Design & SCOF 2010/10/15

より「近く」、より「深く」なっていく。
今回の感じた事。

10月15日姫路@ingot Lounge。

b0021026_7581493.jpg












Designとしてリリース一発目のPartyは、
まるで「オレが1番バッターや」と云わんばかりの心意気、
SCOF&DesignのOfiicial DJのRigo君仕切りのParty。
毎度ながら、Guest DJとして召集を掛けてくれ馳せ参じる。

まるで昨日も逢ってたかのようにアズマさんとサツキさんと
合流し、リハーサル。少し遅れてBASI君も登場。

b0021026_7591775.jpgSCOF&Designファンとして
一番の楽しみが、リハーサルを見せてもらえる事。
今回、強く感じたのがBASI君のリリシストとしての顔。
韻シストで見ている時から「(Rapが)上手いよなぁ」と
思っていたし、Designが「上手に、ひとつにたぐり
よせて歌い」出した頃から見せてもらっているけど、
より「深み」が増したというか。

リハを見ていて、
「いや、この人、ホンマにラッパーやな」と感じる。
なるほど、あのアズマさんが惚れ込む訳だ、、、
と妙な納得をし、てか、こんなに偉そうな事を
云うお前は誰やねんと自分にツッコミつつ、
みんなで食事に。。。




Rigo君が用意してくれたのは、こじんまりとしたシャレたイタリア料理店。
出てくるものが全て美味しくて、みんなで話す内容も美味しく。

ホテルに一旦帰り、ボクとケンちゃんだけ先に会場へ。
NaokieeShowクンのLive~DanceのShowcaseを経て、ボクのDJの番。
前回の「おさらい」という事で、Mura-T兄さんから教えてもらった、
山田邦子"邦子のかわい子ぶりっ子"7inchからスタート。
途中、最近、やたら聴き直している日本語Rapを交えながら、
ユルめのRap中心に、徐々にアゲていきながらRigoクンにPass。
そう、ここでRigoクンが後ろに居てくれるというのが肝。
だから、ボク自身がDJを楽しむ事ができるという事。

「やった、酒が呑めるゾー」とフロアに戻ると、
「酒、ススむ選曲でしたわ~」と、
全然知らない人から一番嬉しい誉め言葉を頂く。
ビールを一気に流し込むとM女史、Mura-T兄さんがフロアに!
凄いなぁ、アガるよなぁ、、、とすでに生3杯目突入しながら
DesiginのLiveがスタート。

b0021026_862611.jpgもう、すでに「完成」されている
タイトなステージング。
次から次へと曲を繰り広げていく
姿勢こそがHIPHOP。
そう、そのままSCOFのLiveへ
繋げていくわけだけれども、
考えてみれば、アズマさんは
ぶっ続けて音とRapを操り続けている。








そこに「漢」を感じ、さらに酒をアオっているとPass The Micでアズマさんが
ボクの名前を呼んでくれている。
酒の勢いを借りて、前に出て行くと、アズマさんより「お、ホントに出てきたよ」と
苦笑を横目に「笑ってもうてナンボ」の精神でDJブースへ。
アズマさん、サツキさん、Rigo君、BASI君、そしてボク。
ここで"Pass The Mic"のPVを再現。



てか、これが2年前なのか・・・と感慨深く、
Rigo君の横で3人の後ろ姿を見ながら踊る。
「この5人でスモール・オフ・サークル・オブ・フレンズ&Designですっ!」
というアズマさんからの言葉に恐縮し、すぐにステージからBarカウンターへ。
その後は・・・メチャクチャ呑んで、踊って、話して。

とにかく、ブッ続けでLiveをこなすアズマさんとオーガナイザー&SCOF/Designの
DJをやるRigo君が一番疲れたはずだけど、その2人のやってのける能力の凄さにも感服する。

翌日、アズマさんとBASI君とケンちゃんは取材の為、早めのチェックアウト。
サツキさん、Rigo君とVJをしてくれたユタカ君で出石そばを食べる。

3人は一路、和歌山へ、そしてボクは帰路。

ホントに最高でした。
ありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。

b0021026_8132774.jpgSpecial Thanks to...

アズマさん、サツキさん、Rigo君、BASI君、
ケンちゃん、M女史、Mura-Tさん、
NaokiShow君、DJ TADAYUKI、ユタカ君、
smokyee さん、ingot LOUNGE、
そしてPartyの出演者の皆様、
姫路・加古川のみな皆様

(←写真はアズマさんより拝借しましたw)
by shinyasta | 2010-10-17 08:23 | MUSIC


<< W202 BDP x BBP >>