【画像追加】De La Soul is not DEAD(1/25@Billbord OSAKA

何と言おうか・・・。
2010年に入った途端に恵まれすぎてる感があって、逆に小心者のボクとしては怖い。
前エントリーに書いた「あ・基準氏」の後には、MIC GENSPOOLがウチにやってきてくれる。
一週間に東西に離れた親友達との再会。

AM03:00のMobbDeep2枚でのフリースタイル with 芋焼酎お湯割り。

「やっぱ、シンちゃん、オレ、アンダー(・グランド)が好っきやねん」というMIC GENSPOOLの言葉に、
胸が熱くなって思わず、ゲンちゃんと目を合わせる事ができず、ひたすら2枚4小節ループに専念する。

せやねん、ゲンちゃん、それがゲンちゃんやねん。

ちなみに、誤解を避ける為に言っておくと、MobbDeepがアンダーグランドという訳ではなく、
今頃、MobbDeep2枚なんかでフリースタイルを夜中に自宅でやってる(当時と変わらず)という
この「アングラ感」、胃の下辺りからゾクゾクと湧き上がってくるような「黒いGROOVE」を感じる音。

そして、昨日。

DE LA SOUL @billboard大阪。

マイメン・DJ RIGOクン(S.C.O.F DJ)とアガ"Teddy"氏のお陰で、何とか滑り込みで参戦(感謝!)。
週明けの月曜日、全社会議の日、到底行けるなんて思わなかった。
悪いけど、部下2人に仕事任して、会社飛び出したよ。
そして、先刻、帰阪したM女史も一緒。
DJ TANKOサンにもご挨拶、mighty_mars氏にも「はじめまして」。
おいおい、なんてヤバイんだ、この面子で、De Laなんて。

De LaのLiveがスタート。Hey how are ya doin' !!!
さすがのDe La、メイシオがマイクを握りすぎ(お茶目w)という事を踏まえても、
「SHOWCASE」として完全に成立している。
'94~'95辺りからのDe Laの来日Liveは、多分、全部制覇してるけど、
今回の纏まり方は「出来杉」と言ってもいい位。
後にDJ RIGOクンが「うん、楽しかった。けど、Clubで見たいな、やっぱ」と言ったのに、激しく同意。
音もいいし、客層もいい@billboard。ちょっと洒落た恰好で行くなんてのも良いでしょう。
けど、座ってメシ食いながら見るのも、この歳には良いのかもしれないけど、やっぱ踊りたいでしょ。
「でらそうる」ですよ、わかってる、"Buddy"のPV見た、ちゃんと?ww
"Ego Trippin'"辺りで、すでに立ち上がって踊ってましたもん。苦笑。
De La本人達からすれば、契約関係etc.色々な面でちゃんとしている@billboardでやるのが
いいんだろうけどね、うんうん、、、なんてRIGOクンと思いながら。

b0021026_12301554.jpgちなみに、POSは、Live中に、
ボクが着た「De LA Soul
is DEAD」のオフィシャル
T-SHIRTSを指で突いてくれたし、
メイシオは「ust、チェックしてるよ」
なんて言うと、抱きついてくれる
ほど尋常な喜びようwww
(メイシオも、T-SHIRTSを見て、
「イエ、オールスクール(Old School)、
オールスクール!」を連発ww)




b0021026_2244821.jpg←見よ、この30代後半の
オサーン二人の
ハシャギよう(恥)ww

(二枚ともM女史撮影)








ってかね、「面子(メンツ)」。

勿論、今回もDe La目的であることは変わりないけど、そのLiveに行く面子。
一緒に楽しむ面子、ってのが本当に大切。
同年代やから、、、というのもあるけど、DJ RIGOクンやアガ"Teddy"氏、
姫路のみんな、そしてM女史(←同年代って言うと怒ると思うけど。苦笑)がいることで、
こんなに楽しいんやもん、、、やっぱ、一人で行ったら楽しみ半減なんよね、Liveって。
Liveの後、みんなでメシを食ってる時の、あのChillな感じ。

Hey how are ya doin' ?




ああ、2010年、良いスタートやわ、ホンマ。

この調子で逝きたいな。
by shinyasta | 2010-01-26 12:33 | MUSIC


<< OWL NITE QUEST >>