WHO'S THE MASTER?

b0021026_230443.jpg"WHO'S THE MASTER?"
BARSHA
(Bumrush! 1990)
「混沌」。
その言葉が当てはまる時代
だったけど、今ほど細分化も
されておらず、けれども間違えなく
「ダンス・ミュージック」だったし、
それは、今のようにポチッと
ダウンロード・ボタンを押したり、
当たり前のように街の音の1つと
なってなかったので、最先端の
音楽だったように思えた。


そんな時代に産まれてきた本作、ジャケも「混沌」としていて、
一見ハウス・ヒップ、もしくはガレージ・ハウス?いやいや、NJSのように見えなくもないが、
Kool & The Gang "N.T."をサンプリングした、列記とした男気シンプルBEATに、
マナー通りの、ひょっとしたらダディケインを意識したようなラップ・フロウを聴かせてくれます。
中盤からの展開には、HIPHOPジャンキー諸氏には涎ダラダラなのでは?w



ちなみに、アルバム1枚、シングルカットは、この紹介している1枚のみのようですね。。。

b0021026_231637.jpg"Gotta Learn My Rhythm"
DAMIAN DAME
(La Face 1992)
そういう意味では、
恵まれていたのかも知れない。
そんなに、分け隔てなく
とにかく「それらしき」もの
を聴き漁る日々。
「それらしき」という1つが、
「ブラック」モノ、または、
「ブラックっぽい」モノで
あるという安易な条件。苦笑。


このDamianとDeah Dameの2人も、そのジャケットから「ブラック」な匂いがしていた。
L.A.リードとBabyfaceが創設した、当時の歌モノといえば・・・、という位に
チェックされていたレーベル:La Faceの第一弾アーティストとしても有名。
また、セカンド・アルバムがそろそろ期待されていた1994年、Deah Dameが交通事故で
亡くなり、またDamianも3年後・1997年に病気で亡くなってしまうのが、同じ「6月27日」
だった、という哀しいけど何故か運命的なモノを感じる話も有名です。
もとい、本作は、今で言えば(ま、当時もですけど)NJSになるわけで、
時代の流れに乗ったLa Faceとしても旬な曲だったんだと思います。
このレコードには、Remixが収録されており、そのPro.は、L.A.リードと共に、
Jarmaine Dupriの名も刻まれています。
そういえば、本作も収録されているアルバムの方では、まだデビュー前のTLCのChilliが
参加していたと思います。

↓うーん、PVカッコいいなぁw


by shinyasta | 2012-03-02 23:01 | MUSIC


<< Keep That Same ... yield >>