Feel So Good

b0021026_22564885.jpg"Feel So Good"
Mase
(BMG/ARISTA 1997)
当時、「んで、これでアガる?
アガるっーなら、A.D.O.R
"ENTER THE CENTER"の方が
アガるでしょうがっ!(邦衛フロウで)」
と、クソ生意気に思ってましたが、
Craig Mackが"Flava In Ya Ear"
で出てきた94年頃には、



「ありゃりゃ、えらい事になってきたな」なんて嬉しがって、必死にDJの時には必ずかけてたクチ。
苦笑。

その3年後、「パフィー(敢えて、ここではパフィーと言いますw)絡み=売れ線」
みたいになっていた頃には、「けっ、POPかよ。カッコいいのは、アングラだよ、
アングラ!」なんて思ってた頃の本作品。
最近、Twitterでも呟いたけど、密かに「Bad Boy再考」がマイブームで
恥ずかしながら、聴き直したりしてます。恥笑。

んで、今聴くと、やっぱパフィー絡み、凄いナー、と。
うーん、暗いNewsばかりの今だから、一層その様に思うのかもしれませんが、
「艶やか」というんでしょうか、「華やか」というんでしょうか。。。
ある程度、ご機嫌さんになった状態でClubに入口でエントランス料を払って
いる時に、このKool&The Gang "HOLLYWOOD SWINGING"ネタに、
ボヤき系のフロウが聴こえてきたりすると、何やかんや言うて、
気分がアガっちゃうんですよねぇ、オッサンはw



b0021026_2257555.jpg"BITCHES FROM EASTWICK"
The LOX
(Bad Boy 1998)
こちらも同時期Bad Boy
ということで、B面収録の
本曲をチョイス。
題名は、まぁ流すとして(苦笑)、
なんつっても、Isac Hayesの
"Ike's Mood"の後半使い!
シビれる~w



って、「それって、ネタじゃんよ、結局」ってことなんですが、
俗に言うParty系を得意とするBad Boyが、このネタ使いをしてくる処に萌え。
結局、POPに、こうしたネタ使い(大ネタ使い)を浸透させようとする
「売れたら何でもアリ」的な処に、実は、Bad Boyの良さ(HIPHOPらしさ)があるのでは?と。
考えたら、幼稚な例えかもしれないけど、Dragon Ashの初期のネタ使いなんかも、
「え~、そんなん卑怯や~(誉め言葉的意味合い)」なんて思いながら、
繰り返し聴いてしまったりしますもんね。
別に、音楽に詳しくない、ふつーの女のコ達が、Isac Hayesネタとか、
ふつーに聴いてる状態自体がエロいな・・・エロくない?などと、
オッサン変態持論をブチかましてます。苦笑。
まぁ、軽ぅ~く流して下さいw



こういうのを「エロい」と思ってしまう時点で「アウト!」なのも
自分ではわかってるつもりなんっすけど・・・苦笑。

はぁ・・・Clubで遊びたい(呑みたい)ww
by shinyasta | 2011-06-21 23:05 | MUSIC


<< Jap-Jazz Ghetto Heaven >>