Muse of planet

どの時点で、「幸せ」と思うか。
人それぞれ違うと思うけれども、
大抵は「ああ、あの頃は・・・」なんて思う。

いかに、その「瞬間」を楽しめるか。
いかに、「今」に感謝できるか。

それがなくては、「将来」を楽しめるわけが無い。
最近、そんな事をぼんやりと思ったりします。


b0021026_841151.jpg"Muse of planet
(Planet Rock Mix)"
Museum of Plate
(Crue-L Records 1997)
妙に神がかり的な出だし
で恐縮ですが、別に
ソッチ方面に走ったり
してませんので悪しからず。
苦笑。




でも、後世になって、「良かったなぁ」と思う音って、
その当時の「今」を楽しんでいたはずだろうな、と思います。

そんな事を感じさせる一枚。
塚本サイコさんのユニット・Museum of Plateの1997年の作品。
ピアノの旋律で言えば、どうしてもセバジュン氏を思い浮かべる諸氏も
多いと思いますが、「編成」というよりは「奏でる」という言葉が
思い浮ぶのは、やはり塚本サイコさんが実際に「奏でて」いるという事
にプラスして「喜怒哀楽」が乗ってかっているように思える。
それは、人として、とてもナチュラルな感覚。

そんな中でもHIPHOP好きが「ピクっ」としてしまうのが、
この”Muse of planet(Planet Rock Mix)”。
RemixにTsutchieさん、エンジニアはツボイさんと言えば、
聴けずとも涎タラタラの方も多いのは?
(ボクは、現に、この盤を見た瞬間、涎タラタラでした。笑。)
TsutchieさんとツボイさんのDopeな枠組みの中に、
塚本さんのピアノが自由に動き回り、幻想的な世界に引き込まれる。
音源を探しましたが見つからず、ボクの未熟な文章で、
その「繊細、且つDope」が伝えきれないのが残念。

同収録"Illbient"は、躍動的ではUK勢にも引けを取らないDnBに
ピアノが「奏でられ」、まるで映画を観ているような錯覚に陥る
"Outvention"は、この季節に窓を全開にして惰眠を貪りたい欲望に駆られる。

ここでは、その"Outvention"を。



どうですか、「今」に感謝しつつ、少しユックリしましょうよ。
by shinyasta | 2011-04-26 08:43 | MUSIC


<< kick off event Clocks In Sync ... >>