D.E.S.I.G.N release tour at MIE

全走行距離313.4km
つまり、片道156.7km

新名神の恩恵を受けつつ、W202のピタっと貼りつくような高速走行で、
完全にアウトバーンへ想いを馳せながら、追い越し車線で右ウィンカー。


b0021026_22383780.jpg
処は、クルマの街、
三重県・鈴鹿市
@ SPARK
AM0:00過ぎに入ると
DJ RIGOクンがスピン中。
気持ちいいね、
大音量での"Poison"はw





b0021026_22385817.jpg
回を重ねるほど、
こんなに良くなっていく
ってのが凄い。
MCを挟まず、次から
次へと繰り出していく
2人は、気持ち良さそう。
観ている方も気持ちいい
んですわw
BASIクン、キレてる、
ごっついええフロウ。



b0021026_22391672.jpgその流れで、次はSCOF。
サツキさんのユルい感じが、
こっちにも伝わってくる。
気持ちよさげ。
今回のParty、
入口で入った時点で、
すでにユルい感じがしてて、
実は、好感を持っていた。
大きさも適度な大きさだし。




後ほど、Rigoクンとお店の人と3人で話す機会があったんだけど、
なるほど、ユルい中にも、Rigoクンと同じく地元(鈴鹿)を"音で盛り上げたい"という
「熱いもの」があって、それで好感を持てたのかも、、、
なんて既に何杯めか忘れている缶ビール片手に。



しかしながら、アズマさんの、Designの「顔」とSCOFの「顔」。
使い分けてるのかどうだかは不明だけど、男としての「タイトさ」と
「ユルさ」が両グループの時に現れている感じがして、
それは、実はSCOFだけの時から曲によっては思ったりもしたんだけど、
こうして、Design&SCOFセットを見ると、
より”分別されてきている"ような気がする。
まぁ、それは、観ている方の勝手な見方であって、
アズマさん自身は、そんな気さらさらないと思いますが。
まぁ、ご本人は否定されるでしょうが、やってる事も「漢」なわけで、
そういう処に魅かれているわけです。

(*当Blogで、散々言っておりますが、私は男色ではございませんw)

PS
しかし、ケンちゃん、あかんで、アンタが曲名の綴り、間違えたらwww
by shinyasta | 2010-11-20 23:04 | MUSIC


<< とりあえず、水・・・ Every Home Shou... >>