Come Around

b0021026_12161059.jpg"Come Around"
Scott jacoby
(IRMA 2004)
医大を中退し、
アーティストの道を選び、
遅咲きデビューした、
という経歴が、どうしても
前に出てしまうScott Jacoby。
しかし、その音をじっくりと
聴いてみると、なるほど、
本人も言うとおり、


様々なジャンルの音を聴いてきて、それを純粋に表現しているような気がする。

この12inchは、どちらかというと、Remixで参加しているDJ Mitsu The Beatと福富さんが
前に出てしまっている感が否めなく、それに加えて「IRMA」が触っているとなると、
「シャレオツ」感が倍増するわけで、ある意味、マーケティング(特に日本への)が、
良く出来ていると云えなくもないが、ボクのような天邪鬼には、スコット本人の
Orignal Ver.の方が、何だか良い意味で泥臭い感じがして好き。
Mitsu The Beatが手掛ける"International Anthem"もカッコ良いとは思うけど、
Original Ver.を聴いたときには、そのゴスペルをルーツに持つようなア・カペラな感じも、
思わず安易ながらもTAKE6を聴きたくなって、アルバムを棚から引っ張り出して、交互に聴いてみたりした。笑。
同収録の"Share My Sunshine"では、スティービーの影がチラついてたり。
これだけだと、一見、NY出身の白人のブラックミュージック・フォロワー的に聞こえるかも
知れないが、前述している通り、あらゆる処で、「自分で聴いてきた音」に対して忠実に、
そして、ナチュラルにこなしているのが、かえって「深み」になっているかもしれない。

白人のニューヨーカーで、さらに聴いた感じがオーガニックなギターをPopにかき鳴らし、
Rapしてないじゃん・・・だからHipHopじゃない?

いや、その音の乗りこなし方と背景に、十分、Hiphopを感じるですけどね、ボクには。

ブラックのモノマネ恰好をして、ビートに汚い言葉を乗せてても、
全くHipHopじゃないものがこの市場には数多く存在している事は、
皆さんもよぉ~くご存知でしょう? 苦笑。






by shinyasta | 2012-03-30 12:17 | MUSIC


<< 昼呑会No.8 Land Of Eardrum >>