Jap-Jazz

b0021026_23262389.jpg"Classic Jazz-Funk 6"
Various Artist
(MASTERCUTS 1996)
常日頃、UKと日本との
無理やりにも共通項を
列挙して止まない、
この駄Blogですが、
それは、島国的な事と
いうよりは、特有の
オタク気質から来る
趣向性が合うから、と
いう事かも知れません。


優良コンピとして、SOUL JAZZレーベル(これもUK産か・・・)と
共に挙げられるのが、MASTERCUTSのシリーズ。
そんな中でも、週末の朝に我が家のターンテーブルに
乗せられる確率が高いのが本作。
副題に"The Definitive Jap-Jazz"なんていう処が。
渡辺貞夫、日野皓正から、以前にも本Blogでも紹介させていただいた川崎燎まで。
Mo'WaxがDJ KURUSH,マンディ満ちる、竹村延和などを
集めた"JAZZ HIPHOP"Projecutが1993年と考えると、
その後に本作が発売されているというのも興味深い話。
つまり、日本を「さらに深く」といった処か。
確かに、今聴いても新鮮だし、いわゆるFree Soulという括りで
聴いてみても何ら遜色がないと思う。
しいて言えば、こうして外国の眼を通して、
日本の良さを実感できないというのは、
恥ずかしくもあり、哀しい事もかも知れない。

そんなからでも、その浮遊感溢れるリズムの中に、
コーラスが何とも幻想的な AB'S "Deja Vu"を。
これが1983年作だなんて、どうかしてるぜ(←今頃、ブラマヨ。苦笑)



どうですか、良い週末が送れそうな気がしません?w

単なる「和モノ」なんて簡単に括る前に、
もっともっと色々な日本の音楽を聴きこまないといけませんね。
by shinyasta | 2011-06-27 23:27 | MUSIC


<< Before You Feel So Good >>