yield

b0021026_1028477.jpg"9 to 5 Poortrait"
SWAMBURGER
(Eighth Dimension 2003)
レコ屋さんのレコメンでは、
「Jazzy系好き必聴!」とか
「あのBeef Wellingtonが
Produce!!」みたいな前書きが
書かれていますが、その頃は
すでに新譜に疎く、
このシカゴ産まれのオーランド在住
のMCを知りませんでした。


ま、何かの"縁(えん)"でボクの処に来てくれた、このレコードなんですが、
一番初めに気に入ったのは、案の定、B-1の"Disco Days"で。
少し浮遊感のあるトラックは、以前にSPINNAにもトラックを提供をした事もある
BMFが作成、そこにトライブやCommonのフレーズネタで擦ったり、
SWAMBURGER自身のライム運びも、少しNew Schoolのお約束が随所で
見れたりする処に、安易にも惹かれたり。
ただし、聴きこむと良くなってくるのは、この12inchの表題にもなっている
"9 to 5 Poortrait"だったりもする。
パッと聴いた時には、所謂"Jazzy系"の括りにされちゃいがちだけど、
ちゃんと1曲丸々聴いていて心地よいのは、その適度なBPMに生で弾いている
ように見え隠れする低音ベースラインとのバランスの良さのせいかも知れない。



ちなみに、SWAMBURGER自身は、この2003年以降は、単独というよりも、
この"9 to 5 Poortrait"をPro.している盟友、Beef Wellingtonが出しているアルバムへ
参加してたりして、現在も活動をしているようです。

b0021026_10282546.jpg"yield"
PEOPLE UNDER THE STAIRS
(PUTS 2003)
前述と同じ2003年産であるが、
まぁ、しかし、この人達は
毎度まいど感心する位、
人をアゲるツボを心得ている
というか、そのネタ選び、
Rapのフロウ、聴くたびに
ジャンキーをゾクゾクさせ
てくれます。


もう、アレですよ、アーティファクツと同ネタ、The 9th Creation "Bubble Gum"ですよ。
これで頭振らないB-BOYがいたら、残念で仕方がないし、少なくても、
ボクに話しかけないでください。苦笑。
もう、途中で、ファーサイド"RUNNIN'"の「ラァ~ン!」なんて声ネタ挟んだりね、
「ワン、ツー、スリー、ブレイクッ!」の声ネタとかねぇ、、、
ちなみに、b/wには"out da club"。50CENTへのP.U.T.Sからの回答とまでは
言わずとも、P.U.T.Sが作ればこうなるよ、ってな感じに50CENTのフレーズを
フックで擦りまくりっていて、聴きながらニヤリとせずにいれない、うふふ。



↓んで、こちらがLive映像。アガりますなぁ。笑。


by shinyasta | 2012-02-27 12:25 | MUSIC


<< WHO'S THE M... My Love Is Your... >>