ECD and SCHOOL OF TEMPLE 2012

5月5日に、前エントリーの通り、ECDさんのワンマンLiveの
アフターPartyでDeejayする機会に恵まれたんですが、
その前に、勿論、特に大阪ではなかなか見れないワンマンLiveを拝聴しにいく。

b0021026_6582533.jpg












ECDさんのLiveを見るのも、かなり久々。
けど、前より、全然パワフルに感じた。
今回、「ワンマンLive」というだけあって、約4時間、ECDさん満載で、
つまり、DeejayなんかもECDさんで、7inch和モノ~Rock~SKA~Funk、
さらに"男の"ブッコミ繋ぎという「HipHopとは、こーゆー事なんだ」と
いうのを身体で感じる事ができる内容。
フロアも、はじめは戸惑いもあるものの、すぐに皆、身体が揺らし、
最後には両手を挙げて踊っている姿を見て、Deejayって、
やっぱりこーゆー事なんやなぁ、、、と再認識する。

そのままLiveに突入するわけだが、さらにパワフル。
さらに"パワフル"なイリシット・ツボイさんに引っ張られているように、
一見、見えてしまうけど、ちゃんとツボイさんのECDさんに対する愛情も見えて、
見ていて安心するというか、落ち着くというか・・・。

b0021026_6591696.jpg












ボクらの世代、なんて云うと大げさでエラそうに聞こえるかもしれないけど、
新譜でECDさんのアルバムを買って聴いていた世代にとって、
こうして年上の方々が現役バリバリでやってくれてはるのを見ると、
何か元気が出るというか、嗚呼、ボクらも頑張らなっ!と思えてくる。

ただ1つだけ、ちょうど原発が止まった日でもあったので、
それに対しての想い・表現という意味合いも大きかったかもしれないけど、
プロパーを払って入っている1ファンの客としては、
激しいトラックだけでなく、少し"優しい"トラックに乗っかる
ユルめなECDさんのRapもナマで聴きたかったナァ、
というのもあります(偉そうにスイマセン)。

そんな偉そうに云ってるくせに、アフターPartyでのボクのDeejayは、
「別に・・・(by 沢尻)」なレベルだったので、ここでは割愛。
本来ならば、お二人の労をねぎらうようなDeejayをしないといけないのにね・・・。
申し訳ございません(←謝ってばっかりww)。

ECDさん、ツボイさんとお話をしたかったけど、お疲れのようだったし、
違う方達とお話をされていたので、挨拶だけさせてもらって遠慮しました。

あ、思い出した。
そーいや、そのアフターに来ていたお客さんで、
無礼でクソなヤツが2人ほどいてカチンときた腹立つエピソードがあるけど、
まぁ、ここで書いても気分が悪くなるだけなので割愛。苦笑。


というわけで、次は津和野に行ってきます。


b0021026_701331.jpg




















-------------------------------------------------

2012/05/26 sat.
"SCHOOL OF TEMPLE~Te La Soul~"
at myoujyuji temple

☆DJs

Nylonizm (Studio ALPHA/Moonbug)
Novoiski (Moonbug)
DJ BOUYA (jammin' from Sapporo)
DJ Lets (jammin' from Sapporo)
DOPETOURIST
Shinya☆sta(大人のHIPHOP独り言)

☆MC

Jinseironjha(論者's)

☆Food

Sukhavati Cafe
Bar AMITA
おでん屋三法印

---------------------------------------------------

毎年行われる、マイメン・MIC GENSPOOL住職のお寺で開催されるParty。
今年で3回目(3年目)を迎えます。

毎年、自分が参加させてもらえているのを感謝しつつも、
ECDさんetc.諸先輩方々のようにはいかないけど、
それでも「オモロかったわ」と来てもらえる人に云われたら、
こうしてオッサンがDeejayの真似事をしている意味が
少しでもあるんちゃうんかな、と思いますねん。。。
by shinyasta | 2012-05-15 12:00 | MUSIC


<< The 40th Chamber Scarface from &... >>