GROOVE GARDEN

「下向いてても仕方ないよ、兄さん」

と、パンチパーマのキャバクラ客引きらしきお兄ちゃんに声をかけられる。
目礼をしながら、前を通り過ぎ、駅に急ぐ。

そっか、知らぬ間に下向いて歩いてんだ、ボク。

電車に乗り込み、最近になって、やっと入手し、今、夢中になっている
沼田充司氏の自伝ともいえる"It's My Things -20 Years Of Hiphop"を拡げる。
そこには、1986年~2006年までのNYCのHIPHOPが詰まっている。

b0021026_0581891.jpg単独で渡英し、
マッシブ・アタックの
前身"ワイルド・バンチ"の
メンバーと行動を過ごし、
その後、NYCへ渡り、
ラティファとシャキーム主宰
のフレイヴァ・ユニットに
GROOVE GARDENと
して属し、その後、
レーベルを立ち上げ、
映画製作にも進出。



当Blogの読者には、「フロント」誌「ブラスト」誌での沼田氏の執筆の方が
身近かもしれない。もしくは、"EX-PREZ"で知ったかもしれない。
そんなボクも「ブラスト」誌"Stak vs.Numata"を真っ先に読んでいた一人。

「これを読んでHIPHOPを勉強しなさい」とか云うつもりは毛頭ない。
ただし、HIPHOP好きは読みすすむにつれ、ワクワクする事ノーダゥ。
その語り口調、特にはクスっとしてしまう毒舌具合が心地よく、
非常にわかりやすい、されども「自立した」その考え方、
そこには「信念」が通っていて、読んでいて、こちらにヒシヒシと伝わってくる。
それは、きっとHiphopを愛するが故の苦労だったり、愚痴が背景にあり、
ただ単に、色々なアーティストの昔話や武勇伝、様子を窺うというもの
だけではない、非常に「人間らしい」読み物となっている。
もし、どこかで見かけられたら、手にとって欲しいと思う。

という訳で、久々にGROOVE GARDENを聴きたくなって、Beer片手にレコ棚の前へ。
このTommy Boyからの1stを出すまでに、色々と紆余曲折として、
色々と苦労をしていた事が、その自伝には書かれている。
その1stシングル"YOU'RE NOT COMING HOME"(写真右'92)だが、
そのドープなキックやベースライン、そしてシャキっとしたスネアの上に、
GROOVE GARDENでの沼田氏の相棒・アンバーのしなやかでありながら、
どこか力強さを感じる歌声が乗っかる。
まぁ、自伝を読んでるからかも知れないが、何処となしにUKのニオイが
漂っていて、俗に言う「モロ・HipHop」とは違う。
発売が延びていたので、実際に作られていたのは作られていたのはきっと91年頃、
それを考えると、尚更、当時では「かなり早かった」と思う。

これには、De LaのMaseoがRemixをしているVer.も収録されているが、
深いドラムに悲しげなラテンなギターのリフ(弾いているのはエンジニアでもあるボブ・パワー氏!)が
絡む沼田氏本人のRemix"atsushi final mix-weird"Ver.の方に軍配が上がる。
(自伝の中でも、本人もそう云っておられますが。苦笑。)
つまり、そこに沼田氏の「信念」なるものが見えるような気がする。

勿論、ご存知フレイヴァ・ユニットのアルバム"Roll Wit The Flava"
(写真左・'93)にもGROOVE GARDENは、"Since You Asked"という曲で参加。
こちらも"LONDON BEATS VOL.1"('87)の頭の同ビート(BIZドラムネタ?)に、
アンバーがRapするという、ある種”真っ黒な"作品。
時に、この頃のフレイヴァ・ユニットは破竹の勢いで、
「ナンじゃこりゃ(←いい意味で)」と当時に京都Virginの試聴で
チビりそうになって即レジに向かったのを思い出す位、秀逸な作品が
ぎっしり詰まっているのだけど、長くなるので、また次の機会にw


そうそう、下を向いていても始まらない、「信念」を持って、胸張って歩いていかんとね。
by shinyasta | 2010-08-20 01:07 | MUSIC


<< Rehab Remenber The Lo... >>