Design - 75 showcase - future edition 9/7 Osaka

b0021026_1229976.jpg 先日にアズマさんが来てくれた時に、
「コレ・・・」っていう事で
置いていってもらった、
studio75からの新ユニット
"Design"の未発売曲。
現在、レーベル「basque」を擁す
Small Circle Of Friendsは、
スモサ単独だけでもライブに
レコーディングに忙しいはずなのに、
「そんな時間、どこにあるの??」
という位、色々な活動をされている。
何かに追いかけられてます?w


アズマさんのStudio75名義のビーツ・メイキングプロジェクト、
サツキさんのアパレルブランド"75 Clothes"、レーベル所属の謎の人物「タケイフミラ.」氏、、、
そして、今回の"Design"

まさに、「友達の小さな輪(=Small Circle Of Friends)」の世界観が
大きくなっていくようなイメージ。

さて、本題の新プロジェクト"Design"
日頃、B級レコードばかりを紹介しているボクが、感想を述べるのはいかがなもんか?(@新党大地)
と思いますが、まぁ、それは置いておいて。

全体から漂うのは、「男の子らしさ」という言葉。

本来、HIPHOPは、自己表現。
"金もってんどぉ~、エエ女連れとるど~、ええ車のってんどぉ~、
こんなにオレはRap上手やどぉ~・・・"
勿論、それに異論を唱える気はない、うん、いいじゃない、カッコ良い悪いは別にして。

でも、"Design"は違う。

(↓ 続きは"More"をクリック)




アズマさんとバシ君という「男の子」の"内に秘めた想い"が
連なって言葉(Rap)になって溢れ出ている。
男の子としての「表と裏」。
ぶっちゃけ、楽しい事も女の子も好きだけど、面倒くせぇ時もあるんだよねぇ。
興味あるのは酒だけ。大勢でいるのも楽しいけど、1人でいるのも楽しい。
あまり目立ちたくもないけど、ユーモアな悪戯もやってみたい。
・・・そういった形のないものを上手に、1つに、たぐり寄せて唄っていく2人。

"アズマにはアズマの/バシにはバシの/それぞれの生活と性格"

少し話を反れるけど、最近、音を聴いていて思うのは、
詰る処、「聴いている人がどう伝えるか?」という事。
ことHIPHOPに関しては、無理やり「Rap(=言葉)」で伝えようとする曲も多数見受けられる事実。
逆に「音だけ」で無理やり伝えようとするものもある。
"言葉遊び"も楽しいけど、そればっかりだったら、正直ウザイ。
要は、「言葉と音」の両方で伝えようとするものが、自分的に心地よかったりする。

そういう「意味では、"Design"は非常にバランスが取れたユニットだと思う。
ただし、Small Circle Of Friendsというユニットには勝てないが。

是非、↓ 自分の耳で確かめてみてはいかが?

==================================

2009/09/07 monday
Small Circle of Friends presents "75 showcase - future edition"
at UNAGIDANI SUNSUI (大阪)
open 19:00 / start 20:00
*openは19:00ですが、ショーは19:00から始まります......

LIVE : Small Circle of Friends
     detective TAKEI FUMIRA.
      STUDIO 75
      Design
      75clothes

Cast : 武藤サツキ
     東 里起
     タケイフミラ.
     DJ RIGO
     BASI (韻シスト)

visual expression : sato-an

GUEST DJ:櫻井喜次郎(BOSSA NOVA UNDERGROUND)

ticket : adv¥3500 (dri 別)

====================================

タケイさんと久しぶりに逢えるな、、、ってか、本当に来るのかな・・・?w
by shinyasta | 2009-09-05 12:36 | MUSIC


<< "おやすみ" LANGUAGE OF VIO... >>