸氏がサンプリングしてしまう要因なんだろうな、って思ったり、
原曲がそのまんまFree Soul好事家に気に入られてたりしてるんだろうなぁ、と。
そう、そんな色々な要素を詰め込んでいるからこそ、JAZZなんだろうな、と。



そして、HIPHOPサイドからは、Donald Byrdに敬意を表してコイツを。



ご冥福をお祈り致します。
by shinyasta | 2013-02-08 09:21 | MUSIC


<< EYES MAY SHINE JUST AS I AM >>